Nowhere Man

写真の発表の場としてブログを始めました。
何か感想を頂けますと励みになります。

時代は巡る

2017-05-14 | 日記



JIIFがギターの多弦化に伴い
ベースの魅力に取り憑かれたらしい
ハイブリッドピッキング辺りからその兆候が出始めていた
そんなこんなでのスタジオであった
初めて本格的なベースに取り組むべくレンタルをしてみた
真のベースの音を体感してみたかったのだろう
一方私はカッティングの魅力に心酔しており
これを極めるべく日々練習を重ねていた
そしていざ本番を迎えた訳である

写真を見ても分かる通り、これがすこぶる上手く行った
タヘレスの方向性がかなり見えてきた感があり
二人共かなり楽しくセッションを終える事が出来た

そして冷静に考えてみると面白い事が浮かんでくる
カッティングにメロディアスなベースの調べ
メロディとリズムが逆転するこのシステムは
何処かで聴いた覚えがあるのだ

RUSHではない!あそこは元々がギターバンド
ギターのソロは案外多いのだ
おざなり程度のソロで後は殆どカッティング
そして抑揚豊かなベースを持ったバンドが一つ浮かんできた
そうか時代は巡るんだな



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 儚い故に美しい | トップ | 癒し(卑しいではない!) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む