ティータイム(笑って許して!)   

ちょっといっぷく、
コーヒーでも召し上がりながら~♪(^_-)-☆
 

植木の剪定にシルバーさんが~!

2017年06月17日 | 庭・花

今年もお願いして剪定に来ていただきました。

 

西日なので生垣を短く剪定されて眩しいです。

ヤマアジサイ?コアジサイだったかな?

鉢なのでそのままにしてくれましたが

昨年は紫陽花の花芽が出始めたものをすっぱり切られて

今年は咲かない紫陽花もあります。

キンシバイも「花のところからすっぱり切りましょうか?」

と、言われたので「自分で切ります」と言いました。

植物は新芽が出たり翌年花が咲くけれど

あまりにもスパスパ切られてはたまりませんよ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「笑顔の部屋」笑いに参加! | トップ | ダムの水が枯渇してしまって... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
植木の剪定 (kazahana)
2017-06-17 20:51:55
テイタイムryo様
お庭にお花が沢山!幸せですね。
我家も以前はお花を植えてましたが、年を重ね無理になり引っ越しました。(私は眺めるだけでしたが)

元気が一番、笑いも一番、コーラス聴きたいです!
kazahanaさま (テイタイムryo)
2017-06-17 21:43:56
お出でいただき有難うございます。

お花は癒しになるので鉢物も植えていますが
子の時期水撒きがたいへんです。
夏場の数泊旅行は出来ないですね。

子供のころから歌が大好きで
この地に越して合唱団に入りました。
以前の家、街に住んでいたら地域の人との交流がなく
コーラスにも入ってなかっただろうと思います。
お庭 (ryo)
2017-06-17 22:26:28
お庭がある家にもう一度住みたい!と
思います。
一軒家を離れてもう15年余りですね〜
当時は植木屋さんの心配や、草取りなどに文句
言ってたけれど、今は地面が欲しい!
すてきなお庭ですね。キンシバイは花が終わって
からでも遅くはないですよね〜。もったいない!
ポチ!
こんばんわ~☆★  (あかずきん)
2017-06-17 23:02:41
ryoさん
すっきりとして気持ち良いでしょうね。
でも 思いっきりスパッ! と切られるとウ~~~ン??ですね。

近くの花友さんがシルバーさんに頼んだら
皇帝ダリアを元から切られた・・・と嘆いていたことがあります。

我が家は今のところ私がします。
高いところは夫に頼みますがその時は付きっ切りです。
だってね 勝手にバシャバシャ伐ってしまうんですもの。
あかずきんさん (テイタイムryo)
2017-06-18 00:53:06
はい、すっきり風通しがよくなったけれど
西日がよく通るようになって~

紫陽花だけは全く考えてないみたいです。
剪定はちょうどそんな時期なので...

今まではずっと自分で剪定していたんです。
剪定用デンキのこぎり(?)も買ってね。
昨年から高い踏み台に上がるのが怖くなってきて
こけたら元も子もないと思ってシルバーさんにお願いしました。
ryoさま  (テイタイムryo)
2017-06-18 00:57:25
一軒家に住むとマンションが便利に思えたり
庭がないとさびしくなったりしますね。

加齢が進むと草引きのことなども気になります。
それまで何とか考えなくちゃ!!

いつも応援有難うございます。
植木の剪定 (花を見る花子)
2017-06-18 06:56:57
お早うございます。

広いお庭羨ましいですね

花の事よくわかっておられるので、シルバーさんに伝えることができますね

花楽しみですが、管理も大変ですね

咲けば何倍もの楽しみがありますね。
Unknown (hirugao)
2017-06-18 09:21:37
そうですね~
私はもう何年も来ている植え木やさんにお願して
大きな木を切るくらいです。
その時に他の木の事を相談したりします。

花を見る花子さま (テイタイムryo)
2017-06-18 18:34:40
広くないですよ!

家の構造が良くなくて西日が当たる箇所が長く
仕方なく日除け用に植木をしています。

最初は菜園を主に・・・と思ったけれど
中途半端です。
hirugaoさま (テイタイムryo)
2017-06-18 18:37:30
庭を作った当初は以前の芦屋から来てもらっていたけれど
高くって毎年はチョッとしんどいのでやめました。

自分で剪定してたけれど加齢とともに出来なくなって
シルバーさんにお願いするようになりました。

コメントを投稿

庭・花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。