幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

進次郎さん/上地市長の挨拶

2017-06-28 17:30:47 | 政治

コメント欄は閉じておきます

 

横須賀市長選挙で、上地氏の当選直後の挨拶をユーチューブで見てみました。

まず進次郎さん、そして上地氏の挨拶。

進次郎さんの挨拶は、いつも通り周りに気配りがあり、それを自然にできるのですね。

吉田陣営(元市長)にもエールを送っていました。

そして進次郎さんは、この選挙で上地さんの成長ぶりに驚いたと。

はじめ早口で何を言っているのかわからなかったけれど~。

(個人演説会で、私もそう感じた。進次郎さんの話は間もいいし、

明瞭なので余計に、それを感じた)

この勝利の礎を築いてくれたのは広川さんと話していました。

この席に来られていないけれど、それは広川さんらしいと言っていました。

(※ 広川さんは、4年前に市長選挙に立候補して落選した。

とても真面目で控えめな人。パフォーマンス・ゼロ。進次郎さんが今回同様に応援した)

これを聞いて涙がでそうになった。4年前も私は彼を応援していた。

進次郎さんは泣かないと思ったけれど・・・、前回は悔し涙、今回は歓喜の涙!

さあ、仕事に取りかかろうと、話を結ばれていました。

《 A.トインビー博士(歴史学者)のモットーは、「さあ、仕事を続けよう!」 》

 

上地新市長の話は、命をかけて復活させていきたい。← 一言でまとめました。

彼の選挙公報に書かれていた言葉:

《人生の危機に、見放さず救ってくれた、一人の友人を見習って

横須賀を「誰も一人にしない町」にしたい。》

参院議員: 「横須賀に夜明けが来た~」

明治維新のようになっています!?

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべてを言わない・・・ | トップ | 都議選も直ぐ、世界の東京! »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事