CBRで風になる~♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

Ryzen 1700X を 4.0GHzで回す!

2017年03月28日 | デスクトップパソコン
我慢できずに、Ryzen 1700X(8コア/16スレッド・定格3.4GHz)にを購入してしまいました。
K6-2以来のAMDです(汗)まだ、OSインストール後のシステム構築中なので、簡単にRyzenのご紹介を…
システム移行を完全に終えたら記事を更新いたします。

購入した商品は以下の通りです。写真に写っていませんが、CPUクーラーを別途購入しています。

 

 MB : ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming
 CPU : Ryzen 1700X@oc(8コア/16スレッド・定格3.4GHz - TB3.8GHz)
 Cooler:CPUクーラー(Thermalright TRUE Spirit 140 DIRECT 140mmFAN)
 MEM : 32GB(DDR4-2400 SDRAM 16GBx2枚・CL 17-17-17-39-2T 1.20v)

マザーは使い慣れたASUSが良かったのですが、品切れでいつ入ってくるのか分からなかったのでASRockにしました。ASRockは使ったことがないので少し不安でしたが、ネットに多くの情報が出ているので何とかなると思い購入に踏み切りました。実際何とかなりました。

 

メインPCに組み込むとこんな感じになりました。簡易水冷にしたかったのですが予算の都合で空冷になりました。

 

メインPCの新仕様は以下の通りです。

 Case : CORSAIR Carbide 500R (20cmFANx1機+14cmFANx4機+12cmFANx2機)
 MB : ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming
 CPU : Ryzen 1700X@oc(3.8GHz SMT有効 Vcore Offset+Auto)
 Cooler:CPUクーラー(Thermalright TRUE Spirit 140 DIRECT 140mmFAN)
 MEM : 32GB(DDR4-2400 SDRAM 16GBx2枚・CL 17-17-17-39-2T 1.20v)

 VGA : GeforceGTX1070 8GB(ASUS STRIX-GTX1070-O8G-GAMING)
 SSD1: 400GB (PCIex4:INTEL SSDPEDMW400G401)
 SSD2: 512GB (SATA3:CRUCIAL CT512MX100SSD1)
 HDD : 5TB (3TB:WD30EZRX + 2TB:WD20EZRX)
 DVD : Blu-rayXL Drive(PIONEER BDR-208JBK SATA)
 電源 : 800W定格(ENERMAX 80PlusGOLD ATX)
 液晶1 : 27inch(DELL P2715Q 3840x2160dpi IPS液晶)
 液晶2 : 17inch(EIZO FlexScan L568 1280x1024dpi PVA液晶)
 OS  :Windows10 Professional(64Bit版)

前の環境からPCI接続の地デジチューナーとPCIex1接続のUSB3.0増設カードを取り外しています。
このマザーWifiとBluetoothを内蔵しているので、別途Bluetoothレシーバーを付けなくても良いのは助かります。

PCIe Gen3.0x4接続のSSDを最下段に取り付けているのは、グラボの下にSSDを取り付けると、グラボとSSDが Gen3.0x8動作になりグラボの帯域が足りず速度低下するのを嫌ったためです。
最下段は Gen2.0x4動作なので、SSDの帯域が狭まりシーケンシャルリードの速度が低下しますが、システムディスクにシーケーンシャルリードの速さは求めていないので、そこは気にしない事にします。
実際シーケンシャルリードが 2,100MB/s→1,500MB/sに低下しましたが、その他ランダムリード・ライトなどの速度は前のシステムと変わりませんでした。

ある程度、システム移行が進んだので早速4.0GHzにオーバークロックして CineBench R15(マルチスレッドのみ)を計ってみました。

CineBench R15 の結果(3.8GHz・4.0GHz)

 

3.8GHz で 16124.0GHz で 1726 をマークしました。

AMD の Ryzen は化け物か!!

