吼えろ! 周良貨

偏狭偏屈、情弱なジジイが吼える

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンガ図書館Zが変わった

2016年01月24日 | マンガ図書館Z参考資料
 マンガ図書館Zを知らなかったと書きました。

 ネットで漫画を読む習慣はありません。

 しかし、このサイトを知っていた人も昨年末からマンガ図書館Zのシステムが変更され、ボタン一つで違法アップロードが可能になったことは知らなかったのではないでしょうか?

 事実、「この女に賭けろ」は、このシステムによって違法アップロードされました。

 システム変更と言いますが、それは2015年12月28日のことです。
 まだ、一か月も経っていません。年末年始の帰省やレジャーに忙しい時期です。

 以後の展開は、以下のリンクに非常によくまとめられています。

 マンガ図書館問題リンク
【1】http://matome.naver.jp/odai/2145175611628403801
【2】http://matome.naver.jp/odai/2145227520901390601
【3】http://matome.naver.jp/odai/2145194504760235901
【4】http://matome.naver.jp/odai/2145267197343107101
【5】http://matome.naver.jp/odai/2145277572538781301
【6】http://matome.naver.jp/odai/2145194475760167601


 私は、そもそもマンガ図書館Zなるものを知りませんが、昨年12月までの時点では、すべての作品は作者からの許諾を得た正規のものだったのではないでしょうか? そして、このシステム(と呼ばれる非常にダークなもの)が設置されてから急激に登録作品が増え、同時に違法アップロードが増えて行ったのではないでしょうか?

 マンガ図書館Zが著者から正式の許可をとった絶版されたマンガだけがアップロードされていると、まだ思っている人も少なくないでしょう。

 しかし上記リンクには、諸先生方が違法にアップロードされていった実態がtwitterで描写されています。

 私の作品も、正規の手続きでアップロードされたと思って読んで下さった読者の方も多かったと思います。
 残念なことです。
 実は、作者には一切連絡されない違法アップロードだったわけです。

 情弱な私が、一か月も経たないうちに「この女に賭けろ」を発見できたのは、まさに奇跡としか言いようがないですね。
 ただ、絶版された漫画家や漫画原作者、また脚本家の方々にはご高齢の方々も多く、ネットを使用してない人も多いでしょう。さて、今現在、一体、何名の先生方の何作品が違法にアップロードされ公開され続けているのでしょうか?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンガ図書館Zに不正アップロードされた!(3)

2016年01月24日 | 不正アップロード事件
さて、弁護士さんとの話ですが……

それを詳しく書くわけには参りません。
今後、あらゆる可能性も含め、自分の手の内を晒すわけにはいきませんから。

ただ、教えて下さったことは、著作権侵害は、刑事罰の対象にもなるということでした。

「なるほど、著作権法違反というのは、単に民事だけではなく、刑事罰の対象にもなるのか」

これを聞いて少しほっとしました。と言うのも元々、著作権侵害では、被害額が少なかったり、特定できないので裁判はむずかしいと思っていました。しかし、刑事事件ならば、捜査当局が動くので個人は関係ありません。

ま、これに関しては法律に詳しい方からは、いろいろ突っ込み所があると思いますが、そのような点も十分わかっています。ただ、これ以上、ここで触れるのは止めておきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
著作権法
第百十九条(第1項)  著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者(第三十条第一項(第百二条第一項において準用する場合を含む。第三項において同じ。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、第百十三条第三項の規定により著作権若しくは著作隣接権(同条第四項の規定により著作隣接権とみなされる権利を含む。第百二十条の二第三号において同じ。)を侵害する行為とみなされる行為を行つた者、第百十三条第五項の規定により著作権若しくは著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者又は次項第三号若しくは第四号に掲げる者を除く。)は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まだ不正アップ―ロードが見つかった1月20日の出来事です。

そして、この段階で不正にあげられた「この女に賭けろ」は、公開されたままです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンガ図書館Zに不正アップロードされた!(2)

2016年01月23日 | 不正アップロード事件
「ここは、一体、どんな違法サイトなんだ!」
 自著が不正にアップロードされているんです。違法サイトだと思うのは当然でしょう。

「とにかく削除させなければ」
 そう思った。だけど果たして連絡をとって大丈夫なんだろうか?

 人の作品を著者本人になんの連絡もなく掲載するサイトだ。
 そんなサイトに削除要請をして大丈夫なの?

 違法サイトやspamメールをクリックしたり連絡したりしてはいけない、というのは基本中の基本。

 でも、こうしている間にも、違法アップロードは続き、作品は公開され続ける。

 どうすりゃいいんだ、周良貨。

 再びサイトに入り、ふと作品の表紙を見ると、削除要請ボタンがある。
「1巻に1ボタン、15回もボタン押して削除申請しろってことか」

 ふざけるな! と思った。違法に掲載された作品の削除に独自のルールで押し付けてくるやり口に猛烈に腹が立つ。

「なんで違法サイトの言うことを聞かなきゃならんのだ!」


 周良貨は、弁護士に相談することにした。


 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンガ図書館Zに不正アップロードされた!(1)

2016年01月23日 | 不正アップロード事件
長い間、潜伏しておりました周良貨です。
この度、ひょっこり地上に出てくることになりました。

その理由は……

「マンガ図書館Z」なるサイトで不正アップロードが発覚したからです。

周良貨原作、夢野一子作画「この女に賭けろ」という作品が全15巻が作者の知らないうちに不正アップロードされていたのです。

この作品は、かなり前のもので最終刊は1997年9月に発売されたものです。

今から18年以上前の古い作品です。

この作品がにわかに注目を浴びたのは昨年秋、日本財団が主催する「これも学習マンガだ!100選」に選ばれたからです。

選ばれたマンガの中で、電子書籍化されていなかったものは少なく、この作品もその中の一つです。
ネットでは、「どんな作品なんだろう」「電子書籍化されてないのか」などの呟きがたまに聞こえて来ました。

それ以来、私もたまに「この女に賭けろ」というタイトルをネットで検索するようになりました。

そんなある日、私は目を疑いました!

なんと「この女に賭けろ」全15巻がアップロードされていたのです。
それもかなりキレイな画質で。

我が目を疑うと共に「なんだ、このサイトは!」と怒りで身体が震えました。

それは、1月20日仏滅(笑

わずか3日前のことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加