姶良市 公認不動産コンサルティングマスターによる不動産講座

公認不動産コンサルティングマスターが、15年の不動産実務による、不動産全般の知識また宅建試験のアドバイスをいたします。

中古住宅取引の安全性 既存住宅瑕疵保証 保証される部分は?

2016年10月14日 | 中古住宅 リフォーム

 今回は、中古住宅(既存住宅) 保険制度でどこが保証されるのかという内容を

尚、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人でなければなりません。

 

 弊社の場合は 株式会社住宅あんしん保証 になります。

他の検査法人は

1 住宅保証機構

2 日本住宅保証検査機構

3 ハウスジーメン

4 ハウスプラス住宅保証

 

現在 5つになります。 各社によって提携先が異なります。

 

〇 保証対象部分は

1 柱 基礎等の構造耐力上主要部分

2 外壁 屋根等の雨水の侵入を防止する部分

 

またこれに加え 特約にてシロアリでの事故、管路等を保証に追加することができます。

 

詳細を知りたいかたは、検索で 「国土交通省住宅局生産課」にアクセスすると 詳細な内容及びリフォームについて等 調べることが可能です。

ご興味があるかたは参考にしてみてください。

 

姶良市 中野不動産コンサルティング株式会社 公認不動産コンサルティングマスター FP 代表 中野 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中古住宅にインスペクション... | トップ | 中古住宅における 住まい給... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL