ONE DAY: RYOKAN's Diary III
誰にだって訪れるさ どうしたって悪い日は 地雷と番犬と腰に機関銃 ドイツ製でもダメでしょう
 



北の湖逝去。僕にとって最も印象に残っているのは輪湖時代や最強時代よりもむしろ現役晩年、最強の座を千代の富士に奪われ故障で休場や不振が続いた中、いきなり復活して全勝優勝した(結果的に最後の優勝)1984年の夏場所である。あらゆる点で横綱らしい横綱だった。激闘を終え、どうぞ安らかに。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )