幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

「NHK俳句」を見てみました

2017-04-22 00:07:37 | 俳句の練習

「NHK俳句」を録画していますが、10位、溜まったままで、幾つか見てみました。

3月は年間大賞が選ばれていました。

選者: 正木ゆう子 俳人

あたたかなものから食べる寒さかな

 

多くの投句の中で、最もシンプルな句。言葉もシンプルで、想いも素直で素朴で

飾り気がない。その通りに言っている。

選者: 堀本裕樹 俳人

黒葡萄一粒青く残りけり

 

一粒の葡萄に、よく焦点を絞った。叙情的で屈折した美しさがある。

 

なっちゃん先生が選ばれたのは、破調で、高度な感じでした。

先生も驚いていた句でした。

~~~

俳句の俳は俳優の俳。フィクション、それは適度なスパイス。  高柳克弘 俳人

俳諧: 

俳は、滑稽の意味もあるそうです。 

は、たわむれ、心を和ませる。

 

俳句も川柳のようにユーモアもあった方が楽しい句になりますね。

17文字に収めるでけで、精いっぱいですが、スパイスを加えられたらいい~。

「NHK俳句」は、いつも見ていると、たぶん、良い句が作れるのでしょうね。

分かったような気になり見ていましたが、練習しなければ意味がないですね~。

フィクションを作ってみたいけれど、何をどうしたらいいのか・・・

 

俳句の先生からの伝言がありました。

6月の勉強会には夏の季語入りの俳句をいくつか自由に作っていく。

必ずしも写真に拘らなくてもよいとのこと。この場合、

後日、俳句に沿った(イメージの)写真を撮影する楽しみが生れると思います。

そうすると写真⇒俳句/俳句⇒写真・・・というふうに

新しい映像詩の世界がひろがることでしょう。

 

本来は最近写した写真に俳句を付けるという流れでしたが

思うような写真も撮れず、どうしようかと思っていました。

これも良いと感じました。

何でもいいので、俳句をいくつか作りたいです・・・

 

ジャンル:
習い事
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やすらぎの郷」は安らぐこ... | トップ | 世界フィギアで一句!? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発送の豊かさ (アガサ)
2017-04-22 14:43:22
身近なことばで日常の一瞬をとらえた句ですね。
写真と共通するところがあるように思います。
写真俳句のお教室も今後が楽しみですね。
うちの近くにもそのような教室があるといいのに。
アガサさんへ (るり)
2017-04-22 16:30:46
俳句と写真の先生は、引き算ということで、共通していると話されていました。
写真俳句の教室は、初心者ばかりなので、たぶん先生も教え甲斐がると思います!?
ふたつを教えてくれる教室はあまり無いかもしれませんね。
行政センターの担当者が熱心な方で、その方が押し進めてくれました。
ユーモアも (keito2)
2017-04-22 19:41:44
ふっと笑顔になれるような句もいいですね。
川柳って笑えるのが楽しいですよね。でも作るのは難しい
一つ目の句、好きです
写真と俳句の教室、そんなのがあったら行きたいです。
keito2 さんへ (るり)
2017-04-22 21:14:25
ユーモアのある句っていいですね。一茶の句は笑顔になれるようなのも多いような気がします。
句でなくても日常でユーモアのある暮らしがいいですね^^
写真、俳句と別々の教室はありますが、一緒というのは。あまり無いようですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む