gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

Mamie のフランス留学日記 トールの素敵なお宅

2017-04-05 20:12:52 | 日記
色々な事があり過ぎて書ききれませんが、取り敢えず、最新の事を書きます。

今日は日仏協会のお料理教室に参加。
私はけんちん汁を作りました。
この事は、又次の機会に。

お料理教室の後、春祭りの着付けデモンストレーションでお手伝い頂いた日本人マダムのお宅に伺いました。
彼女のご主人は、馬を描く画家で、日本人でらっしゃいますが、長くトールの隣町サンシールにお住まいで( 実は、日仏協会も正確にはサンシールの日仏協会です)、数年前にご主人は亡くなられたそうです。
ご主人が亡くなられてから、マダムお一人で大きなお家に住まれているので、訪ねて行くと喜んで下さると言うので伺いました。


部屋中、至る所にご主人の描かれた馬の絵があります。
躍動感あふれた素敵な絵です。

お家はとても広くて、とても綺麗にしていらして、夢の様なお宅でした。
庭には、サクランボのなる桜の木、洋梨の木などがあり窓からみる景色は、まるで絵画の様です。


マダムはお料理もお上手な様で、抹茶のケーキを作って下さってました。



ジノリの器で頂く素敵なティータイム‼️
夢の様な気持です。

しばし、フランス人談義。
私がホームステイ先のマダムの対向車のムッシュとの戦いの話をすると、もう一人いらしてた日本人の女性も、分かる分かる、と大受け。フランス人は、兎に角他人に謝らない、議論で打ちまかしたい、何があっても自分の主張を決して曲げない、と言う事で意見が一致。大変な人達ですよね~となりました。
ここのお宅のマダムは、フランスに住んで20年あまり、色々な経験をされたそうです。散々、フランス人の嫌な所を言い合った後、でも、良いところもありますよね、となりました。

それは、自分自身きちっとしていない分、融通が利く。臨機応変がきく。日本だったら、まず案を練って、何々会にかけて根回しして、、、と言う所を、その場でサッと変更するし、突然変わっても文句は言わない。その場その場に適した動きを選んで行く。

日本とフランスって、本当に違うなあと思いますが、フランス人も、美的意識が高く、色々節約していても、良いものは良いとその価値を認め、そこにはお金を惜しまない。などと、話がもりあがりました。

お二人共とても感じの良い方で、とても楽しい時間を過ごしました。
その後、又着付けをお教えして、次回はみんなで着物を着て出かけましょうとお約束してきました。

次回?
そう、もう次回を考えてます。
トールには、日仏協会の方のお陰で、色々な方とご縁が出来ました。
外国と言うより、年に何回かは訪ねる街、になりつつあります。

又、是非こちらの素敵なマダムとご一緒したいと思います(*^_^*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mamieのフランス留学日記 レ... | トップ | Mamieのフランス留学日記 ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。