幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

見たい映画

2016-10-29 06:29:37 | 映画

コメント欄は閉じておきます。

この秋に見たい映画です。

25日のNHK の「クローズアップ現代」は村山聖(さとし)さんのことでした。

「聖の青春」に村山聖役で出演した松山ケンイチは、次のように語っています。

 

「混じり気がない純粋さ。そういうのを村山さんに感じる。

自分が本気になれないで、がむしゃらに動いている人を

馬鹿にしているような人は、ぶん殴られるような。

男として格好いい。それに尽きますね。」

 

「聖の青春」

 難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった

棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、

松山ケンイチ主演により映画化。幼い頃から腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、

入退院を繰り返した村山聖は、入院中に何気なく父から勧められた

将棋に心を奪われる。師匠との出会い、そしてプロ棋士として羽生善治ら

同世代のライバル棋士たちと死闘を繰り広げ、まさに命を削りながら将棋を指した

村山聖の壮絶な一生が描かれる。

羽生善治とは「東の羽生、西の村山」と並び称された村山を演じる松山は、

役作りのため20キロ以上も重増。羽生役には東出昌大が扮した。

~~~

「手紙は憶えている」

ナチスを題材にした映画は見たくないのですが、解説に書いてあるように

ちょっと違った映画のようです。

どんでん返しがあるというのが、私にはポイントです。

県内でも2ヶ所でしか上映されないのですが、見に行きたいと思っています。

 

本作が脚本家デビューとなるベンジャミン・オーガストは、

これまでのホロコーストを題材にした映画とは全く違うアプローチで

物語を作り上げた。描かれる舞台は現代のみで、

1通の手紙をきっかけに70年前の事件が動き出す。

だがゼヴは認知症の瀬戸際におり、

記憶は目覚める度に消えたり戻ったりを繰り返す。

復讐の旅は次々に新事実を浮かび上がらせ、

決して予想の付かない驚愕の結末へと向かう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書道人口は減っているそうです | トップ | 「運命に、似た恋」@閃きま... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む