大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト『旗ひるがえして!』

2016-10-12 06:47:24 | ライトノベルセレクト
ライトノベルセレクト№80
『旗ひるがえして!』
        


 わたしは、驚くよりも、こみあげる笑いを堪えるのに苦労した……。

 セントゲイトハイスクール創立百周年の式典に、わたしは来賓として呼ばれ、感無量だった。

 セントゲイトは、わたしの母校であり、また融資相手でもあった。五年前、少子化のあおりを受けて、わが母校セントゲイトは、経営の危機に瀕し、五億ギルの赤字をかかえた。
 教育省の勧告で、姉妹校のウォーターゲイトハイスクールとの合併を言い渡されたが、教職員や、OBの声で存続の嘆願書が出された。でも、出るのは嘆願書と涙とため息ばかりで、誰も改革プランや救済資金を出そうとはしなかった。

 もうフレアバンクのトップの一人になっていたわたしは、卒業生でありながら、学校への融資には反対だった。改革プランが抽象的で、経営の見通しがつかない。こんな学校は無くなっても良いとまで、思っていた。
 しかし、うちの頭取は融資を決定してしまった。理事長に弱みを握られていたという説やら、孫娘が、学校の若い教師といい仲であったとまで、いろんな説が流れた(あくまで社員食堂のゴシップです)

 ま、そんなことはどうでもいい。わたしの笑いの理由である。

 インクライン先生。かつては、わたしの人生の全てだった、ミュージカル部の顧問である。この人は徹底した市民派で、長い間、この国の国旗や国歌に反対してきた。反対の理由は、貴方の国とほとんどいっしょ。

 で、先生はわたしが生徒だったころに、『旗ひるがえして』というミュージカルを作った。近未来もので、決まった場所、決まった時間に国旗が掲揚され、それに敬礼しなければ罰せられるという状況。そんな中で、意識有る若者が、犠牲者を出しながら、国旗を拒絶し、自分たちの旗をひるがえすという単純なストーリーだった。わたしは、犠牲になる若者の恋人という美味しい役で、それなりに熱狂的に演じ、県のコンクールで準優秀賞をとった。

「この『旗ひるがえして』は、旗がひるがえるという意味だけじゃなくて、反旗を翻してという意味もあるんだ!」
 練習の時に先生が熱く語った演説を熱狂して聴き。滑稽なことに、わたしの夫となるべき人は、このインクライン先生をおいて居ない! とさえ思った。
 あのミュージカルで国旗を破るところは圧巻で、観客席が水を打ったようになった。師弟共に最優秀を思い浮かべたが、あの観客席の反応は別の意味だったことは、少し大人になって分かった。

 先生は、それからも、市民派というか、反体制的というか、そう言う芝居をたくさん創ってこられた。そういう反国旗、反国歌、という運動にも進んで参加され、成年に達した卒業生には、良きオルガナイザーでもあった。ギスギスした仕事の合間に、こういう牧歌的なオルグは、先生には失礼だが、良い慰めになった。
 
 ある年の同窓会で、二次会のあと、アルコールが、まるでダメな先生は、酔いつぶれた卒業生四人をそれぞれの家まで送ってくださった。
 わたしは、実は、そんなに酔ってはいなかったが酔ったふりをした。
 半開きのダッシュボードに、指輪のケースが見えた。
 先生はタイミングを計っていたようだが、わたしは巧みにかわし、最後に真顔で、こう言った。
「先生、もう、ここまででけっこうです」

 先生には、その後、正式に申し込まれた。世慣れたわたしは、こう答えた。

「わたしにとって、先生は、永遠に先生なんです」

 その先生が、目の前で声たからかに国歌を歌っている。そして、先生にはこの秋からジュニアハイスクールに通う女の子がいる。

 この、牧歌的で、微笑ましい旗の翻しかたに、わたしは笑みがこぼれるのに苦労した。

 で、学校への融資は、社会貢献の一つと理解しております。まず隗より始めよで、ありましょう。

 ロ-ゼ ブルシューン  日本支社社内報より抜粋

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・マリア戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。