ビリオンダラー・ベイビー@トゥモロー・ワールド

おれは『ミュンヘン』のレビューで、かの作品を「『天才マックスの世界』以来の大傑作」と評した。
が、それは大間違いだったと素直に認めよう。
その栄光に満ちた言葉を捧げるべきなのは、まったく予想していなかった場所からいきなり現れた『トゥモロー・ワールド』(原題『Children of Men』)という映画だった。
断言するが(おれはいつも断言して後で後悔するのだけど)、今回だけは間違いない。
『トゥモロー・ワールド』は、過去数年に渡っての最強の娯楽映画である。
今劇場で観なければあなたは負け犬だ。
すぐに映画館に行きたまえ。
話はそれからにしよう。

・・・で、観てきた?
観てきたよね?
ほら、すごかったでしょ?
どのようにすごかったかを、恐らくあなたはさっぱり説明できないはずだ。
なぜなら、これがものすごい娯楽映画だからである。
おれの認識に照らし合わせれば、娯楽映画はすごければすごいほど、そのすごさを他人に伝えるのが困難になる
そして『トゥモロー・ワールド』は、映画史にくっきりと刻まれるほどの超大傑作娯楽映画なので、この衝撃を他人に伝えるのは極めて困難な作業であるわけだ。
そこで恐らく大抵の人は、過去の作品を比較対象として祭り上げる
この場合、『シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』や『宇宙戦争』、あるいは素直にキュアロンのフィルモグラフィーから『天国の口、終わりの楽園。』あたりを持ち出すのかもしれない(別に『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』でもいいけど)。
または、このすさまじい映画を撮影したエマニュエル・ルベツキを辿って『スリーピー・ホロウ』や『ニュー・ワールド』を挙げてみるのもアリだろう。
が、しかし『シンドラーのリスト』+『プライベート・ライアン』+『宇宙戦争』+『天国の口、終わりの楽園。』+『スリーピー・ホロウ』+『ニュー・ワールド』みたいな映画だった、という説明は、この超絶大傑作に対していささか無礼なアプローチであるような気がしないでもない。
よっておれは、もう少し別の方法で『トゥモロー・ワールド』を紹介してみようと思う。

これはいたるところで長年議論されてきたことだが、本作についても多くの日本人が「説明不足で分からない」「脚本がいまひとつ」などという言葉で『トゥモロー・ワールド』の地位をおとしめようと(意識的にせよ無意識的にせよ)しているのはまことに嘆かわしい限りである。
つまり何が言いたいかと言うと、「一般的な日本人というのはやっぱり映画の観方を全然分かっていない」ということであり、言い換えれば「日本人には映画的教養が足りない」とか、もっとぶっちゃけちゃうと「日本人は映画について世界最低水準の感性しか持っていない」。
煽ってるつもりはないが、まあ煽りと言えば煽りか。
だって、IMDb(世界最大の映画情報サイト)ではものすごい評価高いんだよ、コレ。
なのに、日本の映画サイトではくだらない屁理屈ばっかりで、この映画の強烈な映画体験性がまったく無視されてしまっている。
要するに、日本人は相も変わらず映画そのものには興味がなく、映画の物語のみを抽出して語りたがるバカばかりのようなのだ。
頭でっかちも甚だしい。
いったいいつからこうなってしまったのか・・・みんな、子供の頃はもっと素直に、頭を空っぽにして映画に接していたはずなのに・・・とか書きたいことを書いてるうちに、『トゥモロー・ワールド』という作品自体について何も言及していないことに気付いたので、話を本筋に戻すことにする。

