香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

世界の果ての通学路

2014-05-22 22:13:48 | 映画のこと
レディースデぃの今日、
仕事を早々に切り上げて映画を見てきました
『世界の果ての通学路』

公式HPは → こちらです


ケニアと


モロッコと


アルゼンチンと


インドの子供たち

それぞれが学校から遠い所に住んでいて
徒歩で片道2時間を妹と二人で
毎週月曜日に友達と4時間の山越え
妹と馬で1時間以上の山道
そして、弟たちに車椅子を押してもらいながらの通勤

子供たちはみな、家族の中では
ちゃんとした働き手
通勤している道は絶景です
道と言ってしまうには険し過ぎる道々です
象に襲われそうになったり
車椅子のタイヤがはずれたり
一筋縄ではいかない毎日、毎週の通勤
やっと学校に着いた時の子供たちの顔が
本当に輝いてうれしそうで、涙がでそうになりました

将来の目標をちゃんと持って
一生懸命に生きている姿に
月並みですが、元気をもらいました
いい映画だったなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつか読書する日

2014-04-22 21:52:50 | 映画のこと
映画のタイトルなのです
Huluで偶然みつけた
2005年の映画『いつか読書する日』



朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の
独身女性・美奈子(田中裕子)。
彼女の楽しみは想いを寄せる
同級生・槐多(岸部一徳)に
毎朝、牛乳を届けることだった。


香川照之さんが、田中裕子こと美奈子が勤める
スーパーの店長なんだけど
めっちゃくちゃ嫌な奴なんですよ
ああいう、小さな自尊心だけ大切にして
人を傷つけることが平気な奴は大嫌いだと叫ぶ
地道に静かに生活をしてきた美奈子と
桃多の奥さんの仁科明子との関わりが辛過ぎました
静かに暮らすことにだって、波風はたつよね
心の機微を表に出さないで淡々と働く美奈子が
なんだか切なくて、涙が出そうになる
仁科明子演じる妻の心情も、切な過ぎて
最後はもう残酷としか思えない結末で
一生懸命生きている人のおかしさが
静かに切なく表現されていて
不思議な気持ちとなっています

なんでわたし、この映画を見ようとおもったのかというと
やっぱり、「読書」の言葉なんですよね
美奈子の部屋のたくさんの蔵書を見る
桃多の顔を見て、ちょっと自分の部屋を見返してしまいました
ひとりになってどうすると聞かれて
「本でも読みます」と応える美奈子・・・
気持ち、とてもわかりますとうなずいておりました

    

100年前の大正3年4月20日から
当時の名前は東京朝日新聞で
夏目漱石の新聞小説が掲載されたそうです
100年記念で、今月20日から
同じように夏目漱石の「こころ」が
朝日新聞に掲載されることになり、読んでいます



夏目漱石を始めて読んだのは高校生のとき
わたしは、子供の頃から本は好きでしたが
のめり込んだのは高校生の時でした
夏目漱石、太宰治、フランソワーズ・サガン、
アガサ・クリスティー、さとうさとる
お気に入りの作家さんの文庫本をお小遣いの中から
少しづつ買って、何度も読みました
初めて読んだ夏目漱石作品はやっぱり「こころ」だったな
なんて、懐かしく思い出しながら
そして、100年前って明治じゃないんだ
大正なんだねぇ~と思いながら読んでいます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風立ちぬ

2013-07-25 22:49:26 | 映画のこと
レディースディの今日、『風立ちぬ』見てきました


横にいたお姉さまたち軍団は、
「寝ちゃったわ~」と言ってましたが
わたしは、泣きました 静かに、ぽろっと
大人のジブリという感じがしました
関東大震災、太平洋戦争、見るのがつらい時代ですが
なんだか、今の時代にも似ているようなやるせなさを感じます
そして菜穂子の結核・・・
愛する気持ちの強さと清さが、胸に痛かったです
二郎と菜穂子の初めてのキスシーンはドキドキ

「きれいな姿だけみせたかったのね」
「生きてね」
この言葉で、一気に涙があふれました
わたしは、いいなぁ 好きだなぁと思う映画です
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせのパン

2012-12-09 21:32:05 | 映画のこと
大泉洋ちゃん、原田知世さん主演の
『しあわせのパン』

 洞爺湖のほとりにある月浦町の
 パンカフェから届いたとある一年の物語。


昨日の夜遅く、WOWOWで放映されて、
ちょっと眠れない夜を過ごしていたわたしは
どっぷりと世界にひたりました
月浦町の美しい風景は、今年の春に実際に目にしたけれど
映像で見る風景も本当に美しくって
特に、満月と大きな空は、忘れられない感じです
ストーリーは、大人のファンタジーのようで
最初から最後まで、とにかく美しくやさしく暖かい雰囲気
洋ちゃんが作るパン、原田知世さんの作るお料理のおいしそうなこと
夜中に見たので、おなかがキュルキュルなっちゃって
それだけがつらかった
ほんわかしたやさしい映画でした

