世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

さよなら、インフィニウム21D

2016年10月15日 23時59分53秒 | Weblog
昼までどっぷりと寝た。すっきり。しかも外は快晴!さっそく布団を干して、のんびりと食事。
麻布十番のパン、モンタボーの上品な味わいで優雅なお目覚め。


右側のサツマイモとアップルが乗ったパンが美味しかった。
煙草を吸いながら、のんびり。
外から、隣人の会話が聞こえる。
二週間に一度、隣人のママンと妹がやってきて、掃除や洗濯を行うのである。
「そろそろスマホ代、払ってよ」
「このズボン、洗って良いの?」
「お兄ちゃん、掃除機かけるから、どいて」
という小言がマシンガンのように聞こえる。





かねてより気になっていた嶽本野ばら先生の写真集をAmazonでポチった。
「short hope」


教えてくださったステイサム殿、ありがとうございました。
ようやく我が家にお迎えできそうです!!


夕方、その代金を支払うすがら、クリーニング店に寄る。
同郷のおじさんにだいぶ負けてもらう。
ありがたいのだけれども、おじさん、年々愚痴っぽくなってきていて接するのがつらいときがある・・・。
微妙に上から目線なんだよな。
でも他のクリーニング屋さんに変更するつもりは無い。どうしたもんじゃろのう。


その足で、大宮のさいたま市宇宙劇場へ。
来月から半年間のリニューアル工事に入る。





今日はSPC特別投影会「GOOD-bye infinium21DS」


SPCとはさいたまプラネタリウムクリエイト。


今回の主役は、プラネタリウムのドームの中央に設置されている投影機。
プラネタリウムの歴史を紐解き、日本のいろいろなプラネタリウムを紹介。
そして、宇宙劇場の投影機インフィニウム21Dについても詳しく説明されていた。


日本を代表する五藤光学、コニカミノルタ、大平技研の説明や、光学式投影機、ピンホール式投影機、デジタル式投影機、そしてハイブリッド式投影機の説明もあり、大変勉強になった。

1937年 日本に初めてプラネタリウムが設置(大阪市立電気科学館(現:大阪市立科学館))
1938年 有楽町に東日天文館がオープン。東日とは東京日々新聞(現毎日新聞)のことで、後に毎日天文館と改称
1957年 国産初のプラネタリウムが完成(千代田光学精工(現:コニカミノルタ)製)
1987年 8月大宮市宇宙劇場が誕生

私が宇宙劇場にお邪魔するようになったのは、2010年のはやぶさの帰還以降だ。
それから、何十回もお邪魔するようになった。
宇宙劇場は研究熱心で、常に様々なイベントをされていた。
アロマテラピーとの融合や、クリスマス企画、そして渡部潤一先生の講演会。
お客さんを愉しませることに長けていた。
カップル御用達のようなチャラけた感じが無く、落ち着いた雰囲気も好感度が高かった。

動くたびにギィギィと鳴る機械音も愛おしくて、リニューアルされるのが少し寂しい。
長いこと、お疲れ様でした。
綺麗な星空をありがとう。


通路のKAGAYAさんの星座絵に、いつも癒されている。



ロビーのハロウィンの飾り。

最近、バレンタインに次ぐ経済効果が高いといわれているハロウィン。
渋谷で騒ぐイメージしかない・・・。


星空解説も大好きだけれども、番組作品も好き。

私が好きなプラネタリウム作品。

「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」
言わずもがな。DVDを購入し、いまだに月一で見て号泣している。
プラネタリウム作品なんだが、映画化もされてて、イベント等も含めると8回ぐらい見た。
『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』 予告編



今年の夏に見た「富士の星暦」ではあまりの美しさに落涙。音楽も良くて、CD買っちゃった。
全天周映像『富士の星暦』予告編



そして今宵の月齢14歳とちょっとの月はとても冴え冴えとしていて、クレーターもくっきりと見える。
昨日の定時後の喫煙所からは宵の明星も綺麗に見えていた。
やっと東京でも星空が楽しめる季節になった。
気候も心地よい。
明日はお出かけをしませう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落花生の花言葉 | トップ | 秋薔薇と宇宙 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイン会 (ステイサム)
2016-10-16 22:48:57
亮子さま。

