大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・35『俺もシグマも風信子も』

2017-03-30 10:52:16 | 小説
高校ライトノベル・オメガシグマ・35
『俺もシグマも風信子も』



 ヨッチャンから電話があった。

 ほら、ヨッチャン。うちのクラスの担任で、ほんとは田島芳子っていうんだけど、とっつき易さと頼りなさから、親しみを込めてヨッチャンと呼ばれている。

――ごめん、木田さん海外旅行にいっちゃったんだ――

 この一言で全てが分かってしまう俺って、頭がいいのか人がいいのか、ね、事実はもめ事がやなんだ。
 木田さんてのはクラスの副委員長で、新入生登校日である今日、いろんな用事に当たっているんだ。
 その木田さんが、アウトになったので俺に救いの電話をしてきた。

 で、俺は教科書販売の案内と場内整理をやっている。

「二列にお並びください、順番が回ってくるまでに、購入用紙を出して選択科目をご確認お願いします。二列に……」
 注意を繰り返しながら、今の俺って、ゲーム発売時のゲーム屋のスタッフみたいだなと思った。
「あの、副読本もここで買えるんですか?」
「副読本は隣の教室、芸術の教材と体操服は向こうの校舎になります。いずれも購入票や引換券が必要ですのでご準備ください」
「体操服なんですけど……」
「夏用の体操服は五月の販売となっています」
「すみません、おトイレは?」
「向こうの階段の隣……」
「奨学金の申し込み……」
「本館二階の進路指導室……」
「お腹痛いんですけど……」
「一階の突き当りが保健室……二列にお並び……」

 八面六臂の働きをしていると肩を叩かれた。

「ごめんね妻鹿君、君のお蔭でスイスイ進んでるみたい、ほんと恩に着るわ」
 ヨッチャンが済まなさそうに言う。
 だけど、手にはお財布入りのポーチで、足許は下足のパンプス。これから校外に昼飯食べに行く気マンマン。
 無神経な人だけど、ほんとに助かって嬉しい気持ちが溢れている。正直、ちょっとムカつく。
 ま、担任と生徒の関係は明日で切れる。辛抱、辛抱。

 一段落してピロティーへ。

 柱の向こう側を、制服の入った箱をぶら下げて菊乃が入れ違い。これから教科書を買うようだ。ま、顔を合わせなくて正解だろう。
「ゆう君とこも落ち着いたみたいね」
 ベンチに腰掛けると、水筒持った風信子が現れた。
「風信子も動員されたのか?」
「まあね、お茶飲む?」
「お、サンキュ」
 こういうところで缶ジュースなんか出さないところが神社の娘だ。
「さっき菊乃ちゃんが来てた」
「うん、そこで行き違った」
「菊乃ちゃん、ゆう君が終わるの待ってたんだよ」
「兄妹で顔合わせたら気まずいんだろ」
「菊乃ちゃんも、そういう年頃なんだね。昔は『お兄ちゃん、お兄ちゃん』で、ゆう君の後付けまわしてたのに」
「今じゃ『この腐れ童貞があああ!』だもんな」
「ハハ、そういう年頃」
「春祭りのは凄いもの出すんだな」
 昨日のことを振ってみた。
「うん、牛込に古くからあった『田乃神祭』を復活させるんだよ」
「それにしても、あれはなあ……」
「いいでしょ、あっけらかんとしてて」
「あれにしめ縄付けてる風信子って偉いと思ったよ」
「神事だもん平気だよ」
「……で、あれってなんて呼んだらいいんだ?」
「チンポウよ」
 あやうくむせるところだった。
「まんまかよ」
「違うわよ、ウが付くのウが。漢字にしたら珍宝。れっきとした田の神様の依代」
「でもな、いきなり見たらビックリするよ」
「ハハ、だから凄いものだって言ったでしょ。百年ぶりの復元だったから、あのフォルムに決めるの大変だったのよ。さ、午後からは写真撮影のお手伝いだ」
「まだあるのか?」
「うん、ピンチヒッター。あら、あの子、ゆう君といっしょだった子、うちの生徒だったのね」
 言うまでもなくシグマだった。
「おーい、シグマ!」

「あ、先輩!?」

 ビックリして口を尖らすシグマ。
 俺はチャームポイントだと思うんだけど、人はどう感じるかなあと風信子の横顔を見たりする。
「あなたも当番だったりする?」
「はい、代理ですけど」

 この学校は代理を頼みすぎだと思う。
 で、引き受ける俺たちも人が良すぎるんだよなあ……。

 
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・時かける... | トップ | 高校ライトノベル・ポナの新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事