劇団りゃんめんにゅーろん稽古日誌

劇団りゃんめんにゅーろんの愉快な日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別の人生   

2007年04月22日 | 森陰アパートメント
み群杏子。
久しぶりに参加した昨日の稽古。音楽が入り、全編を通して見ることができました。綿密に計算された高木さんの演出は、行動線をきっちりと整理して舞台化してくれています。それにぴったりとはまった東條さんの音楽。その音が入ると、舞台の世界にスムーズに入っていくことができます。
「ここではないどこか」を考えることがあります。ここではないどこかに行きたい。ここではないどこかで暮らしたい。そこでの人生。もうひとり私。私の書く楽しみは、たいていの場合、そこから始まります。森陰アパートメントも、私にもまた別の人生があれば、こんなところで暮らしてみたいなあと思いながら書いた作品です。
登場人物のひとりに、かなめさんという老嬢がいます。飯尾さん(通称ロッテさん)が素敵に演じてくれています。そのかなめさんに、「実現しなかった過去にも、思い出はあるのかしら?」というせりふがあります。そのせりふを言うときの、かなめさんの表情、「ある」と答える大作さんの表情、実現しなかった思いが、その一瞬にこめられています。それがあるから、最後に二人がやっと見つめあうことができる場面が生きてきます。その時のかなめさんの顔は本当に少女のよう。稽古をみていた私は、その瞬間、かなめさんになっていました。で、稽古なのに、涙が出てきました。どうやら私はこの物語のなかでは、かなめさんに、感情移入をしているらしいのです。ちょっとびっくりです。
昨日は本番の衣装も一部見ることが出来ました。今回、衣装係を引き受けていながら、ずぼらをかましていたので、半分は役者さんまかせの衣装になってしまいました。
宏一郎役はぜひこの人にと、何度もラブコールを送って出てもらった藺森さん。衣装選びひとつをとっても、彼は私の世界をちゃんとわかってくれています。朗読会のシーンでノアさんの演じるユリストは本当に素敵。ノアさんのライブにはぜひ行ってみたい。ロッテさんのヘアスタイル、大作さん役の杉本さんの浮世離れした白衣姿、こまちゃん役のえびはらさんが大きなテディを抱いている幸せそうな表情、飄々とした作務衣姿が不思議ムードのダル谷さんは坂本さんならでは。みんな素敵、素敵の氾濫です。りゃんめんのメンバーもがんばっています。後少しで本番です。私は本番の客席で、こっそりと、別の人生を楽しみたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古池や~  

2007年04月20日 | 森陰アパートメント
りゃんめん    西岡
西洋にも、中国にも散文に対する韻文としての文学が存在する。
それでも日本の短歌や俳句ほどに一つひとつの言葉からそれこそ
無限にイメージを広げることを特徴とする文学世界は珍しいのだと思う。
それはこの国の豊かな自然と歴史の中で培われてきた日本の言葉と
文化の特徴なのだと思う。
み群杏子は劇作をはじめる前はプロの詩人であり、作詞家で、
NHKの「みんなのうた」でも彼女の歌詞がON AIRされている。
生まれて初めて書いた長い文章だという「恋心のアドレス」そして、それに続く
「ポプコーンの降る街」は、その独特の世界を清水邦夫氏に高く評価され
2年連続で文化庁の現代劇創作戯曲賞佳作に選定されている。その後、
りゃんめんをはじめ数多くの劇団に作品を提供し続け、今回ある意味ではそれらの
集大成といえる作品を書き下ろした。
み群作品の持つ言葉の力。そしてその言葉からかもし出されるイメージの
広がりをどれだけ豊かに視覚化、空間化できるか。
今回、今までのみ群作品の舞台化ではベストマッチと言われている演出家
高木真理子さんをお迎えしての公演、その稽古場はまさにみ群ワールドの天地創造の場。
本番まであと1週間の稽古場は、いままさに創造力のるつぼ。
あ、パンフ用の原稿、こんなもんかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな石ころ

