世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

Neo universe

2017年05月14日 23時01分22秒 | Weblog

Neo universe L'arc en Ciel



2000年2月のヨーロッパ旅行。
12時間のフライト中、JALのエンターテイメントから流れてくるこの歌を聴くたびに、旅行の高揚感と就職と一人暮らしへの不安に押しつぶされそうだった気持ちを思い出す。
今日は「Neo universe」ばかりを聴いていた。

なんでかな?
そう、後輩男子がたぶん今日入籍をしたはず。
以前彼とカラオケに行った際、この歌を超上手に歌っていたんである。
だから、今日は無意識のまま、この歌をヘビロテしていたのだろう。
おめでとう、ほっしー。


「きれいな花のように笑って
 星のように輝いて
 この世界をはばたく
 恐がらずに neo universe」


結婚ソングとしては「Snow Drop」のほうが適切なのかもしれないのだが、いいんだ。



今日は野暮用があり、渋谷へ。
ヒカリエを徘徊し、展望デッキに上がる。


左側に大和田のプラネタリウムが見える。丸っこい。



吉熊「渋谷はいつも人がいっぱいだね」


星乃珈琲でスフレドリアを食した。
出された瞬間「大きいっ!」と発言して店員さんに失笑された。


ふわふわのスフレを突破して、中のドリアに到達。
そして掘削しながら食欲を満たすこの視覚的快楽がたまらん。


渋谷をあとにする。





実家のさくらんぼが、いい感じで実ったもよう。



さくらんぼ酒を造るのです。







実家の桜の木は桜なんだろうけれども、きっとさくらんぼの木なのであろう。
祖父が植えた木で、ずっと我が家では桜と認識されてきたけれども。
誰も深く調べたりしないところがうちの家族らしい。


さて、明日からまた新しい一週間が始まる。
生まれ変わる勢いで仕事に取り組みたい。


♪Neo universe~





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の土曜日 | トップ | 今年の夏旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。