世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

ファイチでファイト

2016年10月10日 20時16分46秒 | Weblog
金曜日に有給をいただいていたので少しは予感をしていたのだけれども、凄く忙しかった。

世間は休日なのに。
株式市場も休みなのに。・・・どうして自分だけ忙しいのだ~!?

でも土日にたっぷりと寝たので、さくさくこなせた。
ついでに、肌の調子がすこぶる良い。
土曜日に顔剃りをしたせいか、化粧崩れがほとんど無かった。
昼休みの化粧直しの手間が省けて助かった。



夕ご飯は、なか卯のプレミアムカレーうどんにした。
三時間煮込んだというお肉は、春雪のように口の中で溶けていく。


そして薬局で貧血に効果があるという「ファイチ」を購入。


同じような商品で「マスチゲン」という商品がある。

ファイチとマスチゲン・・・どちらにするか、非常に迷った。
サイトのマスチゲン博士というキャラが大変私好みであったからだ。



・・・ふふ。

でも、服用するたびにマスチゲン博士のことを考えてしまったら、きっとその都度鼻血ブーをしてしまい、余計に貧血になりそうではないか。なので、母ヨーコたんも推奨していることだし、ファイチに決めた。
これぞ消費者の心理の奥深さよ。



いつも半年に一度遊んでくださる他部署の先輩(水瓶座仲間)が、気象予報士の資格に半分パスした。
苦手な一般科目を今回はパスしたらしい。
凄いなあ。

幼き頃より雲が好きだった先輩。
「水瓶座は好きなことを極める星座だから」
なんて先輩は言うけれども、同じ水瓶座(しかも同じ誕生日)の私は自分の好きなもの、極めたいものにいまいち自信が無い。
先輩とは「一人で誰にも頼らず生きていく」という同じベクトルの目標は持っているのに、・・・これではいけない。


生きるって、大変だ。
改めてそう思う。

色んなことをああでもない、こうでもないって思っている間に時は進み、やがて、「一寸の光陰軽んずべからず」という言葉をかみ締めるんだろう。

何が大切か、何を極めたいのか。
後悔しないように、しないといけない。

ファイチをボリボリと貪って。


マスチゲン博士に萌えている場合ではないのである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宇宙と芸術展」 | トップ | 桃子の台詞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。