RED a knot

V系、スポーツ観戦、マンガ大好き社会人のブログです。特にDIR EN GREY、MERRY、浦和レッズが好きです。

3月参戦予定ライブ

2017-03-02 01:09:39 | 企画物(その他)
 それでは3月に行く予定のライブを紹介します。3月は3本です。

 3/10 the GazettE 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」at 国立代々木競技場第一体育館

 the GazettEの結成15周年記念ライブに行ってきます。彼等のライブを観るのは2年前の武道館で行われた結成13周年記念ライブ以来になりますね。大日本異端芸者時代の楽曲のみで構成される15周年記念ライブに相応しいライブになりそうです。個人的に彼等のライブには2回しか行ったことありませんしその2回もthe GazettE表記の楽曲がメインのライブでしたので初期の曲が聴けるのは非常に楽しみなんですよね。ライブで聴いた事がない枯詩、Cassis、貴方ノ為ノ此ノ命。辺りが聴けたら嬉しいです。

 3/18 fripSide LIVE TOUR 2016-2017 FINAL in Saitama Super Arena -Run for the 15th Anniversary-supported by animelo mix at さいたまスーパーアリーナ

 the GazettE同様結成15周年を迎えるfripSideのワンマン。こちらもさいたまスーパーアリーナと言う大きな会場でのワンマンになります。チケットも既にSOLD OUT済と言うのが素晴らしいです。2年前の横浜アリーナでのワンマンは計32曲披露と言う激アツなライブだっただけに今回は横アリを超える衝撃を期待したいですね。特に初代ボーカルのNaoの出演も決まってるだけにナンジョルノとツインボーカルで披露されるDecadeが聴けるのが非常に楽しみです。後はまだライブで聴いた事ないgrievous distance、eternal pain辺りも聴けると嬉しいです。

 3/21 MERRY主催イベント「三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、許しておくんなはれや」at 新宿ReNY

 やたら公演タイトルの長いMERRYの主催3マン。sukekiyoとメトロノームとの競演となりますね。MERRYについては今更書く事もありませんが久々にsukekiyoのライブが観れるのが楽しみです。仕事終わりの参戦の為sukekiyoがトップバッターだと観れなくなってしまうのでsukekiyoは2番手に出てくれる事を願ってます。後は京さんが過去に頭がザクロ、消毒とMERRY曲をカバーしてくれてるだけに今回も何か歌ってくれないかなとほんのり期待して行く事にします。

 浦和の応援は19日のガンバ戦に行ってきます。4日のセレッソとのホーム開幕戦とどっちに行くか悩みましたが吹田スタジアムに行きたい衝動とガンバ戦は見逃したくないと言う思いが勝ちましたので遠征する事にしました。最新のスタジアムの空気を堪能しつつガンバを倒す最高のシナリオになる事を願ってます。

 後は職場の上司に誘われて会員制の焼肉屋さんにも行ってきます。今までいろんなお店の焼肉屋に行ってきましたが会員制のお店は初めてです。全く想像出来ませんが美味い事に間違いはなさそうなので楽しみに待とうと思います。

 3月は買いたいCDも沢山あるのでお金が飛びそうな1ヶ月になりそうですが抑えるとこは抑えてメリハリつけて過ごそうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/28 浦和レッズVSFCソウル at 埼玉スタジアム2002

2017-03-01 00:00:57 | レッズ


















2017年埼玉スタジアム開幕戦となるACL第2戦に行って来ました。マリノス戦の後味悪い敗戦から中3日という短いスパンでの試合、相手は昨年ベスト16で敗れたFCソウル、柏木、阿部、遠藤抜きのスタメンと不安要素の多い試合でしたが5-2と圧勝。ACL連勝スタートでGL突破にまた一歩前進する事が出来ました。








前半の放った6本のシュートの内の5点を決めて勝負を決めると言う効率良く決めての勝利でした。決めたのが武藤、李忠成、関根、宇賀神、駒井と全員違う選手と言うのが浦和らしいサッカーが出来たという事でしょう。キャプテンを務めた興梠含めKLM揃った時の破壊力は相変わらずですね。マリノス戦ではラファエル・シルバが高い決定力を発揮して2点決め存在感を見せつけてくれましたがKLMも錆び付いてない事を改めて証明してくれました。良い意味で皆で高い競争意識を持って刺激し合ってゴールを量産して貰いたいです。

一方の守備陣は今日も2失点。5点取れたから良かったものの相変わらず安定しませんでしたね。取られた時間も2点取った直後とマリノス戦に続いてのATでの失点と悪い時間帯に決められてると言うのも宜しく無いです。特に2点目はマリノス戦で再三崩された右サイドからの失点。森脇1人に責任を押し付けるつもりはありませんですがここを改善しないと今後も他クラブは執拗に狙ってくると思いますので何とか改善して貰いたいものです。

