世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

春うらら

2017年04月04日 22時59分43秒 | Weblog
吉熊は、SARSが流行した2003年の春に我が家にやってきた。
テディベアは、首のリボンをつけられた日を誕生日とするらしいのだが、そんな日は不明なので、2003年春が吉熊の誕生日である。
吉熊、14歳になりました。


まだまだあどけないのだが、一丁前に私に指南したりもする吉熊。
海外旅行も寝るときも食べるときも、いつも一緒の吉熊は、私の体の一部といっても過言ではない。
神様、吉熊をありがとう。



今日は、午前中に新卒の制服のサイズを集計して発注をし、午後は支払いの締めを吉熊上司にチェックしてもらい、経理部に提出。


「○○(型番)を40個、注文しておいて!」
と吉熊上司に頼まれたので、そのまま「40」個をネットで注文したら、1個の内容量が10個入りのものだったので、大量に○○が届いてしまった。


吉熊上司「俺がいけないんだよ。きちんと言わなかった俺が・・・」
私「いえいえ、私がきちんと確認を取るべきでした」
というやり取りがあった。
私のいる部署は寛容なところなので笑って済まされたが、吉熊上司の下にして16年になるのにって、反省した。





今日はパワーの源・餃子を食して帰宅。


餃子を食べているときが一番幸せ。

店員のお姉さんに、オーダーを予測され、
「餃子二人前ですよね」
と言われて笑ってしまった。

いつも行くコンビニや駅の売店でも、黙ってピアニッシモ(煙草)を出される。
そのような心遣いを孤独と背中合わせの身としては大変嬉しく思う。






そうそう、昨日酷使した喉と日曜日にできた口内炎が悪化したので薬を買った。
口内炎は頬の内側の肉を噛んでしまってできたものである。
腫れてしまってとても痛いのである。

「チョコラBB口内炎リペアショット」


殺菌作用と粘膜修復作用が期待できるらしい。
メントールの味がいい感じ。


今日も昼休みに会社の隣の公園へ。
青空に桜がにっこりと笑っていて、心が弾む。


暫くは楽しめそうである。


華原朋美さんのツアー会場が決定したもよう。

<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

行けるかな。


楽しみを前のほうに撒いて、頑張ろう~!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同期の桜 | トップ | 昼も夜も »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。