劇団りゃんめんにゅーろん稽古日誌

劇団りゃんめんにゅーろんの愉快な日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラストスパート

2006年02月28日 | White Box
南出謙吾
りゃんめんにゅーろん座長・White box「パカッ」作・佐内役

最後の通し稽古が終了。
自己採点では底値確認ってところかな。
決して調子はよくはなかった。ここ数日間では最低かも。
でも、一定の水準には達していた。
ようするに、悪くなってもこれだけのものは確保できているってことが確認できた。
これは結構な収穫だ。

今回の芝居は、とっても細い線の上を辿っていかないといけない。極めて緻密。
全部計算して確実に辿っていけるわけなんてない。
だから、役の気持ちや場面の状況を根底に確かに持っておく。
そうすることによって、その細い線を計算しなくても辿れる。

自分が直接辿るわけではなく、役の人物が自ずと辿る。
だからこそ、少しの感覚の違いで、大きく線が外れてしまう恐れがある。

まぁ、そうなってしまったのが今日の稽古なんだが。
それでも、そんなに大きくは外れなかったんだから、よしとしよう。
そして、限られた残りの日数は、より確かに自分の中に人物を生息させることに集中しよう。

なお、ウチ「パカッ」以外の芝居に関しては、思いのほか、なんていってはいけないが・・・よかった。
よき仲間として、よきライバルとして。刺激しあっているなぁと実感!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第二回発表会!!

2006年02月28日 | White Box
 シノミヤ@演出です。

 さて、本日は通し稽古でした。
 先週は私用で週末の稽古にでれなかったので、どんな鍛錬をしてきたか。
 やっぱりある意味「発表会」ですな。

 まずは、「タキオンのハコ」
 …うそついてもしょうがないので。
 「おーいっ。もどってこーい。」ってかんじです。これはまずい。
 本当にこれが本番じゃなくて良かった。
 いわゆる、スランプ、ってやつですね。
 しかし、これは逆にいうと、スランプを感じられるぐらいの稽古を積んできた結果。
 ここまできたら後は簡単。「迷い」さえ断ち切れば、必ずいい作品になる。
 あと一踏ん張り。

 次に「カスタネットの月」
 私はこのパートだけは音響さん。
 作品に流れている独特の時の流れにどれくらい色つやを与えられるのか。
 さりげなく、かつ、魅力的に。
 ほぼイメージはかたまりましたな。

 そして「パカッ」
 新人石村君がメークミラクルでした。
 何年か俳優やってる人でも難しいセリフを言ってのけたり。
 出ずっぱりなんだけど、ほぼセリフをとちることもなく。
 今回の3作品のなかでも一番、この場所を楽しんでるんだろうな。
 共演者たちが、それについていけずちぐはぐになるってのが面白い。
 っていうか、あかんがな。
 これまた「本番じゃなくて良かった…」です。
 ま、そのために稽古やってるんですが。

 どの作品も、やっとこさ良い流れになってきました。
 演出としてはほっとしているところ。ま、あと3日あるという前提で、ですが。
 みんな、安心せずに緊張感を持って3日間を過ごす、という前提で、です。

 あとは、私ももう一踏ん張り。
 やってきた稽古が間違ってない、それが大事。
 舞台で、楽しい時間をお客さんと共有できるようになるまで。
 稽古はまだまだ続くのです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

上がっていけるはず

2006年02月26日 | White Box
柏原 愛 「タキオンの匣」葉子役

本番が近くなると皆さんお忙しそうで・・・たびたび登場 りゃんめんにゅーろん柏原です。

本日は、「タキオンの匣」キャストのみでのお稽古。
ん~。
本番前に必ず訪れるという”スランプ”きました~!!
お芝居が固まってくると入ってしまうんですよねついつい。。。
無難にしてしまおうと。。。

お稽古後半になって演出のシノミーさん登場!!
しっかり、”スランプ”言い当てられ、みんなで再起動をかけることになりました。

もっともっと、楽しめるはず、その場で産まれる感情を生かせれるはず。
もっと上に上がっていけるはず!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと踏ん張ろうっ

2006年02月25日 | White Box
内川篤郎
フリー  White box「タキオンの匣」哲夫役

あれよあれよといううちに、すっかり本番がせまってきましたなあ…
「来週のいまごろには公演終わってるんだなあ」
と改めて思ってしまったりしとるわけです。
最後の、最後のひとふんばりです(なんか選挙みたいだ…)。

あ、僕は疲れてる時とか、体力的にちょっと踏ん張ろうって時には
チョコをたべます。
エアロのチョコバーです。銘柄指定です。
今日も稽古前にコンビニによってエアロを仕入れようと思ったんですが、売ってなかった…
しょうがないので、スニッカーズにしてみたんですが…

あれは、重い。重すぎる!!