何はともあれ観戦試合90分の勝利は昨年10月のガンバ戦以来かなり久々でしたので勝利試合を観れて嬉しかったです。次のセレッソ戦勝てばリーグ戦は1勝1敗の五分になり昨季と同じスタートが切れます。セレッソには斉藤学みたいな強力なサイドアタッカーはいませんが柿谷、杉本、山口螢等タレント揃いです。出るかわかりませんがスペイン帰りの清武もいますからね。とはいえ昇格組に負ける訳にはいきません。守備が不安定なら点の取り合いでも構いませんので勝利をもぎ取って貰いたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/25 横浜F・マリノスVS浦和レッズ at 日産スタジアム

2017-02-26 00:00:04 | レッズ













2017年のJリーグ開幕戦となるマリノス戦に行って来ましたが2-3で敗戦。一度は逆転しながら守り切れずの逆転負け。昨年の天皇杯川崎戦、CS第2戦の鹿島戦に続いて観戦試合3試合連続の逆転負けと言う負の連鎖を止める事は出来ませんでした。

新戦力ラファエル・シルバが立て続けに2ゴールを決めながら斉藤学の個人技と例年通りのセットプレーに屈しての3失点となりました。ACLこそ無失点で終えられましたがゼロックスの鹿島戦に続いての3失点は不安でしかありませんね。3、4年前の不安定な守備に戻ってしまってる感が否めません。まぁ1点目と3点目は同じ様な形で斉藤学に崩されちゃってるんですよね。森脇じゃ対処しきれないとわかってただけにもっとケアしてほしかったです。

ラファエル・シルバに関しては素晴らしいの一言。初スタメンで2ゴールとストライカーとしての仕事を果たしてくれましたね。早速イエローを貰った辺り評判通りカードと怪我の多さが気掛かりですがそこを気を付ければ15ゴールは決めてくれそうです。ラファエル・シルバ以外で良かったのは何度もピンチを防いだ西川、攻撃はともかく守備面では相手の突破を何度も防いだ槙野、途中出場でサイドから何度もチャンスを作った関根位ですかね。最も関根に関しては試合終了間際のGKとの1対1は決めて貰いたかったものですが。

負けてしまったものは仕方ありません。直ぐに次のACL第2節のFCソウル戦が待ってます。去年ベスト16で敗れた相手です。ここでしっかり叩けばGL突破がだいぶ有利になってきますのでしっかり修正して挑んで貰いたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MERRY 2/24 MERRY MANY MERRY-HOLIC at HOLIDAY SHINJUKU (ONLINE Limited)

2017-02-25 00:00:16 | ライブレポ







MERRY 2/24 MERRY MANY MERRY-HOLIC at HOLIDAY SHINJUKU (ONLINE Limited)
SET LIST
SE.
1.Zombie Paradise~地獄の舞踏曲~
2.「東京」
3.絶望
4.自意識過剰型木偶人間
5.mootage
6.Friction XXXX
7.Midnight Shangrila
8.R-246
9.平日の女-A面-
10.傘と雨
11.ロストジェネレーション
12.Carnival
13.ジャパニーズモダニスト
14.千代田線デモクラシー×2

EN
15.不均衡キネマ
16.陽の当たらない場所
17.Happy life
18.バイオレットハレンチ
19.傘と雨-Acosutic Version-

 MERRYのオンライン会員限定ライブに行って来ました。個人的にはようやく2017年1発目のMERRYのワンマンでしたのでテンションは高めでした。

 ゾンビから始まり序盤は最近の攻めの楽曲を中心に披露してくれましたね。絶望や木偶人間では結生と健一がお立ち台にたって演奏したりテツさんも前に出てきてガラも含めて前に4人並んで演奏する場面も観れて楽しかったです。

 今ツアー初のmootage披露の後にはFriction→シャングリラと言う個人的にはかなりテンションの上がる流れでした。Frictionはライブで聴くのかなり久々でしたね。ガッツリヘドバンできましたわ。シャングリラはテツさんがお立ち台に上って終始演奏すると言う熱い流れ。長身のテツさんがお立ち台上っての演奏でしたので迫力ありましたね。

 歌モノパートは超久々にR-246を聴く事が出来ました。サビのメロディーが傘と雨に少し似てるなと思って最近聴く機会増えてたので聴けて良かったです。歌モノ中ネロの後ろでスタッフさんがずっとネロにコールドスプレーをかけてたのでステージ場は熱気が凄いんだなというのが伝わって来ました。