ワンカットの力という面では、既に伊藤さんが名文を書かれているので、そちらを参照していただきたい。

「ワンカットの子供たち」

そう、この映画には、ものすごいワンカット・シーンが3、4回ほど存在する。
ただそのワンカットぶりというのは、おれが思うにアンゲロプロス系ではなく、やはりスピルバーグ系だ。
つまり、ここに「娯楽的ワンカット技法」という新たな金字塔が誕生したわけである。
しかし、そのような「娯楽的ワンカット技法」とおれが今勝手に名づけたものは、スピルバーグが既に『宇宙戦争』でやってしまったことでもある。
まあ、『トゥモロー・ワールド』の場合はそれをさらに特化させ、進化させているというのも確かなのだが、本作がより一層すばらしいのは別の要因による。
それはごく単純に、物語が優れているということだ。
優れた物語と優れた方法論が結実した、その類まれなる赤ん坊が『トゥモロー・ワールド』という超サイコー大傑作なのだと、おれはそう主張する。
この映画の物語がどのように優れているかについては、例えば本作のパンフレット(絶対買いだ!)を参照していただきたい。
粉川哲夫氏(→彼のサイト)が、「過去を思い出すことができないものは、過去を繰り返す宿命にある」という寄稿文の中で、この映画の設定および物語展開がいかに優れているかを実に的確に語っている。
「近未来は、SF映画やSF小説のように変わらない」
「現代人は、すでに「過去(の過ち)」を何度も犯しており、それを思い出すには、時代をすこし未来の方にずらしてみるしかない」

さすがに偉い人である。
この人の(映画を語る時の)欠点は、もっぱら設定と物語展開だけに終始してしまうところであったのだが、『トゥモロー・ワールド』について書かれた文章に関しては、十分に読み応えのあるものとなっている。
なぜなら、『トゥモロー・ワールド』という映画が優れた設定と物語を有しているからである。
そして物語以外の観点(映画にとってはこれは極めて重要である)については、上述した伊藤さんの名レビューがそれを補強することになるであろう。

このように、物語力と映画力を極めて高いレベルで両立しえた映画は、過去数年、ひょっとすると十年ほども存在しなかった。
忘れてはならない。
この映画は、たった今全国の映画館で上映されているのだ(2006年11月27日現在)。
え?まだ観てないの?
だからはやく映画館に行けって!
歴史の証人になりたいのであれば、すぐに劇場へ駆けつけよ!

業務報告
●結局おれがしたことって、粉川さんと伊藤さんのレビューを紹介しただけなような気がするけど。
いや、それで十分だと思うんだけどさ。
●これが大ヒットしない日本はやっぱおかしいぜ。
●『ハリー・ポッター』のアルフォンソ・キュアロンではない。
『天国の口、終わりの楽園。』のアルフォンソ・キュアロンでもない。
『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロンである。
●なんかサントラも良さげですね。

トゥモロー・ワールド (文庫)

[詳細]

「トゥモロー・ワールド」オリジナル・サウンドトラック

[詳細]

コメント ( 15 ) | Trackback ( 15 )
« 表面張力 フィルメック... »
 
コメント
 
 
 
無礼なアプローチ (とりこぷてら)
2006-11-27 13:57:34
をモロしちゃってますが(汗
TBありがとうございました。

何が良いって、クライヴの顔が最高でした。
ボクのなかでは役所と似てることになってます。
 
 
 
とりこさんへ (ryodda)
2006-11-27 14:09:31
ああ、確かに役所広司っぽいかもしれないです。

あのやつれた感じとかまさに。笑

そういえば、なんか最近やけにクライブ・オーウェンを見かけますよね。
 
 
 
パンフ (メビウス)
2006-11-27 23:04:14
ryoddaさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

いつもパンフなどは劇場にあるサンプル等でチラ見程度で済ませてしまうのですが、ryoddaさんが即買いと薦めてしまうほどですから、なんか気になってしまいますね・・製作スタッフの裏話とかよく載ってますもんね。
でも6~700円あれば、ポップコーンとMサイズのジュース買えるしな~・・・と食う方にばかり優先してしまう自分がなんかアンチクショウです
 
 
 
優良パンフ (ryodda)
2006-11-28 09:01:30
同じ貧乏人として、パンフ買うくらいなら別のことにお金を使いたい!というメビウスさんの気持ちはよく分かります。笑

でも、『トゥモロー・ワールド』のパンフはやっぱ秀逸だと思いますし、ここで買いそびれるともう二度と入手できない可能\性もあるので、「絶対買い!」なんて書いたわけです。

個人的には、パンフレットは(作品自体を気に入ったかどうかは当然ありますが)テキストの充実度によって買うかどうか決めます。

その点、『トゥモロー・ワールド』のパンフはイケてると思いますんで、やっぱ買いかな、と。
 
 
 
1発目から大変でしたね (taka)
2006-11-29 00:51:28
とりあえず見ないことには始まらないという
ことなのでコメント欄だけ見て、
本文は楽しみにとっておきます。

「アズカバン」も見るべきだったのかな、と
ちょっと後悔。
あと「天国の口、終わりの楽園。」も
まだ見てないのですけど。

1000円で見に行ってきます!
 
