世界の中心で吉熊が叫ぶ

体長15センチの「吉熊くん」と同居する独身OLの日常生活

10年、20年

2017年07月16日 22時13分20秒 | Weblog
昼過ぎに起きた。
エアコンを効かせた部屋でまったり・・・至福である。
そのまま週に一度の民放タイム「ザ・ノンフィクション」を観る。
でも今週はガン見はしなくて、来週半ばに迫ったダナン旅行のパッキングをしながら観た。
薬を準備していると下着が気になり、そうすると服が気になりだす。
シャンプーを詰め替えながら、「あかすり、どこだっけ」と気になりだし、・・・部屋がカオスに。


夜、日用品・旅行用品を買いに行こうとしたら、まさかの大雨。ゲリラ豪雨である。
ネットで雨雲レーダーを確認し、ゲリラ豪雨が去った後に家を出た。
蒸し蒸しした空気と、塗れたアスファルトのにおいが鼻腔をつく。

ふと、大塚愛の「金魚花火」が頭をチラつく。

大塚愛 金魚花火  .。.:*・゜歌詞付き:*・゜。:.*



金魚って可愛くて切ない生き物だよなー。
何だろう、あの哀愁。

我が家には金魚が二匹いる。
といっても金魚提灯。



弘前で買った子(左)と、山口県柳井市で買った子。

めんこい。
ヤニ埃が付くと嫌なので、普段は厳重に箱に仕舞っている。
箱入り金魚。
こうしてたまに出して、ニヤニヤしながら眺めている。


柳井の金魚ちょうちんにハマって、二年連続、柳井に行っていたのはかれこれ10年前。
大塚愛の「金魚花火」がリリースされたのも、ちょうどその頃だ。

ちょっと前のことだと思っていたのに、もう10年前。
ちょっと経ったら10年なんてあっという間に過ぎてしまっていそうで、怖い。


野暮用を済ませて、今日もワンコインで上海料理を堪能。






なんだかよくわからなくて、頭上のホワイトボードに書かれていたおススメ品を注文。
「冷麺」というから冷たいものを想像していたのだが、熱かった。
でも、お腹いっぱいで大満足。
毎週通っているので、お店のお兄さんに顔を覚えられている。
「また来てください」
と送り出された。

明日は出勤日。
私のスマホは頭が良すぎるので祝日にはアラームが鳴らない。
設定を変えて寝なければ。

明日、出勤と言ったら妹に驚かれた。
「亮ちゃんの会社って本当に休みが少ないよね」
と。
ほんとそれ。
かといって有給も取れないし。
そのうち女工哀史とか書けるかもしれない。
蟹工船ならぬ「熊工船」も。

ま、いいか。
来週はダナンだし。
ミーケビーチで「summer visit」ごっこするし。
「daily news」ごっこもいい。
水着も持っていこうかな。
それにしても、上記の歌がリリースされたのが、かれこれ20年前。
時が過ぎるのって、・・・やっぱり早い。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏本番 | トップ | 濃い影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。