世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

うさぎ追いし かの山

2017年03月07日 22時00分48秒 | Weblog
昨日、今日と天気がイマイチ。そして寒い。
退社後、自宅近くの喫茶店でお茶をした。
喫煙席はガラスの仕切りで隔たれている。
私のほかにスーツ姿の男性三人組だけが喫煙席にいた。

彼らの会話が栃木県の高校の話なのを、私の耳は逃さなかった。
「宇東高って今、共学なんだよな」
「マジで?俺らんとき、男子校だったべよ」
「な。で、中学からあるんだろ」
などなど。

去り際、彼らに向かって
「私も栃木なんです。石高卒です」
と言い放ったら、三人とも口をあんぐりさせていた。

彼らは地元の会社員で、東京に出張に来た帰りらしい。

いつもは脳の奥底にある郷土愛が、今日はやけに芽生えた。



今日の夕食は、ぺヤングの納豆味。







においが超強烈なのだが(職場で食べたらテロ扱いされるほど)、味は納豆をあまり感じさせなかった。
ひき割り納豆が砕かれたピーナッツの如く入っていて、僅かに「これ、納豆だよな・・・」と思う程度だ。
ねばねば感も薄い。
でもクセになる美味しさだ。リピ買いするかも。



NHKの歌番組から、「ふるさと」が流れてきた。

母は、雀宮が然程好きではないらしい。
足尾の大自然に囲まれて育ったので、住宅街しかない雀宮を窮屈に感じるのだろう。

でも、私にとってはやはり故郷は雀宮なのだ。
住宅地ばかりのあの土地が。

安塚街道の道沿いにある赤い前掛けをしたお地蔵様、
縄張り争いをした西田団地の公園、
オータニーの鉄の階段、
駅前の鉄塔、
他の人から見たら何の変哲がない土地だけれども、私はもしも認知症になっても、自分が生まれ育った故郷を忘れないだろう。


あの男性三人組は、ちゃんと家に帰れただろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里帰り | トップ | ただいま »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな)
2017-03-08 00:51:54
こちら地方も冬に逆戻り3月なのに雪が昼も夜もちらつきました。温度差キツイ!

ペヤング納豆味、セブンで見て気にはなってましたが内心マズソ〜って在庫も沢山あるようだったので売れなさそーなんて思ってました。以前ペヤングのパクチー味を買ってそもそもパクチーを舐めていて(大丈夫だろうと)食べてビックリ(少量しか食べた事なく)大量のパクチーにやられた苦い経験。でも亮子さんの食レポを読んで安心して買えそうです!

それにしても初対面の男子に自分から話かけられるなんて!!私かなりの人見知りなのでダメダメです〜。地元っていいものですよね。私はずぅっと地元なので離れると亮子さんと同じ様に感じるのでしょうね。同じ場所を共有出来るって嬉しいですよね!
Unknown (ノアかか)
2017-03-08 15:24:28
人って、育った環境がいちばん慣れ親しんだところですから、なんか、わかりますね。
私も、北九州生まれの北九州育ちなんで、工場が見えないところに行くと途端におちつかなくなるし、工場の煙突や建屋が見えると、何だかホッとしますね。
私の場合、小高いところから見えるのが、新日鐵住金(厳密にうと新日鐵の八幡製鐵所の戸畑構内と八幡構内)の工場が見えて、構内で昔働いていたので、「あそこは、八幡の〇〇だな」などなど。
ちなみに、若戸大橋をバスで渡るときに、戸畑構内が見えるのですが、私がいたじむしょは、奥なので、さすがに見えません。
Unknown (亮子&吉熊)
2017-03-09 21:20:26
はな殿

お返事が遅くなりましてすいません。
今宵もペヤング納豆味を食べました。ハマってしまいました~。
後輩女子Cちゃんがぺヤングのパクチー味を食べたらしいのですが、やはりダメだったとのことです。

>初対面の男子に自分から話かけられるなんて!!

ですよね・・・。自分でもびっくりです。
まさか東京で地元の話が聞けるだなんて!って思い、気付いたら声をかけていました。
地元はいいですね。地元ラヴです。

まだまだ寒暖の差がありますが、はな殿、お体をご自愛くださいませ。



ノアかか

お返事が遅くなり、すいません。
やはり育った地域が一番愛着を持てますよね。
北九州にはお邪魔をしたことがないのですが、やはり工業地帯というイメージがあります!!

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。