幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

俳句→ ハードルが上がった!?

2017-04-05 18:25:52 | 俳句の練習

コメント欄は閉じておきます。

月一回の写真&俳句教室へ行きました。

メンバーはそれぞれ1~4枚の写真に俳句を考えて来た。

ホワイト・ボードに写真を貼り、メンバーに見えるように俳句を書きます。

それを先生が、こうした方がいいでしょうと、いろいろとアドバイスしてくれる。

私は忙しかったので3月にブログにアップした海の写真を一枚だけしか持って行きませんでした。

ビックリしました。私の俳句は「直すところがない」と褒められました。

 

帆をたたみ油壷まで春の磯

 

先生は、「春の磯~」と作るとイマイチになったけれど、最後にもってきたのが良かったと言われました。

もう一人、同じように褒められた人がいました。

先生は、皆の句を、なっちゃん先生のように直してくれました。

ほぼ、全員初心者です・・・

これは季語がありませんねとか、字余りの反対の字が足りないとかです。

字余りはありますが、字がたりないというのはない。

上五の字余りはOKだそうです。

季語だらけの俳句もありました。

花粉症、マスク、メジロなどが一句に入っていました。花粉症も季語なのですね。

メジロを愛鳥としました。愛猫、愛犬などは、近すぎるということで使わないようにと。

愛鳥はそれ程、近くないと。

孫娘という言葉が入った俳句があり、先生は乙女と直しました。

「孫俳句に名句なし」と言われているそうです。孫はあまりにも近いということらしい。

 

たまたま作った俳句が褒められてしまい、ハードルが上がってしまいました。

← ビギナーズ・ラックだったのでしょうね。

ブログ友と俳句をブログに書いて独学? 学んだとも言えないですが。

次回はどうしたらいいでしょう~。

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『PTAグランパ』とても面白い | トップ | シニアの心得は? »
最近の画像もっと見る

俳句の練習」カテゴリの最新記事