CBRで風になる〜♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

2016年ハンドボール高校総体 愛知県大会 津島東速報

2016年05月22日 | 日記(ハンドボール)
晴れ

昨日、豊田市運動公園の体育館で行われたハンドボール愛知県大会に出場している津島東高校の応援に行ってきました。会場は狭くコートも短いので地区大会の様でした。

今回はシード校のため2回戦からですが、相手はいきなり強豪の岡崎城西高校…一番当たって欲しくない相手でした。地区大会から強豪とばかりの試合で応援している方は、いつもヒヤヒヤです。その結果は以下の通りです。

2016年05月21日
・2回戦 津島東高校 20-18(10-8,10-10)岡崎城西高校

前半から常に試合をリードし、後半戦の残り10分で5点差まで開いたのですが、守りに入ったのと退場が重なり、あっという間に4点を取り返され1点差まで詰め寄られました。
残り1分で1点差、ここで岡崎城西の攻撃をしのぎ切り、最後マンツーマンディフェンスの隙ついて1点を取得しゲーム終了となりました。これで新人戦もマグレで岡崎城西に勝った訳では無い事が証明できました。

しかし新人戦の時とは異なり、追う展開から常にリードを保ち追われる展開になっていたので、選手たちの成長が伺えます。ヒヤヒヤさせられる事には変わらないのですが (〃゜д゜;A アセアセ…

次の試合は、5月28日(土曜日)にスカイホールで準々決勝が行われます。相手は東海高校です。
長男は3年生なので負けたら即引退です。県3位までに入り東海大会出場を決め、少しでも長くハンドボールができるように頑張って貰いたいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第6回YZF-R125真ん中オフ会in滋賀県琵琶湖

2016年05月21日 | 趣味(バイク)
晴れ

ちょうど1週間前、滋賀県の琵琶湖近辺でYZF-R125のオフ会が行われたので参加してきました!
まずはマイミクのルーネスさんと、そのお知り合いと最初の待ち合わせポイントの「木曽三川公園」で合流しました。赤白R125の方は今回初参加です。

 

 

即、移動を開始し、「サークルK 関ケ原店」でカイトさんと合流。

 

ここで関東勢の襲来を30分程待っていましたが一向に来る気配が無かったので、本来の待ち合わせ場所「コメダ珈琲 長浜八幡中山店」へ移動…現地についてみると、既に関東勢は到着していました。ほぼ一本道なので、どこですれ違ったのかは謎です。

 

ミーティングの集合場所では無いのに、もうこの時点で10台を超えていました。

 

冷えた体をホットカフェオレで温め、ミーティング第一集合場所の「道の駅湖北みずどりステーション」へ向かいました。11時に集合のはずですが、いつもの事ながら遅刻者が続出。12時頃には全台(20台+α)揃いましたが、写真を撮るのを忘れるという失態を犯してしまいました。

そして全員で「葛籠(つづら)尾崎展望台」へ移動。ピンクナンバーの集団は注目されまくりです(汗)

 

 

これだけR125が集まると壮観ですね。
年配のバイク乗り方からYAMAHAの集会ですか?と尋ねられるほどでした。

 

この日はとても良い天気だったので展望台から琵琶湖を見渡す事ができました。
そして有志の方々の持ち寄ったお土産争奪戦が始まりました。お土産の中には社外スクリーンやLEDライト、フェンダーレスキットなど豪華景品もありました。私はお目当てのステッカーを2枚頂きました。

そして最後の目的地「奥びわ湖水の駅」へ移動。
現地に到着したら、なんと仮面ライダー3号が待ち構えていました。

 

滋賀の平和は仮面ライダー3号によって守られているのですね!
その後、パンダや、くまモンが増え記念写真の撮影会が始まりました。毎度の事ながら、このノリは良いですね。記念撮影終了後、仮面ライダー3号はバイクにまたがり颯爽と水の駅を去って行きました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎるものですね。16時を過ぎた辺りで解散となりました。今回も北海道〜九州まで全国から日本の真ん中(琵琶湖)へR125のライダーが集結しました。高速道路が使えないR125で遠方から来られる方々には頭が下がるばかりです。

最後に帰路を共にする方々と滋賀のちゃんぽんを頂いた後、帰宅しました。今回も事故などのトラブルは無く、遠方から来られた方々も無事に帰宅されたようで何よりです。

R125ミーティング…私の中では年に一度の大きなイベントで、とても楽しみにしています。来年は長男の手にR125が渡ってしまうので、KLX125で参戦します。ピンクナンバーで参加する事に意義を感じているので…R125乗りの皆さん、、また来年日本の真ん中でお会いしましょう (=゚ω゚)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近プレイしているPCゲームは…

