香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

リーチ先生

2016-11-06 20:02:10 | 本のこと
原田マハさんの
『リーチ先生』



西洋と東洋の芸術を融合し、
新しい陶芸の世界を切り拓いた
イギリス人陶芸家バーナード・リーチ。
日本を愛し日本に愛されたその半生を
二代にわたり弟子となった名も無き父子の視点から描く感動長編。


マハさんの小説の中では一番分厚いと思う
今回は、バーナード・リーチという実在の陶芸家が
明治の末、日本語も話せず、ただただ情熱を持って来日
そこで知り合う、大切な人たち
名もなき人も、高村光太郎、武者小路実篤、岸田劉生など
誰もが知っている芸術家の方々も、
たくさんの出来事と勇気を持って進んでいく様子で
フィクションもたくさんあるんだろうけどちょっと伝記っぽい
感動というより、ああ、よかったと安心する感じ
長いので、少しだけ飽きてしまう部分も正直あったな



今日の札幌大通
昨日から雪は降っていたのだけど、
昨日はまだ夏靴で走れたんだよね
(靴はビチョビチョになったけど
それが、今朝、起きたら積雪、積もっている 11月なのに
これは、でも、根雪にはならないよね、ね、ね



午後からの仕事のために、早めに家を出て
丸美珈琲で勉強
久しぶりの勉強なので、なかなか大変だけど
幾つになっても、勉強できるって幸せだな



仕事というか研修が終わって、遅いお昼は
エスでじゃらんとコラボメニュー
美人になるラムキーマカレーセット
きっと、ちょっとだけ美人になったと思う
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神さまたちの遊ぶ庭 | トップ | おかやまマラソン2016 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なってるなってる〜♪ (よすえ)
2016-11-06 21:29:37
美人さん✨
ラムキーマカレー、すっごくおいしそう〜
食べたいなぁ。美人仲間になりたいよ〜

本屋さんで「青春と読書」で、このマハさんの
インタビュー記事、ちらっと見たよ。
なるほど、なるほど。

驚くような雪景色だね。
きーんと冷たい空気のなか、お勉強と
おいしいコーヒーと。
大変ななかに幸せ感じるのが、とても素敵です


早く雪が溶けるといいね〜。
どんなお天気でも、ぽかぽかな気分で
明日からもがんばりましょっ!!
よすえさん (香)
2016-11-06 22:13:51
コメントありがとう❗️

ラムキーマカレー、美味しいよ
肉肉しく、野菜もちゃんととれて
何と言っても美人になるから

リーチ先生、亀ちゃん、と呼び合う二人
いいなぁと思いましたよ
ネタバレになるから、詳しくはかけないけど
切ない事柄もあって、いま思い返していました

根雪にはならない!と信じております
そちらも寒くなってきてるでしょう
お互いに、体に気をつけようね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。