言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

お盆の入り

2017年08月13日 | 日記その1


 8月15日は月遅れのお盆で、8月13日はお盆の入り。
 お盆の内容は多様ですが、一般的には、盆棚を設え、お墓参りに行って、先祖の霊を招くために迎え火を焚きます。
 夕暮れの頃、玄関前や門前でオガラを燃やす習わしがありますが、オガラとは麻の茎の皮をむいたもので、オガラの煙に乗って先祖がやってくるといわれています。まずは火を拝み、外から内へまたぐようにして家に入る風習もあります。
 ちなみにオガラの燃えさしをタンスに入れておくと、衣服に困らなくなるともいわれています。

 各地で、その家その家で習わしが違うのでしょう。
 皆様はどんなお盆でしょうか?

 お盆には、各地で様々なお盆の行事が行われますが、盆踊りもそのひとつ。
 単なる町内会のお祭りではありません。
 本来、盆踊りはお盆に帰ってきた先祖の霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事で、死者を供養する「念仏踊り」(自分で念仏を唱えながら踊る)が原型です。

 次第に念仏を唱える人と踊る人に役割が分化し、発展した「踊り念仏」が「盂蘭盆(うらぼん)」(お盆のこと)と結びつき、精霊を慰めて送り出すための行事になりました。
 今はお盆以外の時期に盆踊りを行うことがありますが、本来は旧暦7月15日の晩に盆踊りを行い、16日に精霊送りをしていました。

 16日は精霊送りです。
 送り火を焚いて、先祖の霊をお送りします。
 地域によっては海や川に送り火を流して精霊送りを行います。
 有名なところでは、長崎の「精霊流し」、奈良の「大文字送り火」が毎年8月15日。
 京都の「五山送り火」と「嵐山灯篭流し」、福井「敦賀とうろう流しと大花火大会」が毎年8月16日に行われています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラクダが転ぶ日 | トップ | ラムネの味は夏の味 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。