世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

落花生の花言葉

2016年10月14日 23時40分06秒 | Weblog
出勤時、会社の近くの家の軒先に、柿がなっているのを目撃。


まだ青いのだけれども、もう少ししたら柿らしい色になることを社歴16年(本社勤務歴15年)の私は知っている。


朝一番で吉熊上司に頼まれごとをされ、嬉々として行った。
納期を確認するが、なるべく優先させる。
終了後は経費分析。
今日もよく働いた。



後輩女子Cちゃん夫婦は、明日からお母さんと叔母さん夫婦と一緒に草津温泉に行くらしい。
現地集合、現地解散なんだとさ。

「お土産買ってきますね」
とCちゃん。
吉熊上司が「俺、『湯の花』がいい」と言い、そして湯もみするCちゃんを想像して、みんなで爆笑。
Cちゃん、温泉でくつろいできてくださいまし。ハァ~ビバノンノ♪



残業後、今日は、つけ麺を食して帰宅した。

毎度ながら、まいうーである。

そうそう、吉熊も衣替えさせた。
さすがにオーバーオールだと寒いらしい。

今日予定されていた他部署との女子会はやはりメンバーの体調不良により、延期になった。
月末に健康診断があるので、それが終わったらホルモン焼き女子会を決行するもよう。ウェェェイ!!!


今週は、体調がイマイチだった。
「ファイチ」を飲み始めたのになあ。
頑張れ、私の中のFe。
(中学時代、鉄の元素記号Feを暗記するのに「鉄の笛はフェーフェフェフェ」と暗記していた。)
週末は、ゆっくり休もう。



大阪では、本日、嶽本野ばら先生の「落花生」のサイン会が行われたもよう。

https://twitter.com/ryushokanbook/status/786916354607554563

下北沢、池袋、名古屋、大阪開催の「落花生」ツアー。
今回のサイン会では下北沢、池袋に参加し、素敵な野ばら友達もできたので、大変良かった。
「あの作品のあのシーンで泣いちゃうんです」なんていう話ができて、とても嬉しい。
本書にも書いてあるが、落花生の花言葉は「仲良し」。
「落花生」で紡いだ縁を大切にしたい。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦島熊子 | トップ | さよなら、インフィニウム21D »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。