つれづれ日記

心と目の記録

人間の運命

2017-02-22 09:26:12 | Weblog
   下垂性のシンビジュウムです
  優美でかわいらしい花の房が下がり、
  眩しいように輝いて魅力的なランです。 
  
  rong>
  昭和20年に疎開した広島の田舎を調べる必要があり
  地図を広げ、当時の日記帳を開いて72年前の記憶をたどり
  長い人生の一こまを再確認している一週間です。
  

  「家族6人は、7月20日の午前の東海道線に乗り22日の朝に広島県の河内に着いたのです。
  東京駅で乗った汽車の前の汽車は,艦戦機(米)の機銃掃射を受け、私たちの
  次の急行列車は、八重洲口と列車の間に爆弾をおとされ、窓側の人は怪我をした」と
  書いてあります。
  途中で見た名古屋の駅前は焼け野原、京都で降ろされ一泊し、
  空襲警報が出たりして無事に河内に着いたのです。
  
  この東京から三日間の日記をワープロで打ち、2000文字の記録を
  3人の妹と弟にメールに添付して送りました。


  疎開をし、直ぐ転校手続きをしていたら軍需工場で働き、  
  原爆で被爆していたかもしれません。
  女学生は勤労動員に駆り出され、お正月元旦も夏休みもなかったのです。
  8月6日、広島に原子爆弾を投下され、終戦となり非常な現実を
  日記を見ながらしみじみ胸に収めました。
  
   
  長い人生を紡いできた縦糸と横糸に織り込まれた日々
  今の自分がある好運に感謝いたしました。。
  
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イギリスのPMDC60周年記念の... | トップ | 訪欧の思い出から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL