大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女・87・スタートラック『アルルカンのアルターエゴ』

2017-06-17 06:11:02 | 時かける少女
時かける少女・87スタートラック 
『アルルカンのアルターエゴ』
  

 昭和二十年四月、前月の大空襲で肺を痛めた湊子(みなこ)は、密かに心に想う山野中尉が、沖縄特攻で戦死するまでは生きていようと心に決めた。そして瀕死の枕許にやってきた死神をハメた。死と時間の論理をすり替えて、その三時間後に迫った死を免れたのだ。しかし、そのために時空は乱れ湊子の時間軸は崩壊して、時のさまよい人。時かける少女になってしまった……目覚めると、今度は西暦2369年であった。ファルコン・Zでの旅……マリア王女と、アルルカンを追うことになった。


 コクピットに、アルルカンが実体化していた……。

「それは、アルルカンのアルターエゴよ!」
「分身……これが?」
「違うよ。これがオリジナルさ。いま船ごと蒸発したのがアルターエゴ(分身)さ。けっこう気に入っていたのにね」
 分身は、まるで百歳のお婆さんだった。
「もう、二三体アルターエゴを作っておけば、こんな無様な姿を晒すこともなかったんだけどね。まさか王女様自らお出ましになるとはね」
「わたしは、予備役だけど軍人なの。ベータ星の危機は見過ごさないわ」
「その正義感が命取りだね……この船も、わたしの船のようにしてやる……」
「させるか……」
 
 マーク船長は、ワープスイッチをCPUとのリンク無しに入れた。目的地を入力していないワープは、亜空間に投げ出される。つまり、現実世界ではない宇宙の狭間に。
「どないや、これで、この船を破壊したら、バアサン、元の世界には戻れなくなってまうで」
「もともと戻ろうなんて気はないよ。水銀還元プラントもダウンロードの最中。アルターエゴを作り直すには、あたしの残り時間は少なすぎるからね……ただ、あんたらを生かしておいちゃ気が済まないんでね……」

 ビューン バシッ!

 耳障りな音がした。
 コスモスが自分のコスモエネルギーを破壊モードに変換。アルルカンにぶつけ、はじき返された音だ。

「残念だったね、コスモス。シールドを張ってあるんでね」
「残念……」
 その言葉を残して、エネルギーを使い果たしたコスモスは棒のように倒れてしまった。

 そして、船が、ビリビリと振動し始めた。

「この船には意志があるんだね。破壊の思念に抵抗している……」
「そうさ、破壊される前に、あんたの命の灯が消える」
「舐めちゃいけないよ、このアルルカンを……!」

 アルルカンの思念が、さらに強力になり、船は悲鳴に似たきしみ音をたてる。

「くそ……!」
「あと二十秒も持たないだろうね、へへへ……」

 そして、船のきしみが分解寸前に達したとき、いきなりアルルカンの首が飛んだ……!

 首が離れたアルルカンの体がドウと倒れると、その背後には意外な人物がコスモセーバーをはね上げた姿勢で立っていた。

「マグダラ……」

 そう、それは、女宇宙海賊のマグダラであった……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新 VARIA... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。