言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

妻の遺骨を飛行機内に持ち込んだ乗客への素敵な対応!

2017年07月17日 | 日記その1
twitterにこんな心温まる記事が載っていました。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 小三治の芸 | トップ | 書評『噺家カミサン繁盛記』 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい話ですね。 (荒川三歩)
2017-07-17 17:56:59
心が温まって、暑さを忘れます。
 (KEN)
2017-07-17 17:59:20
今の世の中 嫌なお話ばかり こんな良いお話があるのかと嬉しくて 旦那さんも良いですが飛行機会社の対応に感心させられました。他人ごとではない 身につまされる良いお話 涙しました。
 (からく)
2017-07-17 18:41:38
こういうの読むと、「人間っていいなぁ」って思ってしまいます。
客室乗務員さんは、誰かに言われてそうしたのか?それとも自分で考えそうしたのか?
いや、襷がつながるようにきっと何人もの人たちの思いが繋がってそういう行動にでたのだろう。
いい話、ありがとうございます。
荒川三歩さんへ(心ある) (ろこ)
2017-07-17 18:46:08
荒川三歩さんへ
 いい話ですね。
 「こころ」を感じますね。
KENさんへ(涙します) (ろこ)
2017-07-17 18:49:21
KENさんへ
 心打たれますね。
 航空会社でも、乗客を引きずり下ろした会社もあるのに、こんな客室乗務員のいるエアラインに乗りたいです。
 お料理も出してくださったなんて、ほんとうに泣けます。
からくさんへ(まごころ) (ろこ)
2017-07-17 18:53:14
からくさんへ
 本当にこういうお話を聴くと人間を信じたくなります。
 「人間っていいなぁ」
 本当におっしