しろくまのいえ

しろくまのいえのまわりでおこるさまざまな出来事をつづってゆきます。

いかめしを食べて あわびを食べて…

2017-07-11 21:38:33 | おでかけ
レンタカーで今日の目的地 せたな町 に向かいます。
道の駅しきものに立ち寄ると、鮭とばの看板・・・

同じ敷地内に オニウシ公園 があり、ラベンダーが咲いていました。
北海道に来た感じがする〜香りもいい〜
オニウシ は、アイヌ語で「樹木の多くある所」の意味

鮭とば おいしそう・・・

この先、いかめしで有名な森駅で いかめし を食べる予定でしたが、
立ち寄った道の駅で、阿部本家ではない いかめし を食べてしまいました

レンジで温めた感じで ちょっと堅い?
断面をみてみると、イカの足も胴体の中に入っていました!

いかめしで有名な森駅に到着!

いかめし売ってました
これはお持ち帰り用で、出来立ての折に入ったのもあったようです。
今回は、ちょっとフライングで食べてしまったので・・・(反省)です。

森駅のすぐ裏は、海です!でも、駅の名前は、森なのですね。

森駅をあとに先を急ぎます。せたな町までは、約2時間・・・峠を越えて
日本海側に出なければなりませんから。

森駅でいかめし食べれなかったので、森町の昆布最中を買いました。

とても丁寧な包装に心が温まりました

雨が、ひどくなってきたけれど、先を急ぎます・・・

日本海側にでて間もなく、セイコマートで休憩 
クマが出没するのですね。これだけ自然が豊かなら当たり前だけど、
都ちゅうキタキツネにはあったけど、これ見なかったら、クマのことは思わなかったかも。

15時: 今日の宿泊場所に到着

海のそばなのに、山に囲まれた国民宿舎です。

わかりにくいけど、道のすぐ先は 日本海です 

早めについてチェックインした時に、宿の方から周辺のことを聞いて
車で散策してみることにしました。
雨が上がったので、海岸で日本海に入ってみた(足だけ) 

アーシング です
今更ながら、はだしで砂浜を歩くことのすばらしさを体感しました。
それも、日本海の砂浜で 素敵な時間を過ごしました 

なんだかすごい神社らしく、宿から車で30分位の所にありました。

立派な石の鳥居の 太田神社 です 

この階段なんですかー

そして、この階段を上った先にもつり橋のような橋というか崖を上って
拝殿に到着するそうです。テレビでも紹介されたようですが、アブやマムシ、クマも
でるかもしれないというところみたいなので、きちんとした装備と心構えをもって
お参りしないといけないようです。

宿に帰って源泉かけ流しの貝取潤(かいとりま)温泉に入って18時から夕食を食べました。
今回の旅の目的は、あわびの刺身、あわびの釜めし、あわびの踊食 を食べることですから・・・
こちらの宿は、夕食は部屋で食べられて、お酒などの持ち込みもOKなので
神社の帰りにセイコーマートでサッポロビールと北海道絞りと旭川市の日本酒を買って、のんびりおいしく食べました。

珍しい名前の貝取潤(かいとりま)温泉ですが、この温泉水を利用してこの宿のすぐ隣にある養殖場であわびをふやしているそうです。
養殖場といっても大きくなるまで育てるのではなく、小さなうちに海に戻して大きくするそうです。海に戻すといってもかごの中で
育てるのではなく、鮭とおなじように、自然のなかでほったらかしで育てて、大きくするそうです。なので、養殖とはいえ 自然なあわび
なのだそうです
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道新幹線に乗って あわび... | トップ | バニラエアで成田に帰ってき... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む