4.0GHz で OCCTを10分実行したところ、コア温度が 78℃に達したので、3.8GHzで常用したほうが良さそうです。簡易水冷(CORSAIR H110i)にすれば 4.0GHz で常用できそうですが、クーラーだけで2万もするので買えませんでした。Socket AM4 対応の簡易水冷の種類が増え安価になったら購入したいと思います。

AMD CPU Ryzen7 1700X AM4 YD170XBCAEWOF
← Ryzen 1700Xの購入はこちらから
AMD Ryzen 1700X

AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF
← Ryzen 1800Xの購入はこちらから
AMD Ryzen 1800X

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4
← ご紹介しているマザーの下位モデルです
  SATA3のポート数が少なく拡張スロットの最下段がPCIex1になっています
  その他、機能が若干削られていますが、コスパに優れています
ASROCK

Thermalright CPUクーラー 140mmシングルファン サイドフロー ヒートパイプ・ダイレクト・タッチ構造 TRUE Spirit 140 Direct 日本正規代理店品
← Thermalright TRUE Spirit 140 DIRECTの購入はこちらから
  背が高いのでケースと干渉する恐れがあります。ご注意ください
Thermalright

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 16GBx2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2400CM-16G
← ご紹介している16GBx2枚のメモリです
  Ryzenと相性問題が出にくいのでお勧めです
シー・エフ・デー販売
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン基礎知識 第3章 Lesson2(主記憶装置について)

2017年03月15日 | PCサンデー
主記憶装置 について

主記憶装置はメモリ(LSIチップ)に電気的に情報を維持しCPUと命令やデータをやりとりします。
動作は高速ですが常に電力を必要とするため、電源をオフにすると情報を忘れてしまいます。

OSやアプリケーションなどの各プログラムは、電源を切っても消えないように普段はハードディスク(※以下 HDD)などの補助記憶装置に保存されています。PCの電源を入れるとHDD(補助記憶装置)からメモリ(主記憶装置)に命令やデータが読み込まれ、CPUにより処理されます。

この時にアプリの実行に必要な分だけメモリ領域が確保されますが、実装しているメモリ容量が少なく、その容量を超えメモリ不足に陥ると、スワップ※1が起こり極端に処理が遅くなります。

現在市販されている多くの WindowsPCには 2GB以上のメモリが搭載されています。
2GBは Windows10使用時において必要最低限の容量です。ブラウザのタブを複数開いたり、複数のアプリを同時に動作させているとメモリ容量不足に陥りスワップが起こります。

では、できるだけ多くのメモリを積めば良いのかというと、その判断は難しく以下の点に注意が必要です。

32Bit版のOSを使用している場合、4GBまでのメモリしか認識されません。
4GB以上のメモリを生かすには64Bit版のOSが必要です。Windowsの場合、システム情報で現在使用しているOSが何Bit版なのかを確認できます。32Bit版のWindowsでないと動作しないハードウェアやアプリを抱えている方は、MAXとなる4GBメモリを搭載しておきましょう。

64Bit版のWindowsで一般的な使用用途(ネット、メール、動画・音楽鑑賞、DTP作業など)であれば、4GB以上できれば8GBのメモリを搭載しておけば良いでしょう。
ゲームは多くのメモリを消費するので、リッチな最新ゲームを楽しむ場合は16GB搭載しておきましょう。

それ以上のメモリを必要とする仮想環境などを運用する場合は、Windowsでは Home ではなく Professionalを用意する必要があります。Windows10 Homeでは16GBまでの使用制限があるので注意が必要です。

次にメモリを搭載および増設する際の注意事項について見ていきます。

タブレットPCや薄型ノートPCの場合、メモリが基盤にハンダ付けされていることが殆どなので後から増設できません。購入時に、4GB以上搭載しているモデルを選びましょう。

一般的な15.6インチの液晶を搭載しているノートPCやデスクトップPCの多くはメモリを交換したり増設が可能です。ただしメモリには多くの種類や規格が存在するため注意が必要です。規格が違うと装着できない ので以下にその規格や種類の詳細を記します。

・デスクトップPC用のメモリ

デスクトップPCには下の様な、DDRx-SDRAM のメモリを用います。

 

DDRx の x の部分には数字が表記されており、世代を表します。最新のメモリは DDR4-SDRAMです。
現在、DDR2・DDR3・DDR4といったメモリが多く販売されていますが、各世代のメモリに互換性はありません。

使用している、もしくは購入しようとしているマザーボードが、どの世代のメモリに対応しているか調べた上でメモリを購入しないと物理的に装着できず使えないことがあるので注意が必要です。