 
 
キュアロン (ryodda)
2006-11-29 09:17:10
いや、この映画を観るまでは自分もさほどキュアロンさんを買っていなかったもんで何も言えないんですが。苦笑

初期の『リトル・プリンセス』や『大いなる遺産』も観てみようかな、と思ってるところです。

『アズカバン』もそんなに傑作とは思わなかったんですけど、アレはまあいろんな縛りがあったでしょうから例外かな、と。

ただ一見の価値はあるかとは思います。
 
 
 
名アジテーション (nps)
2006-11-29 10:28:00
この映画の酷評が日本からだけ聞こえてくるので、今まで気にしていませんでしたが「一般的な日本人というのはやっぱり映画の観方を全然分かっていない」というのは正しいと思いました。この映画をけなす人は、そもそも映画に向いていないんですよ。
(「観察者」のコメント、邪魔なので消しませんか。本人も「どうでもいいんだけど」と言っていることですし。)
 
 
 
削除報告 (ryodda)
2006-11-29 14:56:42
「この世は論理でできている。そしてお前の文章は論理的ではないから駄目だ」とかいう『π」の数学者みたいなちょっと変な人が残していったコメントを削除しました。
あまり有益なやりとりでもなかったですし、要請らしきものもありましたし。
 
 
 
npsさんこんにちは (ryodda)
2006-11-29 15:00:23
>「一般的な日本人というのはやっぱり映画の観方を全然分かっていない」というのは正しいと思いました。

まあ、「正しい」とまで言われるとちょっとひるんでしまうんですけど、そういう気は以前からずっとしてたもので。
実状としてそうなっているのは確かみたいです。

>この映画をけなす人は、そもそも映画に向いていないんですよ。

それを言われるとなんか元も子もない気が、とかアジった本人が言うことじゃないか。
要は意識の問題だと思うんですけどねえ。
いまだに「映画=ストーリー」だと思ってる人がいっぱいいるらしいんで、その辺はかなり危惧してます。
 
 
 
全くおっしゃるとおり (通りすがりの名無しさん)
2006-12-02 03:17:10
某大型掲示板に貼られたURLから来ました。
全く仰るとおり、完全に同意です。
私の大して多くもない映画暦ですが、おそらくナンバー1になる映画でしょう。
何がナンバー1なんだって人に伝えづらいのもそのとおり。
コレをけなしてる人って本気で馬鹿としか思えない、映画を何だと思って観てるんでしょうね?
映画は凄いんだ!ってことを強烈に認識させてくれました。
1,000円しか払わなかったのが申し訳ないくらいです。
 
 
 
映画はギャンブルだ! (ryodda)
2006-12-02 09:05:33
通りすがりの名無しさん、どうもこんにちは。

個人的には、映画はギャンブルだと思ってます。

なので、たまーにこういう大当たりがきたりすると、それまでハズレ映画にも投資しといてよかったなあ、なんて感じますね。

感慨深いものがあります。
 
 
 
Unknown (Shoomy)
2006-12-18 01:56:40
ryoddaさん、

お久しぶりです。
コメントありがとうございました。
いろいろ観てはいるんですが・・・
なかなかBlogには書けず。

「トゥモロー・ワールド」のことは書いたので、それ見て観に行った友人とかいますよ。
 
 
 
Shoomyさん、おひさしぶりです。 (ryodda)
2006-12-18 11:16:22
コメントどうもです。

Shoomyさんはいろいろと活動してらっしゃるみたいですし、ブログ更新にまで手が回らない感じでしょうか?
こっちはまだ暇人ですが、もうちょっとしたら忙しくなってしまうやも、です。
 
