世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

濃い影

2017年07月17日 20時52分01秒 | Weblog
小学校時代の掃除は自分の教室以外に、校長室や理科室、家庭科室などの公共の場所も掃除せねばならなかった。
小6のとき、自ら志願して放送室掃除の担当になった。
きっと楽だろうと見込んだからである。
私の予想は的中し、本当に楽な掃除場所だった。
猫の額ほどの放送室をちょちょっと掃いて、下級生にちょちょっと拭き掃除させて終了。
メンバーは私と1学年下の男子だけ。
この子は無口で、結局ほとんど会話をしなかった。
暑かったから季節は夏だったのだろう。
放送室で、二人とも暇になり、時間を潰すのに苦労したことを、今日、急に思い出した。
その子は黒く日に焼けた長髪の男子だった。上の前歯2本が大きくて、リスみたいだった。
その口で私を「班長」と呼ぶことはなかった。
私と彼の放送室掃除担当は終わった。







小学校時代、夏休みに学校はプールを解放してくれていた。
開催日はたぶん地区別に異なっていたんだと思う。
「りょうこっこ、プール行こう」
と近所のRちゃんの呼ぶ声がする。
チャリンコの前かごにキキララの水泳バッグを放り投げ、同じクラスのRちゃんや妹とともに学校へ急ぐ。
雀宮中央小学校のプールは当時、かなり朽ちていた。
周囲は畑なので蛙や虫がプールにいるのは見慣れた光景だった。
なんてったって、プールはコンクリート製じゃなかった。まさかのビニール製。
しかも25メートルではなくて20メートルプールだった。

更衣室で着替えて、シャワーや消毒漕を経由し、いざプールへ。
多くの子供たちがきゃっきゃしていた。

まあいつの世も、いたずら好きの男子っているもので。
1学年下のSくん(おうちが商売をやっていて有名)が、私の同級生Rちゃんの水泳帽子を取って喜んでいるんである。
「やーめーてーよー」
とRちゃん。
Sくんは水泳が得意らしく、すいすいと泳いで逃げていた。

私はRちゃんの帽子なんてどうでもよかったのだが、一応Rちゃんとは同じクラスだったので
「Sくん、返しなよ」
とサザエさんの花沢さん口調で咎めた。

最後の方はただの追いかけっこ状態になっていて、わっきゃわっきゃして、夕方帰った。


こんな些細なことを昨日のことのように思い出す。

ともに夏の日。

夏の光は強いので、光が作る影も濃くする。
思い出も心の中で濃く刻印されている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年、20年 | トップ | 明後日の今頃 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいな (芋子)
2017-07-18 00:30:05
ちょーウケる

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。