都心で働くママの日記 ☆育休復帰後2年が経ち、徐々に仕事も本格的に☆

都心で暮らし、働きながら、2歳差兄弟の保育園児育児に奮闘するひさこの日常をつづります。

臍ヘルニアの治療@大学病院

2011-08-22 15:19:28 | 子どもの病気
今日は、朝からタクシー+私鉄を乗り継いで、
某大学病院に次男をつれて行ってきました。

目的は、次男の臍ヘルニア(出べそ)を小児外科の
先生に診ていただくことです。


生後1カ月検診を分娩先の病院で受けた際に、次男のおへそが
ちょっと出べそ気味だったのですが、小児科医からは「そのまま
自然治癒しますよ」と言われ放置していました。


そして生後2カ月となり、近所の小児科クリニックでヒブの
予防接種を受けた際、「ちょっと大きいですねぇ〜。ひさこさんの
分娩先の○○病院は、東大卒の先生が多いから、自然治癒を待つ
というお考えなんでしょうね。慶応の先生も、そういうお立場の
方が多いんですが・・・・スポンジで出べそを圧迫してあげた
ほうが、早く出べそが直ることが多いですし、直った際に
おへその形も良くなりますので・・・僕はスポンジ療法を
お勧めしますよ」
と言われ、希望すれば、スポンジ療法を行なっている
某大学病院宛に紹介状を書いてくださる、とのこと。

ひさこはあんまりこわだっていなかったのですが、育児休暇中で
時間もあるし、先生のおっしゃるとおり、大学病院に通いますか、と
思い、紹介状を書いてもらっておきました。

お盆休みをはさんで、月曜朝イチに予約を入れてもらい
(小児科クリニックで初診の予約までやってくれました☆
とても親切できめ細やかで、助かります)
今朝行ってきたのです。



大学病院では、まず診察券を作るところから始めなければ
いけませんから、予約時間の45分前に行き、医療連携室
(紹介状アリな初診者)の窓口に並び、待つこと25分ほどで
手続きが終わり、ようやく小児外科の診察室前の廊下に移動
しました。

診察室に呼ばれたのが、予約時間の15分後。
診察室から出て、次回の予約やら、お手洗いやら済ませて
病院を出たのが、予約時間の40分後。

何事も時間がかかりますが、40分なら、まぁ許容範囲でしょう

診察内容は、とりたてて、医療行為?といったものでもなく、
出べそをスポンジで圧迫して、テガタームという透明テープで
止めるやり方を先生から教わりました。

テガタームは、病院の売店で一枚189円ほど。
蒸れにくく、かぶれにくい医療テープだそうですが、肌に合わない方も
いるそうなので、また2週間後、お肌のコンディション確認のため
大学病院を再訪することになってます。

待ち時間をなるべく短くするべく、朝イチのアポを入れました



待っている時間は、抱っこ紐の中で次男が寝ていたので、ひたすら
ポッドキャスト時間

前回の育児休暇中は、ポッドキャストを導入していなかったので、
家でとっている新聞を読んだりYahooのヘッドラインを追いかけるくらい
でしたが、今回はポッドキャストで、海外放送局や海外高級紙の
ニュースを毎日オーディオで聞いてますので、スキマ時間の
使い方が劇的に違います




☆この間図書館で借りて、試作したいお料理ばかりだったので
 買いました☆
 ベジタリアンレシピも好きですが、わたくし自身ベジタリアンではないので
 お肉レシピも欲しいな、と思っていたところ、このお料理本は
 お野菜たぁっぷり+お肉は少し、という分量で、○○の素や
 コンソメキューブを使わず、シンプルな調味料で味付けされている
 ので、わたくし好み。
 わたくしの料理は、煮物か煮魚か焼き魚か、というくらいワンパターンに
 なりがちなので、育児休暇中に、我が家の定番料理を増やしたいです。



☆1年ぶりに、「産休・育休中育児」カテゴリーに戻ってきました!!☆
 2度目の育休を存分に満喫したいと思ってまーす。
 引き続きよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ポッドキャスト ベジタリアン 臍ヘルニア
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 今週のネットショッピング | トップ | 「きょうもおいしい野菜丼100」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む