 
 
よく出来た脚本 (にら)
2006-12-21 12:03:19
ご無沙汰しておりました。

セリフで、というか、字幕で説明されないと、説明不足とかダメな脚本と思っちゃうんでしょうかねぇ。
主人公を疾走させるために必要なことは、セリフ以外で充分に説明されてたと思うんですけどねぇ。

多くの人は、オーウェンの1人称視点で進んでる作品なんだから、彼が知り得ない情報は提示されないという、映画に限らず小説でも当たり前の原則が理解できないんでしょうかねぇ。
「ラストがワケわからん」なんて記事を時おり見かけましたが、1人称の主体であるオーウェンがくたばったんだから、あのラストが当然でしょ、なんて説明したってわかってもらえないだろうなぁ。

と、小心者のわたくしは自身のブログでアジることもできず、久しぶりに訪問させて頂いた人さまのコメントでグチ垂れてます(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
にらさんお久しぶりです。 (ryodda)
2006-12-23 13:07:00
グチってもらって一向に構いませんよ。笑

>多くの人は、オーウェンの1人称視点で進んでる作品なんだから、彼が知り得ない情報は提示されないという、映画に限らず小説でも当たり前の原則が理解できないんでしょうかねぇ。

どうも日本では、いや日本でだけなのかどうなのか知りませんが、この「1人称」というのが受けが悪いようです。
これは単なる推測ですが、優れた物語=数多くの設定を網羅したものだと認識している人がここ数年かなり増えているような気がするのですが、どうでしょうか?
これは『宇宙戦争』のこともあり、またゲームの『ファイナルファンタジー12』のこともあり、今1人称という文化がけっこう危機に瀕しているのではないかと勝手に思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
劇場鑑賞「トゥモロー・ワールド」 (日々“是”精進!)
「トゥモロー・ワールド」を鑑賞してきました英国推理作家協会賞に輝くP.D.ジェイムズのベストセラー小説b>「人類の子供たち」を、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映像化したSFアクション。製作費120億円を投じて ...
 
 
 
「トゥモロー・ワールド」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
そう、ジュリアン・ムーアはフォーガットンの後、もう一回子供亡くしたのね…   トゥモロー・ワールド CHIRDREN OF MEN 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 109分 監督 アルフォンソ・キュアロ
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』は決して駄作ではない (地球が回ればフィルムも回る)
やや酷評したような『トゥモロー・ワールド』だけど、これは決して駄作というようなものではない。むしろ、この映画を大傑作と言う人がいるのは理解できる。 この映画は点数としては70点ぐらいだと思うけど・・ しかし、それはほかの80点や90点の映画より ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★ ジュリアンが射殺される! ここから、この映画が本気モードであると実感する。 最初に邦題が如何にも安っぽいB級SF映画のようなので、まったく期待などせず観に行きました。ところが、意外にも本格的な作りで、映像はもちろんストーリーも109分 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 アルフォンス・キュアロン監督、『トゥモロー・ワールド』、Tジョイ久留米にて鑑賞。  難しい映画だな、と思う。  難しいといっても内容が、ではなくて。  ストーリーはごくシンプル。子供の生まれなくなってしまった近未来、主人公セオは元妻であるジュリ ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に
 
 
 
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
 
 
 
映画「トゥモロー・ワールド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台 ...
 
 
 
★「トゥモロー・ワールド」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
 
 
 
失って初めてわかる子宝の意味 (clausemitzの日記)
トゥモロー・ワールド ひさしぶりにとんでもないカルト映画を観た気分。邦題があまりに陳腐なのと (原題は「The Children of Men」)予告編の陳腐さで観る予定はなかったの ですけど、ネット上での評価が異様に高いので観てきたわけです。 近未来SFかつ赤 ...
 
 
 
トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来 (銅版画制作の日々)
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままい ...
 
 
 
真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』 (CHEAP THRILL)
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋 ...
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』 (ねこのひたい~絵日記室)
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
 
 
 
映画「トゥモロー・ワールド」 (Shoomy note)
先週の土曜、学校帰りに映画「トゥモロー・ワールド」を観た。 原題は「The Ch