世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

浦島熊子

2016年10月13日 23時22分07秒 | Weblog
経理部が締めた経費の数値が上がってきたので、データの加工と経費分析を行う。
それにしても眠い。冬眠明けの寝ぼけたクマ並みに眠い。
それもそのはず、昨晩は寝たのが2時半だったのだ。

昨日の心療内科デーは安定の5時間待ちだった。
途中まで患者さんがさくさくと捌けて「これは23時まで帰れるんじゃなだろうか」と期待していたのだが、
・「三年目の浮気」が恒常的に行われているであろう熟年夫婦の絶叫夫婦喧嘩
・ずっとしくしく泣いている女子
豪華二本立ての患者さんが私の前にいたので、結局いつもどおり遅い時間の診察になってしまった。

名前を呼ばれたのが23時45分。
クマ医師、少しぷっくりしていた。クマ度数UP。

診察内容は、いつもと同じく二週間の確認。

そうだ。この前成人病検診を受診したことを報告したら
「今度データを持ってきてくださいね」
と言われた。
クマ医師、データ、好きだよね。

睡眠は取れている。
中途覚醒もこの二週間はなかった。

「だいぶ良い状態が続いていますね」
と、私を見据えて言うクマ医師。

その視線を感じ、次回は亮子の体重などが記載された丸秘データと、「お薬が減らせました」という報告を持参したい。


薬の確認をして診察室の外に出るとき、美容ドリンクを渡された。
お土産付きの心療内科である。
うちの会社の株主総会より、神対応かも。



そんなこんなで寝不足。
今日は寒かったのでスーツを着用して出勤。


今日のお昼ご飯は肉食系女子。

眠いので「メガシャキ」も付けた。
吉熊もそろそろ衣替えをさせないと。寒いよね?ごめんね。

今週の会社の花なのだが、この赤いもしゃもしゃが気になるよね、と後輩女子Cちゃんと話した。
もしゃもしゃ。


プチ残業して、薬局に寄って帰宅。
パソコンを立ち上げた後、2時間ばかり寝てしまった。

起きてネットを閲覧
・米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディランさん(75)が、2016年のノーベル文学賞に決まった。
・タイのプミポン国王が亡くなった。
ニュースを知る。
私が寝ていた間に、世界はだいぶ動いていた。
浦島熊子状態である。

そして明日の女子会の延期が決まった。
俺的悲報すぎ。
メンバーの一人が風邪を引いてしまったらしい。
急に寒くなったものね。
私も気を付けないと。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クマ医師土産 | トップ | 落花生の花言葉 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな)
2016-10-14 01:18:16
影響がなかったとの事、良かったデス!

ピンクのもしゃもしゃは「ピンクッション」ですね。裁縫の針刺すやつに似てるから。形状気になりますよね。

ノーベル文学賞…村上春樹さんまたもや受賞ならず。毎年ハルキストなる人々がカフェに集まって受賞を心待ちにしたニュースか流れますが…内心(受賞はもう無理なんじゃ…)なんて思います。私村上さんの本イマイチ良さが分からない人です。数冊読んだものの。

世の中の流れが早過ぎて一日ニュース見ないと確かに浦島状態ですよね〜。
ピンクッション (亮子&吉熊)
2016-10-14 23:37:24
はな殿

>ピンクッション

なるほど!
ありがとうございます。
さすが、はな殿ですね!!

>私村上さんの本イマイチ良さが分からない人です。数冊読んだものの。

実は、ノル森しか読んだことがないんです・・・私。
しかも高校時代に読んだので記憶もあまりありません。

浦島太郎状態になりますよね。
ネット時代に入ってからは特にそう感じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。