2007年04月16日 | 森陰アパートメント
りゃんめんにゅーろん 柏原愛



お稽古もそろそろ大詰めです。

久しぶりにするシーンもあり、ポロポロと一度ポケットに入れたはずの小石が
零れ落ちてしまう。

慌てて拾い上げてみたり、落ちないように他の人がフォローしたり・・・。
そうやってゆきながら、小石の意味を考える。
小石に見えているけど実は結構大切な石だったと気づいたり、
小石のキレイさに魅入ったり・・・。
はたまた、ようやく落ちていた小石に気づいたり。
落ちていた小石で遊ぶ方法を見つけてみたり。

まだまだ発見がいっぱい。まだまだ良くなっていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界観

2007年04月13日 | 森陰アパートメント
りゃんめんにゅーろん 南出謙吾


今日の稽古は役者だけでなく、音響・照明も揃い、
いよいよ公演が近づいていると実感する。

全員の意欲と労力で、この世に存在しない、
新しい世界が構築されつつある。

この世界は、見る方々に何を伝えられるだろう。
見る意味のある舞台になるよう、
最後の力を注いでいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再生の時間

2007年04月11日 | 森陰アパートメント
りゃんめん 西岡
稽古日、開始時間を決めていても、実社会はなかなかその日その時間に稽古場に入ることを簡単に許してはくれない。1つの劇世界を作り出していく時間、それは小さな天地創造の時間。それにかかわることはまさにクリエイティブな時間を皆とともに過ごす時間。食べるために売り渡してしまった自分の労働力と時間、そこで消耗してしまった自分を取り戻すことのできるそんな時間だ。人間再生の時間と言っていいかも。
それなのにそれなのに…
今回、りゃんめんのメンバーがなかなかその稽古場に参加できていません(TT)
ああ!世界一忙しい国、日本。先進諸国の中で芸術文化に一番冷たい国、日本。予想外の仕事がメンバーを苦しめているようです。それでも、そんなことに負けずに「きっとすばらしい舞台にしよう」と知恵を出し合う参加者のみなさん。
真っ先に来てあたりまえのりゃんめんのメンバーなのに本当にすみません。m(--)m
もう本番まで二週間!思わぬNGに対応して稽古を追加することを含めて今後のことを相談しながらすすめていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公演予約について

2007年04月08日 | 森陰アパートメント
りゃんめんにゅーろん 柏原愛


最近メールでのご予約をちょこちょこいただいております。
今回りゃんめんでは初めての”予約優先制”をさせていただいております。
こちらは、HPのトップページにも載っておりますが、

「きゃー。お客様がいっぱいで入れないよ~。観てもらえないよ~」を防ぐ為にさせていただいております。

この回はお席に余裕があるのに、こっちの回は超満員 とか、
せっかくきていただいたのにお引取り願う とか、そんなことの無い様にとの思いからです。

ですので、
ぜひ、もうお手元になんらかの形でチケットを入手されている方も
『○○日昼(夜)の回に行きますよ △△△子』等とメールをいただけると大変嬉しく思います。

なお、メールにてご予約いただいた方に
ご予約番号というものを送らせていただいておりますが、
そちらの番号順にご入場いただける というわけではなく、
ご観覧日の変更等ございました際に連絡していただきたい番号となっております。