その他にメモリには PC4-2133 CL15-15-15-36 1.2v などの表記があります。
その概要の詳細を箇条書きに記します。

PC4 … DDR4であることを表しています。
2133 … メモリの動作クロックを表しています。
 数値が大きいほど高速に動作させることができます。
CL15 … メモリアクセスにかかる遅延時間を表します。
 この値が小さいほど高速に動作させることができます。
1.2v … メモリの動作電圧です。
 メモリには大きく通常電圧版と低電圧版が存在します。
 マザーボードが、どの電圧のメモリをサポートしているか確認した上で装着してください。
 電圧の違うメモリを装着し通電すると、動かなかったりメモリが破壊される恐れがあります。

・ノートPC用のメモリ

ノートPCには以下の様な、SO-DIMMを用います。

 
 
デスクトップPC用のメモリより幅が短く、物理的に互換性がありません。そのためデスクトップのメモリ(SD-RAM)をノートPCに流用するといった使い方はできません。

PC4-2133 CL15-15-15-36 1.2v などの表記による世代や性能の示唆はデスクトップ版と同じです。

・その他の推奨事項


メモリスロットが2つ以上ある場合、既定の場所に同じメモリを2枚装着する事でデュアルチャネル動作 ※3 となり、メモリの転送速度を向上させることができます。またCPU内臓のグラフィックス機能を使う場合、画像描画でもメインメモリを使用するため画面の描画速度も向上します。

以上の理由から大容量のメモリを1枚刺するより、半分の容量のメモリを2枚刺した方が良いでしょう。

最後に…

メモリはマザーボードなど、他の機器との相性問題が生じることが間々あります。
メモリを購入する際は多少追い金をしても相性保障があるショップで購入することをお勧めします。

起動はするが動作が安定しない(負荷をかけた時にWindowsがブルースクリーンになったりフリーズする)場合、マザーボードの BIOS ※2 からメモリの動作クロックを落としたり、CL値を増やす事で解決する事があります。

以上で主記憶装置(メモリ)に関する説明は終了です。次回は補助記憶装置について見ていきたいと思います。

※1 スワップは、メモリ容量が不足してきたら現在あまり使われていないアプリやデータを一時的にハードディスクなどの補助記憶装置に待避して使えるメモリ領域を確保します。待避されたデータにアクセスする場合その分の領域を確保しなおした後、ハードディスクからメモリにアプリやデータを書き戻して処理を行います。

※2 BIOSとは Basic Input/Output System の略で、マザーボードに搭載されたハードウェアと基本的な入出力を行うためのプログラムを指します。近年では大幅に機能を強化された UEFI により、よりグラフィカルな画面で設定変更を行えるようになりました。

※3 デュアルチャネル動作では2枚のメモリに同時にアクセスすることによりメモリの転送速度が倍になります。ただしデュアルチャネルをサポートしている機種に限り有効となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン基礎知識 第3章 Lesson1(記憶装置とは…)

2017年03月08日 | PCサンデー
ここでは演算する命令やデータが保管される記憶装置について見ていきます。

パソコン基礎知識 第1章では、関係をイメージして頂くために記憶装置を一つにまとめていましたが…
実際に記憶装置は 主記憶装置補助記憶装置2つ に分けられます。

 

主記憶装置 は…

CPUが直接読み書きできる命令やデータが置かれます。

これはメインメモリーと呼ばれ、電気的にデータを記録するので非常に高速です。
しかし、電気で記録しているので、電源を切るとデータが消えてしまいます。

メインメモリーは一般的にメモリー、RAM(ラム)と呼ばれ、最近のパソコンではDDR3-SDRAM・DDR4-SDRAMという規格の製品が使用されています。

補助記憶装置 は…

電源を切ってもデータが保持できるよう記録しておく装置で、主に磁気や光で記録を行います。
CPUと直接命令やデータなどのやり取りは出来ず、必要なときに補助記憶装置からメモリーに内容が転送され実行されます。

磁気で記録しておくものにはハードディスク、光で記録してくおくものにはCDやDVD、ブルーレイなどがあります。
補助記憶の詳細については補助記憶装置編でご紹介します。

近年では電源を切っても内容を保持できるフラッシュメモリーを用いたSDカードやUSBメモリーなどが販売され、データの受け渡しによく用いられています。これらは外部記憶装置とも呼ばれます。

 

次回はメインメモリーの詳細についてご紹介します。

・PCサンデー企画 目次へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android端末 PC8801エミュの決定版