2016年05月18日 | 趣味(PCetc)
晴れ

先週の土曜日、YZF-R125ミーティングに参加すべく琵琶湖近辺へ行ってきました。
非常に楽しい時間を過ごせましたが写真を整理していないので、その記事はまた次回にでも…今回は温めて置いたPC関連のブログを先に投稿します。

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

今回のテーマは「最近ハマっているゲームとグラフィックスボード(以下グラボ)について」です。グラボに関しては先週、NVIDIAから最新のハードウェアGeforceGTX1080/1070(コードネーム:Pascal)が発表され、昨日 GTX1080のベンチマーク がPCWATCHで公開されました。

GTX970は型落ちになってしまいましたが、一年半もの間ハイエンドクラスで頑張ってくれたので十分に満足しています。3.5GB問題発覚時には散々文句を言いましたが結果オーライです。PCWATCHのレビューを見てみるとGTX1080は順当に性能が伸び省電力になっていますね。リファレンスでオーバークロック仕様のGTX980Tiを超えているので、ベンダーオリジナルOC仕様のGTX1080のお値段と性能が気になります。発売されても暫くはご祝儀価格(高額)なので、買えませんが…

次に最近やり込んでいるゲームを3点…
メインPC(Corei7-3930K@4.5GHz、Mem16GB、GTX970、Intel750)での使用感を紹介して行きます。

・ファンタシースターオンライン2 (以下PSO2)
オンラインRPGですが、アクション性の高いゲームになっています。

解像度 4K(3840x2160dpi)+最高設定(設定6)でもコマ落ちは感じられず快適に遊べています。
システムへの負荷は思ったより低く、APUなどの内臓グラフィックでも解像度や設定を下げれば遊べます。ただしボリュームが大きく、HDDの容量を30GB程消費するので、ディスクの空き容量には注意が必要です。またフルHDで快適に遊びたいのであれば、Corei5+GTX750Ti以上のハードが必要です。

 

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

PC版はSEGAの PSO2サイト から無料でダウンロードできます。有料のパッケージ版も存在します。プレイは基本無料で、一部のオプションやアイテム課金となっています。コスチュームなどに凝らなければ課金しなくても十分遊べます。先月PS4版の発売と同時に最高設定6が選べるようになり画質が向上しました。

 

チュートリアルが充実しているので初心者でもソロプレイでレベル上げ時(低レベル時)に死ぬことが少なく楽しく遊べます。他のオンラインRPGのようにパーティーを組み各人の役割(ファイター・ヒーラーetc)をしっかり決めて作戦を立てなくてもレベルを上げて武器や防具を強化し、力押しでクエストをクリアできます。逆に火力や防御力が低いと雑魚相手でも苦労します。その点は好き嫌いが分かれると思われます。

・ForzaMotorSports6:Apex
オフラインのカーレースゲームで Granturismo6と同様、シミュレーション寄りのゲーム性になっています。

解像度 4K(3840x2160dpi)+最高設定だと動きの速いシーンでコマ落ちします。
WQHD(2560x1440dpi)であればコマ落ちは殆ど感じられないので、この設定で遊んでいます。
GTX1080だと4Kで遊べそうですね。そう考えるとGTX1080が欲しくなります…でも買わないぞ!!

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

Forza6は Widnowsストアからダウンロード可能です。PCの動作推奨スペックが非常に高く(最低動作環境 Windows10 64bit、Corei3-4170、Mem8GB、GT740)、グラボを搭載していないノートPCでは動作させることすらできず、GTX970でも最新のドライバにしていないとエラーが表示され動作しませんでした。またベータ版にも関わらずボリュームが大きくメインストレージを30GB程消費しました。

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

ゲームをプレイしている最中にタスクマネージャを確認してみると、2つのスレッドが使用率100%、メモリも8GB以上使用(アイドル時は3GB程度)されていました。このゲームをやるだけならPCをアップグレードするより、XBOXoneを購入した方が画質は落ちますが安上がりです。逆にハイスペックPCを持っている方にはPCの性能をいかんなく発揮できるゲームのひとつと言えます。

 

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

かっ飛ばすだけの RidgeRacerや、NeedForSpeedとは異なり難しく感じますが、各種アシスト機能を使用する事で初心者でもいきなりサーキット走行が可能です。慣れてきたら各種アシストを解除し、運転技術を向上させることができます。リアル志向なので雨の日のサーキット走行などは緊張感があり(水溜りに入った時などの挙動がリアル)楽しくプレイしています。

 

 