 新曲の傘と雨は手拍子もやるんですね。結生とテツさんも一緒に手拍子してました。傘と雨以降は再度攻めの流れに突入。ロスジェネも久々にライブで聴けたなー。結生のコーラスもガッツリ聴けて良かったです。本編ラストは千代田線でガラが歌う前に「俺らの方がキレてるかお前らの方がキレてるか次の曲で判断するからな。」と言ってましたね。最後のサビ前にガラがはけて歌に入っても戻ってこないなと思ってたら久々に墨汁持って出てきてました。上半身真っ黒になってましたね。曲が終わるとガラがノリが悪かったからやり直しという事で2度目の千代田線に突入しました。珍しいなと思いましたがガラも不機嫌と言う訳ではなさそうだったのでホッとしました。

 アンコールはまずテツさんと健一が登場。今日のライブの企画担当が2人だったんですけど16年やってて2人での作業は初めてだったそうです。2人が写った写真付き色紙を1名にプレゼントしてネロをカメラマンに2人で写真も撮ってました。何か初々しくて付き合いたてのカップルみたいでした(笑)後テツさんがさっきの千代田線は最高だったとも言ってましたね。野音でやる千代田線の景色が垣間見えたとも言ってました。

 テツさんの煽りからのアンコール1曲目は個人的にこれまた割と久々の不均衡キネマでテンションが上がりその次が陽の当たらない場所と言うのが最高でしたね。今日は久しくライブで聴けてない曲が沢山聴けましたわ。Happy lifeは曲終わりにガラがサビの初めの部分だけアカペラで歌って締めると言う流れになってました。まだ暴れられるよなと呟いて更にバイハレをやると言う流れも熱かったですね。

 最後は傘と雨のアコースティックVerで締めというながれでした。ガラが歌う前に軽く話をしてくれて墨汁まみれの上半身を見ていい年して衝動で行動するものじゃないけど衝動で動いていかないとヨボヨボのおじいちゃんになっちゃうからこれからもやりたいようにやりますと言ってましたね。前回の野音の話になって4年前の今頃は腰の手術をして病院でのたうち回ってたけど4年後は墨汁まみれになってましたと言って笑いを取ってましたね。墨汁を気にしないと言いつつも話してる最中にずっと上半身の汚れを必死に取ろうとする姿がちょっと可愛かったです(笑)

 2017年1発目のMERRYのライブになった訳ですが相変わらずの楽しいライブを魅せてくれました。今年も抜群の安定感を保証してくれるバンドだなと言うのを実感出来たライブでした。Friction、R-246、ロスジェネ、キネマ、陽の当たらない場所を久々に聴けたしテツさんと健一と言う珍しい組み合わせのトークも聴けて良かったです。来月の主催と5月の野音ワンマンも楽しみにしてます。

 こんな感じでレポ終了です。参戦された方々お疲れ様でした。レポを読んでくださった方々もありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MERRY/傘と雨

2017-02-24 11:43:10 | 音源紹介
 ライブ当日にはなってしまいましたが今月リリースされたMERRYの最新シングルを紹介しようと思います。

 タイトル曲の傘と雨は結生作曲の哀愁歌謡ナンバーです。平日の女よりもロック要素の強い楽曲に仕上がってますね。タイトルに雨が入ってる通り切なさを重視したメロディーがかなりツボですね。ガラも力強く歌うというよりは柔らかくしっとりと歌う事を意識してるかなと感じてます。サビでの盛り上がりはシングル曲にしては欠けているのがちょっと物足りなさを感じてしまいますがそれを差し引いても過去2作のシングルよりもMERRYらしさが出てて個人的には好きです。

 傘と雨 -Acoustic version-はタイトル曲のアコースティックVerとなってます。アコーステックらしくしっとりとした雰囲気且つより切なさを重視したメロディーに仕上がっていてこのVerも好きですね。
 
 Happy life -幸福論 Acoustic version-は2015年8月にリリースされたシングルのアコースティックVerですね。昨年のライブではこのVerでワンマンイベント問わずラストに披露される事が多かったです。傘と雨以上に聴かせる事を重視したナンバーに仕上がってまして原曲よりも初夏に聴きたくなる様なノスタルジックな雰囲気が滲み出てて結構好きです。曲の締めはライブ同様原曲にはない「Happy life」と叫んで終了してます。

 Zombie Paradise ~地獄 DISCO mix~はアルバム「NOnsenSe MARkeT」に収録されてる同ナンバーのリミックスVerですね。この手のリミックスはあまり好きではないんですけど原曲がディスコ要素の強い曲ではありますので意外としっくりと聴けちゃう感じです。

 ポップ要素の強いHappy life、歌謡曲ナンバーだけど狙いすぎな感じが否めなかった平日の女の後のシングルでしたので若干不安もありましたが傘と雨はよりMERRYらしさが出てる哀愁ロックという感じの曲に仕上がってたので個人的には良かったです。梟や千代田線デモクラシーの様な激しい曲はアルバム曲で期待する事にします。最後に傘と雨のMVを貼っておきます。切ないナンバーが好きな方にはオススメの曲です。
MERRY「傘と雨」MUSIC VIDEO Short ver.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加