言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

森の妖精

2016年11月20日 | 日記その1



 私はまっすぐな心で相手の懐に飛び込んでいく性分だ。
 だから相手もまっすぐ来てくれる人が好きだ。
 そのままの心を言って、そのまま受け入れてくれる心地よさは何にも替えられない。
 ブログもその心で進みたい。
 皮肉も駆け引きもない世界。

 自然と向き合うとき、心がしんとして、澄んだ空気が胸の奥まで届いてくる。
 自然の移ろいを写真で見せてくれるブロガーさんがいる。
 それは詩を読むようである。
 森の木々が紅葉して、赤や黄の葉が散り敷かれた大地。
 落ち葉を踏みしめる音が聞こえてくるようだ。
 森の妖精が「こっちよ」とささやいているのが聞こえてきそうだ。


 うす靄(もや)のかかった山々。
 音のない世界に音が聞こえてくる不思議。

 心が清められる。
 冷たく澄んだ山の空気が身を包む。
 その日一日が清められて夜のとばりに消えていく。

 そんなことがブログにあるといい。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« おみやげ三つ | トップ | 尊重すること »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね。 (荒川三歩)
2016-11-20 07:39:20
私も素直に生きたいものです。
斜に構えてしまうのは、正面から受け止めて責任を負うことから逃げる、自己防衛の形態だと思います。
そんな生き方は孤独で寂しいですね。

昨日はお見舞いありがとうございました。
前を向きます。
荒川三歩さんへ(ありがとう) (ろこ)
2016-11-20 08:53:08
荒川三歩さんへ
 ありがとうございます。
 おっしゃる通りだと思います。
 お大事になさってくださいね。善意の印のはずが思わぬアクシデントを招いてしまいましたね。
 私も転んで足首捻挫してギプスしたことがあります。
ろこさん こんにちは (コアジサイ)
2016-11-20 16:04:40
自然と向き合うとき、心がしんとして、澄んだ空気が胸の奥まで届いてくる。
本当にそうですね。不思議と心がしずまって心が開いてきます。
そんな時自然からの 精霊からのメッセージが届くような気がしますが。
なんて素敵!!といつも素敵な画像で楽しませて頂いています♪
コアジサイさんへ(自然からの声) (ろこ)
2016-11-20 16:17:35
コアジサイさんへ
 こんにちは。
 コアジサイさんのブログでいつも生き返らせてもらっています。
 写真も文章も、記事を書く人の心の声が読者にも聞こえてくることがありますね。
 写真は一瞬にしてそれをしてくれます。
 コアジサイさんのブログは私の隠れ家です。
 私を一瞬にして森に住むオンディーヌにしてくれます。
 もうすっかり寒くなったのでしょうね。
 ストーブの煙が森の中を漂ってベールをかけているのが目に見えるようです。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。