ようこそ我が家へ! ルース&のあ

放棄されて失われかけた小さな命たち。その成長の記録です。

熟年期を迎えて。

2017-06-17 00:02:32 | 我が家の出来事

我家のワンズもいつの間にか10歳を過ぎ、人間で言うところの熟年期を迎えてきました。特に老化を感じるのが、保護犬として最初に来た「ルース」。現在11歳で、9月が来ると12歳になります。

2年ほど前から、散歩の運びが遅くなり、登り坂になると歩き方がトボトボした感じになってきました。
それともう一つ、聴覚が弱くなってきました。普通のトーンで呼んでも振り向かないことが多々あり、なんだかおかしいなぁと思っていましたら、どうやらあまり聞こえていない様子。他の子におやつを上げていても気付かずに、悠々と寝ていることも多くなりました。

マイペースなルースは、周囲の動きに合わせるという気が全く無くて、今日も一人庭で寝ています。


雑草のベッドで気持ちよさそうに寝ています。





寝顔の可愛さは変わらないのですが。



陽射しが気持ちいいのでしょうか。かなり暑いんですけどね(笑)。





こちらは踊(よう)です。この子は成犬で愛護センターに保護されたので、はっきりした年齢は解りません。たぶん12~13歳ぐらいではないでしょうか。でも、この寝方は全く仔犬のようです。





余りに愛くるしいので抱きしめたくなりますが、急に近づいて抱きしめようものなら、痛いお返しが待っています(笑)。





この子は犬同士のように、かなり丁寧に挨拶を交わさないと触らせてもらえません。





こちらは友人のチャックパパの娘、「アンジー」です。もうほとんどここが第二の家だと思っていて、帰るのを嫌がります。私帰らないわよ!と言わんばかりに睨むアンジーちゃん。





ちょっと以前の画像ですが、草むしりをするお母さんの傍にはべるのっちです。お母さん子で、いつもそばにいます。

 

 

■我家にあるお花のアトリエGraceのショッピングサイトです。

ぜひご覧ください(リンクフリー)

■ワンコ4匹と暮らすシンガーソングライター 福田典之 渾身の一曲
 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いこちゃん便り。 | トップ | 7年ぶりの小旅行。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。