世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

三ヶ月

2017年07月11日 22時54分30秒 | Weblog
先日買った永山則夫の「死刑の涙」を読んでいる。
最初、男女の恋愛ものかと思っていたら、手榴弾の図とかが出てきてびっくり。




最初の小説とのことで随分と粗削りだが、素朴で荒涼とした表現がいい。
生き生きしている。




今日は後輩女子Cちゃんと一緒に帰った。
先日、私がプレゼントした口紅を塗っていて、どこか得意げに見せてくるところとか、かわいい。

仕事は業者に見積もりをとって稟議書を書いている、なう。
転職を視野に入れつつ、目の前のことをしっかりとやっていこうと思った次第。


今日で、伯母さんになって三ヶ月。
甥っ子くん。



よく笑う子である。

"Warai" - Live performance by Sasagawa Miwa


この歌のように、この子にはずっと笑っていてほしいと思う。

芋子は母になって三ヶ月。
芋夫は父になって三ヶ月。
父は祖父になって三ヶ月。
母は祖母になって三ヶ月。
弟は叔父になって三ヶ月。

甥っ子はこの世に生まれて三ヶ月。
それぞれの三ヶ月が甥っ子くんを中心に、在る。
この三ヶ月、彼はみんなを笑顔にしてくれている。
これからも、彼はもっともっと周囲を明るく照らしていくのだろう。


そんなことを考えながら今日は夕食に餃子を食べた。
入店すると、いつものおばちゃんがアイコンタクトをしてきて
「餃子2人前でしょ?」
と言ってくる。
いつも餃子2人前しか注文しないから・・・。


どんぐりと餃子。


餃子を食べているときが一番幸せ。

嗚呼、ダナン旅行まであと一週間なのに準備が進まない。
渡航前に部屋の掃除もしたいのだけれども・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年前半戦 | トップ | ズブズブの仲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。