姶良市 公認不動産コンサルティングマスターによる不動産講座

公認不動産コンサルティングマスターが、15年の不動産実務による、不動産全般の知識また宅建試験のアドバイスをいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相続順位と法定相続分について

2016年12月25日 | 不動産 相続関連

 前回の続きです。民法の基礎になります。

 

用語から

 

配偶者 (夫からみた妻 妻からみた夫)

相続人 相続権を持つもの

被相続人 (亡くなった人)

 

法定相続人は、

配偶者は常にあります。親等でいえば 0親等ということがいえます。 親等の範囲は、6親等以内の血族と3親等以内の姻族になります。 

 

〇 第1順位 被相続人に子がいる場合は 子           法定相続分は2分の1を各人数でわける

〇 第2順位 被相続人子がいないが両親が存命の場合 父母    法定相続分は3分の1を各人数でわける

〇 第3順位 被相続人に子も親もいない場合、兄弟姉妹がいる    法定相続分は4分の1を各人数でわける

       場合、兄弟姉妹

 

よく誤解されがちなのは、上記相続分は、法定で一応 定めているということよって、この通りにしなくてもいいということです。

結局は、遺産分割で協議することになります。 代襲相続、相続欠格、相続廃除、相続放棄は、以前このブログで取り上げていますのでそちらを

参考にしてください。

 

今回は基礎ですが、次回、相談をよく受ける内容 この場合 相続人となれるかという問題についてを

 

姶良市 中野不動産コンサルティング株式会社 公認不動産コンサルティングマスター FP 相続診断士 代表 中野

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続について 相続が発生し... | トップ | 相続人に該当するかしないか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産 相続関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL