ヒマヒマノキ~心と言葉をとどけます~

その一言に人はうれしくなります。元気になります。何気ない日常のそんな出会いをお届けします。

エッセー ~ふるさとは母 ふるさとは命~

2017-01-25 | 日記
やや和らいだとはいえ、厳しい寒さが続いています。雪の吾妻小富士。この写真は先日来の寒波以前の写真。今はもっと雪で覆われています。
       
この写真を、寝たきりになり、次第に会話も少なくなっていった母に見せてやりました。
薄く目をあけた母は、それでもはっきりとつぶやきました。 「きれいね」
思い出してくれればそれでいいと思っていた私には、驚きでした。見慣れた風景が、母のつぶやきで、私の中に新鮮に飛び込んできたのでした。

小さい頃に母は私の手を握ってくれました。今度は私が母の手を握ってやりました。何度も何度も握ってやりました。母にはそれが安心につながったようでした。穏やかな表情を見ると、嬉しかったようでした。ささやかでしたが、感謝の気持ちを伝えることができたように思いました。

母がいるから、生きていたからこそのふるさとです。命のつながりを感じさせるものがふるさとです。体が思うように動かなくなって会えなくなっても、私たちがつながっていると感じることができること、それが生きるということなのではないか、ふとそう思いました。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセー ~どちらを選んで... | トップ | 所沢散歩 ~彩翔亭(航空公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。