昨日の午後から、ずっと雪が降り続いていた札幌です
今日の午前中は、雪はあがっていたので、北大までゆっくり走ってきました
雪道は、足をとられて重くて疲れますね~

北大の銀杏並木はこんな感じになりましたよん
たくさんの人が走っていたので、北大の中の直線道路を3往復
ちょっと頑張っちゃった

昨日、いただいた可愛い花かご

本物のお花なのに、お水をあげなくても大丈夫なように
何かを施しているらしい。。。です
かわいいなぁと思って、今日の午後を過ごしておりました
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

のぼうの城

2012-11-04 19:12:17 | 映画のこと
映画のぼうの城見てきました

小説は読んでいて、とても好きだったし (その時のブログ
だ、だ、大好きな(あ、ヨダレが)野村萬斎さんの主演
これは見に行かねば とジタバタ

おもしろかった 笑った ドキドキした
野村萬斎さんの、のぼうさま役はやっぱりぴったりですね~
佐藤浩市さんも、成宮くんも、ぐっさんも、榮倉奈々ちゃんも
あの小説の役にぴったりで、時代劇っぽい難しいことはなく
とても楽しめちゃう映画でした
ナレーションが、淡々としていていいなぁと思っていたら
なんと、TBSアナウンサーの安住紳一郎さんだった
撮影も、北海道の苫小牧などで多くされたようで、
勝手になんとなくの縁を感じてしまいました

うちのパソコン、購入して3年半のマックくん
まだまだ買い替えるつもりはないし、サクサクと動きは順調
BOOT CAMPでウインドウズも使えるので、仕事もできるしと
とってもいいこなんだけど、
APPストアでの商品を見ることが出来なかったり
なんといっても、GARMINのプログラムを入れることが出来なくて
買ってから一度もバージョンアップしていないからかなぁと思い
今日、アップルストアで相談してきたら
アップルではバージョンが3進んでしまったら、
もうセキュリティ保証が切れてしまい、
ネットなども危険になるという
うちのマックくん5.8、今は8まで出ているということは・・・
いまはまだ大丈夫だけど、時間の問題だというので
すぐに、手配して今週中にバージョンアップ予定です
そして、買ってそろそろ2年くらい経つかなぁと思って
2年メンテナンス契約していたiPodを見てもらったら
「あ、契約が今日までですね~ バッテリー交換しておきましょう」と
同じ機種のあたらしいものと買えてくれました
パソコン周りのものについては、あまりのんびりと構えていてはいけない
と、とても反省しました

反省しながらも、映画まで時間があったので
雪道用のランニングシューズを買ってきました

あまり種類がなく、サイズもあとひとつだけだった
でも、ファイターズ感動をありがとうセールをしていたので
ちょっとだけお安くしてもらえてラッキー
これで、雪道も練習しなくちゃね~
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ツナグ

2012-10-22 19:53:57 | 映画のこと
土曜日に見てきました映画『ツナグ』

たった一人と一度だけ、
   死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい。

 半信半疑で以来をしてくる人たちの前に現れる使者は、
 ごく普通の高校生・歩だった。横柄な態度で、癌で亡
 くなった母・ツルに会うことを希望する中年男性・畠
 田。喧嘩別れをしたまま自転車事故で死んでしまった
 親友・御薗に聞きたいことがある女子高生・嵐。プロ
 ボーズ直後に突然失踪した恋人・キラリのことを信じ
 て待ち続けているサラリーマン・土谷。


樹木希林さんの存在感がすごかったです
彼女にしかこの不思議な役は出来ないのではないかなと思いました
思っていた異常にちょっとファンタジーな出来で、
見ながら少し覚めてしまうところもありましたが
ベタで切ないお話満載なので、涙もろいわたしは泣きました
劇場は前の席までいっぱいで、年齢層の幅が広かったです
終わって、周りを見て思ったのは
お年を召した方々は、淡々としていましたが、
若い女の子たちは号泣していたようでしたよ

土曜日は、朝はとってもいい天気
すごく気持ちよく走っていたのに
映画に出かける頃には結構な雨が降ってきました
雨の中、歩いていたら、グレーの世界にパッと明るい色が目に入ってきて

うちのまわりの一軒家のお庭は、きれいな花がたくさんでした

夜は、実家に寄って、たくさんの果物をもらって帰ってきました

ごちそうさまです

今日も、22時頃オリオン座流星群が見られるらしいですね
暖かくして、空を見上げてみましょうかね
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡

2012-05-30 22:59:46 | 映画のこと
WOWOWで放送された2011年の映画
  『奇跡』見ました

『誰も知らない』の是枝裕和監督が、再び子供たちの視点で
 日本の家族を問う。両親の離婚を経験し、離れ離れに暮す
 兄弟が、小さな反逆を企てながら、成長するまでの物語。
 福岡と鹿児島は、幼い兄弟にとっては遠い町。鹿児島に引
 っ越してきた兄・航一は、火山灰の中で人間が暮す意味が
 分からない。唯一の理解者である筈の弟も少しずつ自分か
 ら離れていくようで、航一は“奇跡”に夢中になるのだった