こんばんは。お久しぶりです_(._.)_
毎日、拝読させて頂いてるのにコメントもせず・・お許しを〜。色々色々色々色々...有り過ぎまして、1つ、メガトン級なのが..実母のレビー小体型認知症の症状で嫉妬妄想&被害妄想です。
大変だと思っていた義母ンヌの認知症の症状は可愛いものだった事に気づかされましたw
今、義母ンヌは施設に入所していただき、私は実母の要望で実家に越しました。ワン&ニャンは勿論、夫も道連れです。フフ
あっまた亮子さま。に嫌な話をしてしまいました。本当にごめんなさい。


>かねてより気になっていた嶽本野ばら先生の写真集をAmazonでポチった。
「short hope」

もう既に亮子さま。のお手元に届き、野ばら先生を堪能されているのかしらん♪
野ばら先生のお家の玄関のポスターに書いてある、「世界の・・・」の「・・・」の部分を「中心で吉熊が叫ぶ」に書きかえたい気持ちが抑えきれませぬ!!

野ばら先生の御本はファン歴が浅いのでなかなか以前の単行本が手に入らず、文庫本が多いのですが、単行本の「ロリヰタ」を見つけた時、亮子さま。と一緒♪♪♪♪って跳ねました!
野ばら先生、東北にサイン会でいらしていたたけないのでしょうか〜。ショボ-ン。
ありがとうございます!! (亮子&吉熊)
2016-10-16 23:17:19
ステイサム殿

お久しぶりです!
日記で「ご指名」してしまったようで、申し訳ないです!
最近知り合った野ばら女子がイエモンの吉井さんもお好きなようで。ステイサム殿とシンクロしていますなう。


ご実家に越されたのですね。
大変だと思います・・・。

>あっまた亮子さま。に嫌な話をしてしまいました。本当にごめんなさい。


いえいえ。
吐き出せないことがありましたら、ここで吐いちゃってください!!!
ここは、世界の中心で吐き出せないことを叫ぶ!ブログですw

「short hope」の存在を教えてくださり、ありがとうございました。
重ね重ねお礼を述べさせてください。
来週中には届く予定です。

>野ばら先生のお家の玄関のポスター

やばいです。超気になりますw


文庫本も手に入らないものが多いらしいです。
最近、「ロリヰタ」を読み返し、改めて感動しています。
単行本の「ロリヰタ」、野ばら先生のご尊顔が麗しいですよね。

仙台ではサイン会をしていたようですね。
ツイッターで「免許と車があったら日本各地でサイン会を開きたい」と呟いていました。


介護やワンニャンさんたちのお世話などでお忙しいとは思いますが、ステイサム殿、お体ご自愛くださいませ。
そして、そのような中でコメントをいただきまして、感謝です。
ありがとうございます。
大阪市立科学館のプラネタリウムの入口には、カールツァイス〓型が展示 (kojisaka)
2016-10-17 18:48:46
亮子さん、こんばんは。

大阪市立科学館も2004年にインフィニウムαという量産品からインフィニウムL-OSAKAという特注品に変わってました。
ホームページ見てて気づいたよ。
そういえば、昔、来たときと何となく違ってるような気がしてたんだ。

大阪市立科学館のプラネタリウムの入口には、電気科学館で使われてたカールツァイス
続き (kojisaka)
2016-10-17 18:59:47
先ほどしたコメント、なぜか、文章の途中から途切れてるんで、続きを。

大阪市立科学館のプラネタリウムの入口には、電気科学館で使われてたカールツァイス
続き(やり直し) (kojisaka)
2016-10-17 19:12:10
また途切れた。原因わかった。ローマ数字があるとそれ以降、破棄されるみたい。アラビア数字に変えて再挑戦。

大阪市立科学館のプラネタリウムの入口には、電気科学館で使われてたカールツァイス2型が展示されています。
カールツァイス2型は、惑星の動きまで機械仕掛けだけで、歯車の組合せだけで実現されていて、ある意味凄い。よう、機械仕掛けだけで作ったと思うよ(恒星の投影はOHPを何個も球面に貼り付けただけの構造で済むけど、惑星は、映す位置の動かし方が複雑)。これが作られた時代は、コンピュータが高価でこういうことに使えなかった時代だったから、そうするしかなかったんだろうけど。

P.S.携帯電話で入れるのは大変だ。
ありがとうございます。 (亮子&吉熊)
2016-10-17 22:35:44
kojisaka殿

何度もすいません。
コメント、ありがとうございます。
私もスマホからコメントを書くのが苦手です。
むずかしいですよね。

>大阪市立科学館のプラネタリウムの入口には、電気科学館で使われてたカールツァイス2型が展示されています。

その写真、見ましたよ。

かっちょいいですよね。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。