さすが雪山で食べるだけはある!!
力が補充されすぎてカラ回ってしまったような…
ほどほどって、大事ですねえ☆…

てことで、ラストスパート、がんばろう☆☆
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朗読と芝居

2006年02月25日 | White Box
「カスタネットの月」の作者で名ばかりの演出のみ群杏子です。

演出捕の悟さんが体調を崩されたので、音響照明プランのみ助けていただくことにして、
演技指導の方は、急遽、声の出演の山田ニラさんにお願いしました。

ニラさんは、すごいですよう!
いままで役者として舞台で思考錯誤して得られた技術や秘策を、佳葉さんに惜しげもなく伝授してくれています。
これは一見の価値があるというと、
代表の西岡も見学にやってきて、あれこれ口出ししていきました。
その日は悟さんも来てくださったので、演じる佳葉さんひとりに対して演出陣四人というお稽古です。
基本は座って本を読む朗読劇なのですが、何箇所か、顔を上げて本から目を離すシーンがあります。
そこは朗読ではなく芝居としてのセリフにかわります。
朗読者としての佳葉さんには、そこが難しいらしいのです。

こんなこと、普通の役者でも難しいんだから、これは作者が悪いとか言われているのですが、

それでもニラさんの指導のもと、佳葉さんはめきめきと上達しています。
本番がとても楽しみになってきました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鬼コーチの成果? 笑

2006年02月25日 | White Box
柏原 愛 「タキオンの匣」葉子役

本日は哲夫役の内川さんと二人でのお稽古。
めっちゃいい感じです。
何があったのか、(前回の鬼コーチの成果? 笑)二人の息はぴったり!!
楽しいところは、めっちゃ楽しく、つらいところはものすごくつらく・・・。

いつもニコニコとしていて優しいのは、
内川さんなのか、それとも哲夫なのかって言うぐらいすっかり役にはまってます。

お互いの過去の恋愛話から、
「こんなときってこんな気持ちになったよ」なんて話をして気持ちのながれ
の再確認、意思統一をしたり 短時間ながらも充実したお稽古でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルの先に点の光

2006年02月23日 | White Box
「カスタネットの月」こずえ役 佳葉

今日はお昼からお稽古です。
いや、いつも大概お昼に稽古なんですが。
気がついたらもう1週間です。
やばっ。
相変わらず私も大変なんですが、稽古をつけてくれる演出さん達の方が大変なんだろうなぁ。
と思う日々。

でも昨日は少しだけ自分の中で進みました!

白状します。

この時期に云ってはいけないんだけど、前回まで不安100%だったんです。
不安100%。
ほかの感情一切なし。
が。
15%くらい楽しい気持ちが湧いてきました。
トンネルの先に点の光がみえた感じ。
多分このまま進んでいっていいんだろうなって。

本番はもう目の前。
よろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鬼コーチ

2006年02月22日 | White Box
柏原 愛 「タキオンの匣」葉子役

本日も「パカッ」チーム「タキオンの匣」チーム合同稽古でした。
「パカッ」チームかなり完成度あがっています。
『やばいぞ~。 私達も負けてられないぞ~!!』って感じのお稽古でした。

それを受けてか、いつもは優しい(?)演出シノミヤさんが鬼コーチとなっていました。

『今の違う!!もう1回!!』

まるで、スポ根ものの鬼コーチみたいに(笑)
でも、作品への愛情を感じるのでこっちも
『はいっ!!お願いします!』みたいなノリですっ。

今日は、本番まで10日というカウントダウン開始の日です。

焦らず、着実に階段上がっていかなくっちゃ。
鬼コーチとともに(笑)


※ほんとは、優しい演出家さんですよぉ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

上を目指して走る

2006年02月21日 | White Box
柏原 愛 「タキオンの匣」葉子役

今日は、急遽いつもと違うお稽古場にて
「パカッ」チーム「タキオンの匣」チーム合同稽古。

そこに、代表の西岡も、照明の垣内さんも、「カスタネットの月」夏子役の山田ニラさんもいらして
大所帯でのお稽古でした。

普段は少人数でお稽古しているので楽しい♪

もちろん、客観的な目で見ていらっしゃるので緊張感があり、
「あっ、失敗した」と思った時はものすごくつらくなりますが、
この緊張感がいいんですよね。

なかなか上手くいかないところもありますが、いい感じになってきていると
信じて走ります!!

だって、あれだけ初めてするのに躊躇したシーンも、
今ではすっかりステキに出来るようになったんですもん!!

上を目指して走るぞ~!!


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日常と演劇

2006年02月19日 | White Box
 演出@シノミヤです。

 昨日の発表会の散々たる結果を受けまして。
 今日は、「タキオン…」チームの問題点を洗い出して、徹底的に稽古。

 短い台本なので、一つのシーン・一つの場面・一つの瞬間にやらなければいけないことがものすごく凝縮されていて、そして多い。
 「うん。」という一つのセリフに、懺悔・後悔・優しさ・愛しさ・前向きな感情を全てふくめなければならなかったりして、それを表現するためにたくさんの環境や感情を処理しとかないといけない。
 普段、人間ならばだれでもやってること何だけど。
 それを増幅し凝縮するからこそ、それは「作品」に昇華する。「表現」に変化する。
 一歩間違えると、「やらなければいけないこと」にとらわれて「結果」を忘れてしまう。
 昨日はまさしくその罠に引っかかってしまったのでした。
 演劇って、難しいね(笑)。

 今日の稽古が身になれば、きっと明日は笑顔でいられるだろう。
 明日が笑顔なら、きっと再来週はもっと笑顔で酒が飲めるだろう。
 我々も、そして見に来てくれるお客さんも。

 それを信じて、今日も一杯だけだけど、愛ちゃんと内川さんと3人で焼鳥屋で飲んで帰ったのでした。
 疲れてるからね。よく酔いが回ったわ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加