これという劇的な出来事はおこらず、自然な淡々とした映画で
それがとても心地好かった
オダギリジョー、大塚寧々ちゃん、夏川結衣さん
樹木希林さん、橋爪功さん、阿部ちゃんに長澤まさみちゃん
出ている人たちがぴったりで、やさしくあたたかくって
そして、なんといってもまえだまえだ兄弟と子役の子たちの
表情や言葉がよかったーーー
とても好きになった映画です

今日は天気予報がすっかりはずれて、朝は霧雨が降っていました
ちゃんと早起きしたのだけど、ジョグは休んで読書の朝
通勤中に咲いていたこれは芍薬でしょうか、きれいだった
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

阪急電車

2012-05-05 23:31:11 | 映画のこと
テレビ放送、映画『阪急電車』


有川浩さんの小説もとても好きだったけど
映画もいいですね~
配役を知った時から、中谷美紀さんいいと思っていて
他の俳優さんたちも、とても良かったのだけど
自分的に意外によかったのが、芦田愛菜ちゃん
バラエティに出ている子役って、あまり好感が持てなくって
(なんといっても、心の狭い女ですから
特に愛菜ちゃんは、なんか露出多すぎじゃない?
なんて思っていたけど(チキンラーメンCMは好き
この映画での、年相応のちょっとわがままで
おしゃまなところがぴったりで可愛かった
神戸へは何度か行ったことがあるけれど
西宮から宝塚駅への阪急電車へは乗らなかったことが
とっても残念に思います
阪神電鉄の「香櫨園駅」から夙川、苦楽園へと
ずっとひとりで歩いたことがあって
その時の風景を懐かしく思い出しながらも見たりして
原作自体が、映画になりそうとうい感じだったから
とっても楽しめました
「三匹のおっさん」も映画化されないかなぁ

今日は1時過ぎにやっと雨がやんだので
雨上がりの澄んだ空気の中、走ってきました

満開の桜の樹の下

函館本線高架下の桜は少し散り始めていました
北大の中をちょっとぐるぐると廻って
いつもより少し長く、1時間ちょっと走れたので
気持ちよかった~

帰りは、バルコニーで育てたいハーブを購入

パイナップルセージ、アップルミント、ワイルドストロベリー

チェリーセイジは室内で越冬できるそう
もう少ししたら、トマトとか枝豆とかも植えたいな
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マーガレット・サッチャー

2012-05-03 22:48:53 | 映画のこと
久し振りに映画館で映画を見て来ました
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

内容は、説明するまでもないですよね
メリル・ストリープは好きな女優さんなので楽しみでした
評判通り、本物のサッチャー元首相そのもののようで
首相時代、ご主人に先立たれてひとりになったマーガレットと
すごいな・・・と感心してしまいましたが
ストーリーというか、なんちゅうか、映画館で見なくても良かったかな
GW中ということもあり、JRも激混みでしたが
映画館の混み具合といったら、もうもうすごかった
そんな中、見に行かなくてもよかったかな
WOWOWで録りためている映画とか見とけばよかったかな(しつこい
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

グッドモーニング・プレジデント

2012-03-25 23:03:39 | 映画のこと
韓国映画『グッドモーニング・プレジデント』


めっちゃ、面白かったです
韓国の3代に渡る大統領のお話
大統領だって人間、みんなと同じような苦労があるのです
狡い所だって、恋する心だって、弱い部分もあるのです
でもでも、志をもって国民のために
大統領をやっている責任感があるのです
コメディなんだけど、切なくって、素敵
今の日本で政治家の方をこんな風に映画にしちゃう
ユーモアも余裕もないのかなと思うと、現実つらいと思っちゃう
そして、韓国のことがとてもいいなと思っちゃう
わたしは、大好きな映画です

今日は、わたしの仕事の上での師匠といいたいNさんの奥さんで
わたしはお友達と思っているYukoさんの還暦のお祝いをさせてもらいました
E師匠とPuちゃんの計らいでサプライズで
NさんとYukoさんいきつけの居酒屋さんで待ち伏せ(Nさんの協力のもと
とってもよろこんでくれて、楽しく笑いがたっぷりの食事会となりました
ずっと、この縁を続けていけたらいいなぁと思っているのです
Yukoさんが「この年になってわかること、楽しめることがたくさんあるの
だから、年をとることをおそれないでね」と言ってくれたこと
すっごくYukoさんらしくって、とっても力強かったです


お祝いに持って行ったお花のアレンジ
Yukoさんの凛としたそしてやさしい雰囲気で作ってもらったのです

そして、パーティーにつきもののケーキは無く
Yukoさんが喜んでくれる筈とPuちゃん折り紙付きの

ひれステーキでお祝いをしたのでした~
ああ、楽しかった
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加