神さまのにおい

謂うものは識らず、識るものは謂わず。

やすらぎの郷 その2

2017年05月20日 | つぶやき
昼のシルバードラマ「やすらぎの郷」が好評のようだ。
しかし前にも触れたが、登場人物にやたらとタバコを吸わせる場面が
多いのはどうかと考える。
作者の倉本聰がヘビースモーカーであることに起因しているのだろうが、
一種のタバコ正当化・自己弁護のようでいただけない。
男性陣はもとより女性陣にもタバコをふかせては、タバコの副流煙での
健康被害があるといわれる昨今、出演者はいい迷惑であろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜか舟越桂 | トップ | 村田諒太の敗因 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。