 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

Forza6は、まだベータ版でコースも少ないですが無料でプレイできるので遊び倒しています。今まではXBOX専用のアプリだったのでPCで遊べるようになったのは喜ばしい限りです。
しかし、現在ベータ版の状態でコースなどが少ないにも関わらずストレージを30GB近く消費しているので、製品版でどのくらい容量を必要とするのか少し心配になります。またIntel750(PCIex接続のSSD)を用いてもロード時間が長いので、容量を確保できれば HDDではなく SSDにインストールする事をお勧めします。

・PPSSPP
PSPのエミュレータです。ゲームをプレイするには別途ゲームのイメージファイル(以下ROM)が必要です。

PSPのx3倍の解像度(1920x1440dpi)でコマ落ちなく遊べています。
サブのノートPC(Corei5 4010U)でもPSPのx2倍(1280x960dpi)の解像度で遊べているので座敷は低そうです。ただしAtom搭載のタブレットやノートPCでは20fps以下にフレームレートが下がってしまうためゲームプレイが困難になります。

・THEXDER NEO
 

・RIEDGE RACERS2
 
 ※スナップショットをクリックすると大きな画像で確認できます

エミュレータで一番の問題はROMの入手です。PSPの実機にカスタムファームウェアをインストールし、UMDからゲームをバックアップする事でROMを取得する事が可能です。詳細はググってください。ROMさえ手に入れてしまえばPSPの実機より高画質&大画面でゲームをプレイできます。
ただしエミュレータには不具合も多く全てのアプリが正常に動作するとは限りません。頻繁にバージョンアップが行われているので、できるだけ新しいバージョンのエミュレータ(PPSSPP)の使用をお勧めします。

最後に…今回は紹介していませんが、その他「FF零式HD」など最近やっとPCでプレイしたいなぁと思えるアプリが増えてきました。PS4や XBOXoneなどコンシューマーゲーム機のハードがPCと酷似しているため、PCに移植し易くなった事が、その要因と考えられます。

最新タイトルのゲームもPS4、XBOXone、PC版同時発売という製品が増えてきたので、そこそこのスペックのPCを持っていれば、コンシューマーゲーム機を買う必要は無さそうです。その代り性能向上が著しい高価なグラボが欲しくなる事が容易に想像できるのが恐ろしいです。(〃゜д゜;A アセアセ…

ファンタシースターオンライン2 エピソード4 デラックスパッケージ
 ← PSO2 のパッケージ版が欲しい方は Amazonで…
セガ

LOGICOOL ゲームパッド F310r
 ← 今回ご紹介した全てのゲームに対応しています
   コスパの良いゲームパッドです
ロジクール
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低スペックPCでAndroidアプリを動作させる

2016年05月08日 | 趣味(PCetc)
晴れ

先月、低スペックなノートPC(EeePC1201T)を有効活用しようとWidnows10をインストールしましたが、他に何か面白い使い方はないかなぁ…とググっていたところ使えそうな無料OSを2つ見つけました。双方ともWindows機(x86 CPU搭載機)で、Android用のアプリを動作させるためのホストOSです。仮想環境上で動作させる事を目的としていない(ディスプレイドライバ等が用意されていないので仮想環境だと動作がもっさりします)ので、16GBのSDカードにインストールしSDカードからOSをブートさせ動作確認を行いました。

Android-x86
その名の通り、x86版のAndoird OSです。仮想環境などの足枷がないためか、古く低スペックなシングルコアCPUのPC(EeePC1201T)でもサクサク動作します。

 

Android4.4の最新バージョンが比較的 安定しているようです。とはいえ動かないアプリも多々見受けられました。純粋なAndroid OSなので、私の環境(EeePC1201T)に合わなかっただけかもしれません。

動作しないアプリの多くは強制的に縦画面になるアプリ(モンスト、白猫プロジェクトなど)でした。また縦画面固定アプリでは画面回転後、アプリが終了しても横画面に戻らないという不具合を確認しました。画面回転制御系のアプリを導入すれば強制的に横画面のまま使えますが、やはり多くのアプリが異常終了してしまい使い物になりませんでした。

Windowsタブレットであれば画面回転に対応可能(液晶を縦に持って使用)なので、アプリが異常終了しなければ、Windows10とAndroidのデュアルOS端末として重宝するかも知れません。今回はノートPCでの使用を前提としているため、画面回転の不具合は致命的と考え使用を諦めました。

RemixOS for PC Beta版
Android5.1ベースの WindowsライクなAndroid互換OSです。
先月ベータ版が公開されました。Android-x86と同様、EeePC1201Tでもサクサク動作します。操作画面は Windows10のそれとよく似ており、多くのAndroid用アプリをウィンドウ表示で使用できます。縦画面固定のアプリは画面中央縦に縮小表示されます。またウィンドウ表示に対応していないアプリは全画面で表示されます。

 
 ※画像をクリックすると拡大して表示されます

Playストアが標準では入っていないため、「GMSInstalltor.apk」を入手しインストールする必要があります。このapkを実行するとPlayストアがインストールされます。

RemixOSのインストール手順は、詳しく紹介しているサイトを複数見かけたので今回は割愛します。私が参考にしたのは以下のブログサイトです。筆者の方にはこの場を借りてお礼を申し上げます。

http://mogi2fruits.net/blog/os-software/linux/android-x86/remix-os/4009/

肝心のアプリの動作状況ですが、インストールできるアプリの多くは動作しますが、やはり動かないアプリも存在します。動作しないアプリの一例としてMXプレーヤーなどがあげられます。またベータ版のためか、動作するものでも正常に動かない(何らかの問題を抱えている)アプリが散見されました。

 
 ※白猫プロジェクト 全画面表示:画面の左右に余分な描画あり

 
 ※白猫プロジェクト ウィンドウ表示:問題なし

白猫プロジェクトの全画面表示では画面の左右に表示不良が見受けられますが、ウィンドウ表示では正しく表示されます。またモンストでは全画面表示固定で画像描画に問題はありませんが、音量が非常に大きく最小にしても煩く、また音割れのようなノイズが乗ります。この辺りはOSやアプリの最適化が進み改善される事に期待ですね。

 
 ※画像をクリックすると拡大して表示されます

試しに、このブログも RemixOSの Chromeブラウザで書いていますが、一部ボタン類に描画不良がありますが、記事を書くこと自体に問題はありませんでした。PCのスペックとUSB2.0の遅いSDカードにインストールしている事を考えると意外と使えるように感じました。

ただし落とし穴もあります。古いBIOSを搭載しているPCでは USBメモリからのブートに問題がないものの、比較的新しく UEFIからセキュアブートする環境では USBのメモリを使って起動できないようです。以上の理由によりSafeceProシリーズでは、USBメモリからのブートは難しいと考えられます。

しかし先月公開されたベータ版からHDDにインストールできるようになったので、内蔵HDDにインストールし Windowsとデュアルブート環境にする事でRemixOSを使えるようになるかも知れません。何かあった時にはRemixOSをアンインストールする事で簡単に元の状態に戻す事ができますが、HDDにインストールして試される方は自己責任でお願いします。

RemixOS for PCは、今年に入りアルファ版が発表され、先月ベータ版が公開されました。ベータ版でも十分に使用に耐えるため、正式版を待ち遠しく感じます。

 

もともとRemixOSは PC用ではなくARMのCPUを使った専用機(Remix Mini)のOSでした。それがx86のPCに対応して、ますます注目を集めています。新しい物好きでAndroidが大好き(Androidアプリを沢山購入している)という方は、これを機にRemixOS for PCを試してみては如何でしょうか?

マルチタスク機能に優れたAndroid PC「Remix Mini」リミックスミニ Remix Mini | 2GB RAM - 16GB Storage | True Android Desktop PC [並行輸入品]
← 並行輸入品になりますが…
  Remix Mini(RemixOS専用機)を安価に購入可能です
Jide
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年ハンドボール総体 尾張地区予選 結果

2016年05月02日 | 日記(ハンドボール)
晴れ

昨日までの3連休に、2016年ハンドボール総体 尾張地区予選が行われました。

 

結果は次の通りです。津島東高校の優勝(4連覇)で幕を閉じました。

 ・優勝  津島東高校
 ・準優勝 西春高校
 ・3位  滝高校
 ・4位  一宮高校
 ・5位  五条高校
 ・6位  江南高校

 

今地区予選の組み合わせは強豪校が偏り、楽して勝てる試合はありませんでした。
各試合の結果は以下の通りです。

 ・津島東 33 - 07 起工業
 ・津島東 24 - 17 江南
 ・津島東 20 - 13 滝
 ・津島東 18 - 12 西春

地区予選を見ていて感じたのは、全ての試合でシュートミスが目立ち苦戦していました。
速攻にカットイン、それにロングシュート…これらのシュートミスの半分でも入っていたら、もっと楽な試合展開になっていたと思われます。まぁ相手のキーパーが頑張って止めていたとも言えますが…

次の愛知県大会は今月末から始まります。
県大会では負けた時点で終了し、3年生は引退となります。地区予選で悪いところは出し切ったので、県大会では良いところを出し切って東海大会へ望みをつないで貰いたいですね。後1ヶ月、悔いのないように頑張れ3年生!!遠征練習試合に県大会、しっかり応援したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加