夢遊病の日記

日々の慌ただしい生活にゆとりの時間があればいいかな

16名だけのフライト

2017-06-13 11:20:35 | 日記
GWはのんびりとすごしていたのだが4月下旬から香港への
お誘いが頻繁に。28・30日と友からの電話が。
『香港へ行こうよ』の本気度を感じ取った。
何しにと言うと『会ったら話す』の一点張り。

最初はGWで席の確保が難しいとお茶を濁していたが
真剣に探す事になる。それで『トラベルコちゃん』で調べた。
そして2日に連絡を入れてその日に発券までこぎ着けた。
航空券は三万二千円で込み込みで四万五千円弱だった。

出発が16:55だったので13:15の『はるか』に間に合う様に
自宅を出た。普通は出発の30分前が搭乗時間だが
50分前になっていた。
これなら20分も早く出発かなと思ったらその通りだった。

機内に入りドアーが閉まって廻りを見ると
目で数える事が出来る人数だ。
一応ビジネス席が有って8人が利用できる。
そしてエコノミーは6席×25列だ。
158席で満席だが今回はCクラス2名Yクラス14名の
贅沢なフライトとなった。
5月8日はGWの最終日で帰って来る人が多いが
出て行く人はこんなものだと思う。

ジェット★を意識しての搭乗で有った。
座席の並びは同じ6席であるが
座席の質はジェット★は一応皮であるし豪華に見えるが
こちらは見栄えせず。

ジェット★は機内食は有料であらかじめ
予約が必要であるがこちらは無料で機内食も飲み物も出た。
当然ビールも無料である。
最近は食事もチョイス出来る航空会社が少なくなっているが
二種類から選べる。
行きも帰りも豚肉と鶏肉の二種類だったが
行き帰りは料理の仕方が違っていた。

空港から快速電車で九龍に到着。
そして食事を。香港でも『母の日』で何処のレストランも
沢山の人達。でも美味しいレストランで食事を。

食事を終えて徒歩四分でマンションへ。
部屋に入って驚いたのはリビングから見る夜景に
度肝を抜かれてしまった。なんせ香港島がどの建物にも
邪魔される事無く見えるのだ。

魔根金虫草
魔鬼天使性欲粉(Muira Puama)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日はもっと幸せになりはじ... | トップ | 不吉な予感? »

あわせて読む