フィルメックス・フィーバー 第4章:絶叫による大爆笑

○11月19日。
ついに『叫』の日。
気持ちを落ち着けながら有楽町へ。

迷子になる。
有楽町朝日ホールってどこだ!?とややパニクった後、なんとか現地に到着。
雨降ってたせいもあって、地図と目の前の景色が一致せず、苦労した。
朝日ホールは有楽町マリオンの11階。
エレベーターで叫場へ、というわけだ。

○『叫』は来春公開なので、まだチラシとかはできていないらしい。
が、ポスターはあった。
けっこうカッコイイデザインだったのだが、写真に撮り忘れてしまう。
こういうところでバカっぷりを発揮するのがおれだ。

○と思ったら、すでに公式サイトができていたようで、ポスターはそっちで見れます。
『叫』公式サイト

○ホールへ入場。
で、でけえ!
こんなでかい会場で映画観るのは人生初だっていうくらいでかい。
いそいそと指定席へ。
開演を待つ。

○15:40、ついに開演。
絶叫大劇場の始まりだ。
まずは黒沢清と役所広司の舞台挨拶。
生の役所広司を見るのは初めてなので、ちょびっと感動。
で、いよいよ本編開始。

○~上映中~


○・・・え、えーと、何ですかコレ?というくらいの傑作だった。
ただし、おれは『LOFT』の方が好き。
僅差だけど。

○公開は来春だが、もしかしたらけっこうヒットするかもしれない、と思った。
なぜなら、『叫』はある社会問題に切り込むような性質を持っているから。
そういう意味では、黒沢清の映画の中ではかなり分かりやすい。
そして、『LOFT』よりももっと物語の方にシフトした映画でもある。
あと、小西真奈美の使い方が実に正しい

○内容についてはあまり言いたくないのだが、これだけは言っておく。
大爆笑ポイントが3回ほどあります。
びっくりするくらい場内大爆笑でした。
幽霊モノなのに。
幽霊モノだけどホラーとは言えないのかも。
そのあまりの変さがすごすぎる。

○笑いという意味では、黒沢清史上最も成功している映画かもしれない。
個人的には、オダギリジョーのキャラクターがまるで『時効警察』の彼みたいだった、なんて思った。
オダギリジョーの大爆笑ポイントもあるということです。

○ただ前述した通り、基本的にはシリアスな話ですよ。
社会派映画と言っていいかもしれない。
だから、ひょっとするとひょっとして大ヒット、という可能性もあると思う。
キャストも豪華だしね。
正式公開されたらもう1回観に行こうっと。
客の入りも確認したいし。

○上映後は黒沢清のQ&Aタイム。
質問は考えていたし、挙手もしたが、時間切れで質問できませんでした
無念。
しかし満足。

○『叫』は、アニエスベーアワードという賞の対象作品になっていて、ま、これはいわゆる観客賞。
で、その投票用紙がおもしろかった
こんなの↓

画像がちっちゃくて申し訳ないんですが、「とてもおもしろかった」という場合は、用紙を折らずにそのままポイと提出すればいいだけ。
「まあまあおもしろかった」という場合は、ちょっとだけ用紙を折って提出、「普通だった」という場合はさらに折る、「つまんなかった」という場合はさらにさらに折る、という投票用紙。
これはなかなか画期的なアイディアだと感心。
おれはもちろん折らず提出した。
体感では、みんなけっこう満足してたみたいだし、『叫』が受賞する可能性もあるかな、なんて。
そしたら嬉しい。

○満たされて帰宅。
帰宅と言っても他人の部屋だけど。
で、またくだらない話をして寝た。
この旅のひとつのピークが過ぎ去った一日でした。

業務報告
●最終日に観る予定だった岡本喜八をやめて、今公開中の新作映画を観て行くことにした。
『百年恋歌』『麦の穂をゆらす風』『エコール』が候補。
ただ、『テキサス・チェーンソー:ビギニング』も気になる。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 3 )
« フィルメック... 温故がゆえに@... »
 
コメント
 
 
 
おおっ (ryu3)
2006-11-22 13:30:42
遠くへの「おでかけ」楽しんでいるようで・・・。
十分楽しんでください!!
こっちもいろいろ楽しんできたんで・・・。


FFについて語るのも、また面白いですね。
最近、「3」をパソコンでやっています。笑

面白いですね~。ホント今更なんですけど・・・。
 
 
 
お楽しみ中です (ryodda)
2006-11-22 14:47:37
かなり映画漬けだけど。笑

FF3はやっぱおもしろいっしょ?

浮遊大陸とか懐かしいなあー。
 
 
 
ウケ (現象)
2007-02-28 23:47:58
コメント&TB失礼します。
大爆笑でしたね。
それでいて傑作でした。
なおかつ考えさせられました。
緊張感も常に維持していて素晴らしかったのですが、
集客数はイマイチのように感じます。
なぜヒットしないんだ…
 
 
 
レベルが低い (ryodda)
2007-02-28 23:59:45
現象さんコメント感謝です。

どうやら「ホラーなのに怖くない、失笑ものだ」という意見も多いようで・・・こういった根本的な勘違いはいつになったらなくなるんでしょうかねえ。

困ったものです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
『叫(さけび)』 -東京フィルメックス- (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
第7回東京フィルメックスにて、黒沢清監督の『叫』を鑑賞しました。上映前の舞台挨拶には、黒沢監督と役所広司さんが登場。 役所さんのさわやかな笑顔がよかったです。『HAZARD』の時のオダギリジョーやんとは大違い・・・・。そして、劇中でオダジョー扮する精 ...
 
 
 
「叫」 (Muses)
 一般公開に先駆けて「東京フィルメックス映画祭」で公開されましたので見てきました
 
 
 
叫@シネセゾン渋谷 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
常日頃から思っていたことなのだが、繁華街に心地良さを感じるのは大勢の他人が自分に全く関心を示していないことにあるような気がする。格差社会が叫ばれても世界各国に比べればかわいいもので、その、幅の狭い階級が雑踏の中、紛れ、孤独が自分の部屋に通じて、拘泥せず...