もしも君の側に居たら

もしも君の側に居たら

これまでの脱毛は「ニードル法」といわれる針で毛穴を

2016-10-19 19:36:26 | 日記
これまでの脱毛は、「ニードル法」といわれる針で毛穴を刺激するものなど、痛みを感じるものが多くありました。

ですが、今時の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれるものです。



個人差がありますが、フラッシュ脱毛ならば少々ちくっとするくらいで、あまり痛みを感じずに終わります。
ただ、Vラインなどの毛が密な部分はちょっと痛みが強くなります。エターナルラビリンスは良いのだけど、次の予約をとるのが難しいというデメリットもあるようですが、集客のための広告にかける費用を抑える分、顧客にコストを転嫁することがないため、低価格で現在の脱毛効果を提供できているため、安心できるとの評判もあります。


人や店舗によるアタリハズレはあることですが、お店によってはプランニング時に少し強引だったり、(忙しいから?)雑な態度のスタッフなど、不満を感じているユーザーもいるみたいです。プラスの面を評価するならリンクスの店舗の、高級店に匹敵する内装でしょうか。

その割に安価な価格で全身脱毛ができますから、費用対効果を考えればトータルですばらしいと評価している人もいます。



自分で脱毛器ケノンを使って処理するメリットというと、別の処理方法よりも満足できる仕上がりだし、脱毛サロンなどと比べてみると費用をかけずに済むことでしょう。



また、自分で暇な時に自己処理できるということも、メリットではないでしょうか。

最初に購入費用がかかりますし、交換用カートリッジを購入しなければならない商品も多いですが、全身脱毛するなら脱毛サロンほど費用はかかりません。
体の複数の場所を脱毛したいと望んでいる方々の中には、脱毛エステをいくつも使っている方が何人もいます。



一箇所のエステですべて脱毛するよりも、費用が少なくて済むことも多いためです。

それでも、掛け持ちの面倒くささは無視できませんし、お金の節約になると限ったわけでもありません。価格や脱毛効果の比較検討は充分に行い、失敗のない掛け持ちを目指しましょう。



実際のところ、脱毛エステの痛みはどうかというと、痛さは気にならないことが多いと思います。
比喩としてよく用いられるのは、肌を輪ゴムでパチンとはじいた時の痛みと近いと言われます。



一方で、脱毛するエリアが異なると痛覚にも違いがありますし、人によって、痛みに強い、もしくは弱いといった違いがあります。契約をかわす前にトライアルメニューなどをお願いしてみて、耐えられそうな痛みか確かめてください。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱毛サロンを色々と渡り歩い... | トップ | このあいだ脱毛サロンの特集... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL