幸せアップ+α

ニュースの感想など!

俳句の練習4

2016-10-14 07:21:28 | 俳句の練習

ノーベル文学賞はボブ・ディランが受賞しましたね。

日本では村上春樹にと、毎年ファンが待っていますが、これからでしょうか?

どこかで、こんなことを聞きました。

(ノーベル)文学賞が秋の季語になりそうだと。

 

俳句入門書から:

素直な心で周囲を観察する

① 日頃から物事をよく見る

② 子どものような素直な感覚をわすれない

小さな発見でも、こまめにメモをとること。

 

抽象的な句より具体的な句を

 

鶏頭の十四五本もありぬべし   正岡子規

「十四五本」と描き切ることで、目にも鮮やかな赤色を浮かび上がらせている。

~~~

今回はブログを題材に句を考えました。

私の句の季語は時候しか使っていない。これは、万人向きだと思う。

 

秋惜しむブログ楽しく歳とらず → 秋惜しむブログ読み書き若がえる

 

これを読むと、とっても年寄りのようですね・・・

もう少し展開できたら良いのですが、アイディアをお願いします。

ここに、俳句がまとめてあります。

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラスメートの良い所さがし... | トップ | 10月から俳句を始めました。... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も作っています~ (アガサ)
2016-10-14 07:39:50
こちらを開いたら、同じ時間にパソコンに向かっていますね~。
私も、昨日の句をお直ししました。
意味が分からなくなったかもしれません。
アイディア募集中でしたので、私が思いついたのは・・・
行く秋に日々をとどめるブログかな
もっと楽しそうに出来そうですよね。
アガサさんへ (るり)
2016-10-14 08:26:50
ありがとうございます。
行く秋を、秋惜しむの季語に変えました。
前回も、行く秋を使ったので。←使いやすい!?
私の句は「年齢」にこだわっていますね
るりさんのほうがいいのでは? (アガサ)
2016-10-14 12:49:24
私のアイディアより、るりさんの最初の句のほうが楽しい毎日を想像できるので、そちらの方がいいと思います。
日々をとどめるのほうが年寄り臭い気がします。
楽しい~ (keito2)
2016-10-14 19:15:56
私、俳句の題材探しのため、歩いていてもきょろきょろしたり空を見上げたりとキケンです(^_^;)
でも、それがまた楽しいです♪
アガサさんのタイマーやるりさんのブログまで、題材は身近なところにゴロゴロありそうですね。

私は、「歳とらず」がいいかなて思います。
アガサさんへ (るり)
2016-10-14 20:08:22
kieto2 さんも、年取らずの方と言ってくれていますので、そちらにします。
身の回りの物事を俳句にできるといいですね^^
keito2 さんへ (るり)
2016-10-14 20:15:12
すこし、かじっただけですが、できると楽しいですね。
1人だと、長続きしないかもしれないですね。刺激を受けて上達するのでしょうね。
題材が見つかると、季語を入れて何とかできますね。
ピッタリの季語というのも難しいけれど。
「年取らず」で行きます~♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む