世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

サイゼリヤにて

2017年06月15日 00時01分51秒 | Weblog
両親が昨日の晩に「チーズフォンデュ」をしたらしい。






初孫と娘(妹・芋子)が東京に帰ってしまい、夫婦二人の生活が戻りつつある。
キャンドルの灯火、そしてそれを囲む両親の様子を思い浮かべたら、なんだか心がほっこりした。
二人でチーズフォンデュ用のフォークを使い、食材に煮えたぎったチーズを絡める母ヨーコと父クマパパ。


彼らは、LINEで送られてくる初孫の動画が何よりの楽しみらしい。
私が送るクマ画像なんて悉くスルーされっからね、マジで。

それにしても最近の甥っ子くんはよく笑う。
妹の呼びかけにも応答するようになった。
生まれて2ヶ月の人間の成長に驚きの連続だ。


両親の「チーズフォンデュ」の画像を見ていたら、私も今日は洋風な食べ物が食べたくて、夕食はサイゼリヤへ。

定番のミラノ風ドリアではなくて、今日はアラビアータにした。


唐辛子フレークをたっぷりとかけて、更にはタバスコもいっぱいかけた。
口内を炎上させつつ、汗をかきながら食するのである。



仕事は、今日も引き続き、机周りの整理をした。
懐かしい書類を見て「こんなこともあったなあ」と手を止めてしまう。
平成19年が10年前だということに衝撃を受けた。
10年前。
29歳だった私。
何していたっけ。
たしか必死だったような気がする。
周囲の
「結婚しないの?」
「いい人いないの?」
という問いかけに対する想定問答を常に考えていた。
押し付けられる他人の価値観に疲弊し、鬱になってパキシルを飲んだりしていた。

今はそんな問いかけをしてくる人はおらず、心を完全武装する必要性は低下した。
その結果、あのころよりも純粋でいられているのかもしれない。
変わらないことは、病めるときも健やかなるときも、吉熊がいつも私の横で笑ってくれていることだ。

そんなことをサイゼリヤで考えていた。



今日も一日を乗り越えた。
安堵のため息を漏らしながら帰宅をする。

明日は経営管理室在籍、最後の日。
有終の美を飾れますように。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はやぶさの日 | トップ | Time To Say Goodbye »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。