開演時間は、開場時間の30分前となっていますので
そのぐらいのお時間に来ていただけるとお好きな席で見ていただけるとおもいます。


今日はお稽古日誌はお休みのご連絡でした!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行間を構築する

2007年04月05日 | 森陰アパートメント
りゃんめん     西岡
宏一郎「ああ。あれか。」
こま「なに?」
ダル谷「○○…」

ただ読み流せば、それだけで流れていってしまうかもしれない部分。
でも、稽古の中で役者さんは、「ああ、あれか」と思い出し、こまちゃんには
聞かせたくない言葉だな、とチラッとこまちゃんの存在を確認し、そんなことには
無頓着で言ってしまいそうなダル谷さんの言葉を止めようと少し慌てた様子を見せ、
ダル谷さんの台詞が発せられると、あ~あ、もうダル谷さんは、という少し怒ったような表情とこまちゃんの反応を心配する優しいいたわりの感情の表れた表情を見せてくれる。
 脚本上には、行間には勿論、ト書きにも何も書かれてはいない。
でも、作者は確実にそれらのいわゆるリアクションを想定して書いている。
シーンが立ち上がっていくということはそういうこと。いい役者さんは、本の持つ
創造性を万人がなるほどとおもわせる形で造形して見せてくれる。
まだまだ立ち上がってきて欲しいパートやシーンがいっぱい。
ますます楽しくなっていく稽古場でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

立体化されていく・・・

2007年04月04日 | 森陰アパートメント
りゃんめんにゅーろん 柏原愛

今日は、音響さんがお稽古に参加して音を出してくれました。
気持ちよく流れるところ。
背中を後押ししてくれるところ。
たくさんありました。

一人で台本を読んでいる時より、出演者みんなでで台本を読んだ時。
台本を読むだけでなく動き出した時、演出が加わった時。
日ごとにお芝居は立体化されていっています。

めまぐるしくお芝居が膨らんでいきます。

そんな目の離せないお稽古の日々。

乗り遅れないようにがんばってついていこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノアさんのこと

2007年03月29日 | 森陰アパートメント
み群杏子
ユリスト役のノアさんは素敵な青年です。彼は役者さんではなく音楽家です。森陰アパートメントを書いている時から、私はこの役はノアさんにと決めていました。ノアさんのことを、ギタリストだと思い込んでいた私は、ギターを弾くシーンをたくさん入れました。でも私の思い違いで、ノアさんは、ギタリストではなくボーカリストだったんです。ギターも弾けるということでしたが、それよりもフルートとオカリナが得意ということで、生演奏は急遽変更となりました。怪我の功名というか、フルートもオカリナも素敵な音色でこの物語にぴったりの雰囲気をかもし出しています。
星の美しい夜、管楽器を演奏すると、星が喜んでそのかけらを空から降らすという物語を読んだことがあります。森陰アパートメントでは、ノアさんのオカリナを聞いて、木が喜んで木の葉を降らし、月が輝きを増します。いいなあ。私はオンチなので、音楽家はあこがれです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しきジプシー

2007年03月28日 | 森陰アパートメント
りゃんめん   西岡
りゃんめんは自分の稽古場を持ちません。あっちの会場、こっちの会議室、日によって集まる場所がちがいます。で、そのためにどんなに注意していても毎回悲しい行き別れが発生してしまっていました。今回の森陰アパートメントでは、演出の高木さんのご厚意でヌーボースタシオンを稽古場としてもお借りできるために、今回は今日が最後のジプシーでした。で、今まで気を使って気を使ってしてきた張り詰めた神経の糸がぷつんと切れたように、稽古場の確認がおろそかになり、みんなとはぐれてしまった役者さんが一人。連絡の不徹底本当にごめんなさいです。m(__)m(>_<)m(__)m
でも、短い時間でしたが生の演奏の曲とその雰囲気をつかみとることができたこと、いくつかの行き違いを堪忍袋の中にしまいこんで大きな気持ちで取り組みの成功に向けての熱い気持ちを絶えささずにいてくれる今回のメンバーの人となりを感じることができたのが今日の何よりの収穫でした。
さあ、今日から一ヵ月後、舞台の幕が開きます。
詩的で叙情的な人と人の間の情感の色合いを伝えることを要求するこの本をどこまで立ち上げていくことが出来るのか、沢山ある出演舞台の一つにしてしまわないで役者の皆さんスタッフの皆さんが持てる力を十二分に発揮しての創意あふれる創作舞台になっていくよう密度の濃い一ヶ月をみなさんがすごしていただけるよう心からお願いして今日の稽古場日誌とします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加