世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

星に願いを

2017年07月08日 00時37分44秒 | Weblog
昨晩は心療内科デーで、待ち時間はまさかの6時間半。
東京ーベトナムのフライト時間の長さ以上だった。
角田光代先生の「夜を行く飛行機」をやっと読了。角田先生の作品では珍しく、3行読むと飽きてしまっていて読了するのに恐ろしく時間がかかった。ホームコメディ色が濃すぎて受け付けなかった。
病院に来る前に買ってきたおにぎりを食べ、外で一服をし、国際秘書検定の勉強をする。異動の件があってしばらく手付かずだったので、覚えたことを思い出すのが大変。

残りの1時間は嶽本野ばら先生の「鱗姫」を10年ぶりに読み直した。
グロくて面白い!!


午前1時。やっと名前を呼ばれた。
クマ医師、疲れ果ててる!!マジやべぇ。
そんな彼に
「最近どうでしたか」
と聞かれると
「てか、先生、大丈夫ですか?」
と聞きたくなる。
そんな気持ちを抑えて、ここ2週間の身の上話をする。
仕事のこと、転職のこと、など。
新しい環境にはなんとなくなじんでいる事を述べたら、クマ医師は
「よかった~」
と心から安心してくださっているようで、ちょっと涙が出てきそうになった。
ここまで私を心配してくれる人って珍しいので動揺した。

そして、どのように仕事に取り組んでいったらいいかを導き出す我々。
作戦を企てる子供のようである。
もしくは
「うしし。おぬしも悪よのう」
「げっへっへ。クマ医師さまほどじゃございませぬよ」
みたいな。


処方変更あり

ビオフェルミン錠は旅行対策。お腹の状態を整えるのである。
私からリクエストをした。

「夏休みはご実家ですかあ?」
と聞くクマ医師。
私が夏休みに実家に帰ったことがあって?(←鱗姫の口調)

「いえ。一人旅に行きます」
「どちらへ?」
「ダナンです」
「もう予約したのですか?」
「ええ」
というやり取りの後
「ここ最近、色々ありましたからね。ゆっくりしてきたほうがいいですよ」
と案じられる。

「そうですねえ」
と答えたものの、脳内の旅程表を思い描くと、けっこうハードスケジュールなのであった・・・。

処方箋を手渡され、帰ろうとしたときに
「あの、これ」
とビニール袋に入った何かを手渡された。
「え?」
と受け取って中身を見たらジュースがたくさん入っているではないか。
「先生、いつも悪いですよ」
と言うと
「いいんです。飲んでください」
とクマ医師。


今日、さっそくクマたちの餌食に・・・。
食いしん坊の三匹が虎視眈々、いや熊視眈々と狙っている。



そんなこんなで寝たのが午前3時半。
起きられないとまずいのでQPコーワを飲んで寝た。
ドーピングさながらである。
今日は一日眠かった。
新しい上司の方は適度に仕事を振ってくださるので全身全霊で行う。

そして今日は後輩女子Cちゃんの誕生日。
33歳になった。
クリスチャンディオールの口紅をプレゼントした。
すごく喜んでくれて、私もうれしくなった。
Cちゃん、おめでとう。

帰りに定食屋で蕎麦と鯵のてんぷらせっとを食した。
熱々の鯵はふんわりしていて優しい味がした。
もう少し鯵だけを食べたいと思った。蕎麦はいたって普通。



夜、洗濯物をたたもうとしてベランダに出たら、織姫星と彦星がデートをしているのを目撃。
今年は奇跡的に晴れた。
願いはただひとつ。
新しい環境に慣れること。
願いを持つと、人って前向きになれるんだなと生ぬるい洗濯物を抱えて部屋に入った。



さて、やっと巡ってきた週末。
最近の金曜日の安堵感、半端ない。
週末はゆっくりしつつも、ダナン旅行の準備などを進めたい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おやすみなさいませ | トップ | 青猫書房さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