2017年03月01日 | レトロパソコン
日曜日に、何気なくPC-9801やPC-8801で良いエミュレーター(以下 エミュ)は無いか調べていたところ…
マルチプラットフォームに対応している PC-8801ma のエミュレーター XM8 を見付けました。以下に、そのサイトへのリンクを貼って置きます。そこからエミュのバイナリなどをダウンロードする事ができます。

http://retropc.net/pi/

このエミュ(XM8)は、Windows・Android・Linux(Ubuntu)に対応しています。
1年半前に試した QUASI88 の方が多くの機種(PSP etc)に対応していますが、問題も多く起動させるだけに留まっていました。その当時の記事は以下のリンクをご参照ください。

http://blog.goo.ne.jp/rxn10223/e/b607e5432cd30e10e92ecf3851a8d39e

結論から先に述べると今回、試した XM8 の完成度は非常に高いです。100点満点と言いたいところですが…
SRのデモ実行時、動物たちのオーケストラの場面で画面全体がフラッシュするのですが、画面の一部がフラッシュしない不具合が見受けられました。他にも同じような不具合があるかも知れないので、その辺りの改善は今後に期待です。

UIは各プラットフォームともに共通で、分かり易く好印象です。Windows版で唯一残念に思ったのは、全画面表示ができないところで、 ※ Alt+Enter キーで全画面にできました。Android版では特に不満点はありません。

画面のアスペクト比は固定されており横に伸びてしまう様な事はなく、FM音源も実機に近く良い感じです。

 

操作性は、ゲームパッドにキーボードの任意のキーを割り当てられるので、別途フルサイズのキーボードを用意しなくてもゲームパッドで遊ぶ事が可能です。Logcool の F710 を用意し試してみましたが、何故かXinputだと方向キーが効かず、DirectInputに切り替えたところ正常に動作しました。Xbox360のコントローラーしか持っていない場合、使えないかも知れません。PC版ではどちらの入力形式でも問題無く動作しました。

 

前置きが長くなってしまいましたが XM8 で、ゲームを遊ぶまでの手順を簡単に箇条書きで記します。注意として、エミュでゲームを遊ぶにはエミュの知識と実機のROMイメージが必要です。その辺りの知識がある事を前提にインストール手順を書いて行きますのでご了承ください。

WindowsPCで準備
1.一番上のリンクのダウンロードから、zipファイルをダウンロード
2.zipファイルを任意のフォルダに解凍
3.Android フォルダ内の「XM8.apk」を USBメモリや microSD にコピー
Android端末で準備
4.Android端末にコピーしたデバイス(USBメモリや microSD)を接続
5.Androidの「設定」-「詳細設定」-「セキュリティ」-「提供元不明のアプリ」を「オン」に変更
6.ESファイルエクスプローラーなどで、「XM8.apk」を Android端末の任意のフォルダにコピー
Android達末にインストール
7.「XM8.apk」を実行し XM8エミュをインストール
  ※microSD などから直接実行するとインストールに失敗する恐れがあります。
8.用意した実機のROMイメージを /storage/emulated/XM8 フォルダにコピー  
  ※コピー先のフォルダは機種により場所が異なる場合があります。
9.XM8 フォルダ内に、ゲームなどの ROM置き場を作成 ※私は「Disk」フォルダを作成
10.ゲームなどのディスクイメージを 9.で作成した ROM置き場にコピー
11.XM8エミュを実行し、セッティング

 

 

※必要な実機のROMイメージやエミュレータの詳細設定については、ダウンロードしたzipファイル内の「README-XM8.txt」に詳しく書かれているので、そちらを参照してください。

以上で、XM8 を使いPC-8801のゲームなどを、Android端末で実行可能になります。

 

 

ゲームパッドでの操作性も良く、テクザーなどのヘビーなゲームもコマ落ちなしで快適に遊べています。
これで本当に持っている全ての端末で PC-8801のゲームが遊べるようになりました。時間のある時に、Remix OSの oBook10SE にもインストールして試してみたいと思います♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙し過ぎて…

2017年02月23日 | 日記(私生活)


ご無沙汰しています。久しぶりの日記です。

今月は法事が2回、母の入院などが重なりとても忙しい日々を過ごしています。

PCサンデー企画を早く進めたいのですが、その時間を作る事ができない状態です。
(もう今月はアップできないかもしれない (;´・ω・)アセアセ…)

これからも継続的にPCサンデー企画および自分の趣味に関する事を上げていきますので
応援の程宜しくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加