夢へのいざない記

旅人になって、その日から
旅へ、畑へ、山に温泉へ

八丁堀のフレンチ 「シックプッデートル」

2016年12月24日 | まんぷく帳
今年も押し迫り、締めを兼ねて少し贅沢にフレンチの人気店でランチをしてきました。ビストロ風の小さなお店ですが、素材とソースとの絡みあいが絶妙でした。水で膨らむおしぼりで清めます。


アミューズは南仏の若いオリーブのフルーティーな味とバスク地方のサラミの深みの塩味がワインによく合いました。





前菜、函館産サワラとコリアンダーソース、下仁田ネギのスープそしてフンランスパン。






魚料理 函館産真鱈のソテーにケール添え。


肉料理 鳥取地鶏ソテーにポルチー二茸ソース。


デザートは生キャラメルムースとコーヒー。




小生菓子はマカロンは食べきれずお土産にしました。やはりゆっくりと長い時間、味わいながら料理を食べる事と心にゆとりが出来ます。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖護院かぶが育ち、収穫です! | トップ | 正月に向けてかぶらずしを仕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL