姶良市 公認不動産コンサルティングマスターによる不動産講座

公認不動産コンサルティングマスターが、15年の不動産実務による、不動産全般の知識また宅建試験のアドバイスをいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大家さんの空き室対策に 積極的なアドバイスは?

2017年04月24日 | 大家さん向け 空き室対策

 不動産売買専門コンサル、住宅ローン専門FPの中野です。

 

 今回は、大家さんの最大の課題でもある 空き室対策について 所見を

 

 一般的には、大家さんと管理会社で管理契約を結び(管理会社は、入居から退去まで等のさまざまな手続きを代行して管理料をいただく)というかたがほとんどだと

思います。中には、個人で上記をやられているかたもいらっしゃいますが、ごく少数

 

 ここで、大家さんの空き室対策に、管理会社が積極的に入居促進をしているかという問題なのですが

 

ある物件では、入居者募集(以下 管理会社名)の看板がたっているだけで、話をきくと 10世帯中 1世帯しか入居がないということでした。

 

 個人的意見ですが、この場合、どうしたら入居率を上げれるかを大家さんに提案(管理会社が)すべきだと思います。

単に、現地看板やのぼり インターネットでの募集にとどまらないということになります。

 大家さんの自主努力ももちろん大事だと思いますが、不動産に関しては、管理会社の情報、知識が上です。(例外もありますが)

 

 では、どういう提案かというと、入居者のターゲット(年代別)でリサーチし、それにあったリフォーム提案や、リフォームローンのシュミレーション等

 他にも様々ありますが、DIYでできることは、そのようにアドバイスをしてもいいのではないかと感じます。

長期的に見てリフォームをして満室になれば、投下資本は回収できるわけですから。

 

参考にしてください。 次回も大家さん向けに

 

姶良市、戸建て、土地売買専門  中野不動産コンサルティング株式会社 公認不動産コンサルティングマスター FP 相続診断士 代表 中野

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耕作を放棄していると 固定... | トップ | 自宅を売却して買い替える ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大家さん向け 空き室対策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL