りょーこのマネージャーな日々

ブログタイトル仮変更。子供達のマネージャー状態な日々をダラダラ書いてます。

江ノ島大満喫

2017-03-07 19:58:09 | いろんなトコロ
さて、日曜日の日記です。
日曜日は、1日中江ノ島散策しておりました。
朝は8時すぎに出発し、バス→JR→江ノ電と乗り継いで、江ノ島へ。
江ノ電は、私とはなちゃんは以前ふたりであじさい見に行った時に乗ったんですけど、かいくんは初めてでしたね、お父さんは…分からないですけど。
まぁでも、子供達は、別になんの感慨があるわけでもなく、電車の中でもひたすらキッズケータイいじったり妖怪ウォッチぷにぷにやったりしてましたけどね…(苦笑)
さて、到着してからは、歩いて江ノ島上陸。
まずは、江ノ島の裏側まで連れていってくれる遊覧船べんてん丸に乗ることに。





10分程度ですが、子供達は楽しんで乗っていました。
さて、江ノ島の裏側に到着しましたが…。



こんなふうになってたんですね~。
そこらじゅうに釣り人がいっぱいいて、こんなところで釣りっていう手があったのかぁ~と思いました。
…まぁ、私はもう、釣りはいいやってかんじですけど…(苦笑)

で、歩いてまず向かったのは、江の島岩屋。



波の侵食でできた岩屋なんだそうです。
ふたつの洞窟があって、どちらも見てきました。



第一岩屋では、途中、手燭(ろうそく)を渡してもらいましたが、これが雰囲気あってよかったですね~、てか実際これがないとなにも見えなかったと思う…(笑)
ちなみに未就学児にはろうそくじゃない手燭が渡されました。
道も狭いし頭上も低いので、なかなかに歩きづらく、これ混んでる時だったら大変そう…朝イチで来てよかったな。



こちらは第二岩屋。
ダンジョン歩いてる気分になれます(笑)
中にはいろいろな仏像や龍、富士山へ通ずると言い伝えられているという場所などがあって、なかなかおもしろかったです。
龍はなんか珠を持っていて、今ドラゴンボールにどハマり中な子供達は神龍だと喜んでいました(笑)

さて、岩屋を出てからは、今度は歩いて島内へと進んでいきます。
結構階段を上らなくちゃいけなくて、かいくんがグダグダ言ってるのがうっとうしかったですけどね…アンタこんくらいで疲れたとか言っててどうやって富士山登ったんだよ…。
もう11時過ぎてたので、混む前にお昼にすることにしてて、今回お父さんがネットで見つけていた魚見亭に行ってきました。



すごく分かりづらいと思うんですけど、テラス席です。
一面海でとってもよかった!



私はあじのたたき定食。
おいしかったけど、はなちゃんの江ノ島丼(さざえの玉子とじ丼)が一番おいしかったね。



本当は海鮮丼みたいなの食べたかったけどここにはなくて、刺身定食はちょっとお高かったので断念…。
あ、江ノ島はとんびがすごいんだけど、ごはんが出てきた頃に、目の前にも飛び始めて…どうやらこのあじの頭を狙ってた模様…(苦笑)

その後はまた歩いて、今度は江島神社を奥津宮→中津宮→辺津宮とさかのぼっていくかんじで参拝。
途中、恋人の丘にも立ち寄って子供達が鐘を鳴らしてきました(笑)
サムエル・コッキング苑も通りかかりましたが、入場料もかかるので今回はパス…どうせお金払って入るなら、花がきれいに咲いている時期に来てみたいですね。
あとは途中でおまんじゅう買って食べたりしましたけど、できたてでとってもおいしかった!



写真は辺津宮。
ここで御朱印を2種類、江島神社と弁財天のものを書いていただきました。
今回は江島神社を上から下りてきたかんじだったので、まぁ最初は結構階段上りましたけど、それでも多分正面から上がってくるよりはだいぶラクだったんでしょうね。
とはいえ、これしきの上りでわざわざエスカー使うか?ってかんじはしましたけどね…(苦笑)

さて、次に訪れたのは、お父さんがずっと行きたがっていた、児玉神社!



日露戦争時、陸軍大将で満州軍総参謀長だった児玉源太郎が祀られている神社です。
児玉源太郎…ドラマの「坂の上の雲」を見た時の、「そこから旅順港は見えるか」には震えましたね…。
その、「そこ」、203高地、爾靈山から持ってこられたという石碑もありました。



肝心な神社のほうは改装中とのことで、全面布で隠れちゃってて…これ改装中っていうか完全建て直し中ってかんじだよね…ってくらいまるで面影はなく、お賽銭箱はあったのでお参りはしましたけども、ちょっと残念だったので、またサムエル・コッキングのリベンジの時にでも立ち寄れたらいいですね。
もうひとつ残念だったのが、江島神社のすぐ横にあるというのに、あまりにもひっそりとしていたことですね…江島神社参拝中と思われる人達が一瞬児玉神社方面に足を踏み入れようとしたら、連れの人が「そっちは関係ない」って言ってたのがちょっと悲しかったです…イヤそりゃあなたの目的とは関係ないかもしれないけど…今の日本があるのはこういう人達のおかげですからね…。

そんなこんなで下まで下りて、満喫した島内をあとにします。
この頃13時くらいかな。
で、そのまま歩いて今度はえのすいへ。
そもそも今回江ノ島に来たのは、新聞契約した時にユネッサンのチケットとともにえのすいのチケット4枚いただいたからなんです。
13時半からドルフィンショースタートってことで、あと10分もないくらいだったと思ったけど、とりあえず大急ぎでショーのプールへ移動しまして。
まぁ当然ながら満席で立ち見だったんですけど、子供達はうまいこと車椅子スペースに入れていただけて、立ち見ながらもよく見えたので助かりました、ありがたかったです。
私はまぁ人垣越しになんとなく見えたかんじでしたけど、まるでディズニーでもイメージしてるようなショーで、まぁすごかったんだけど、笑える要素はなかったから、楽しい!ってかんじではなかったかな~っていう印象でした。
で、ショーが終わってからは一旦出て再入場して、最初から順番に見ていきました。



もーね、私はこの頃には連日のハードスケジュールと前日の久々のダンスが効いて疲れ果てちゃってて、ちょいちょい休みながら進んでましたけど…でも子供達はお父さんからスマホを借りて写真を撮りまくって、お父さんと一緒にすごい楽しんでいて、子供達はゲラゲラ笑いながら過ごしていましたよ。
全部をゆっくりひと通り回りましたが、ヒトデとかを触れるコーナーでのかいくんがまたおもしろかったな~、係員のお兄さんがいろいろ説明してくれてるんだけど、そこにかいくんが質問してね、「卵はどこに産むの?」「岩に産むんだよ」「でも水で流されちゃうじゃん!」「流れないように絡みつくんだよ、細長い管みたいなものの中に卵が入ってるんだよ」…みたいなかんじで、お兄さんのお話ひとつひとつに「えっ!」ってすごいいいリアクションしたりしてて、多分お兄さんも説明のしがいがあったんじゃないかしら(笑)
私って子供の頃質問の鬼だったけど、昔の自分の片鱗を見た瞬間でした…(笑)

さて、そんなわけで水族館も満喫して、帰りは小田急の駅まで戻り、ちょうど15時くらいだったので駅前のコンビニでそれぞれおやつを買って食べながら、電車とバスを乗り継いで家まで帰ってきたのでした。
はー…さすがにぐったりだったけど、すごく充実した1日でした!
今回で江ノ島はほぼ廻り尽くしたと思うけど、サムエル・コッキングと児玉神社はいずれ時期を見てまたリベンジしたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよケータイデビュー | トップ | 春期講習申し込み »
最近の画像もっと見る

いろんなトコロ」カテゴリの最新記事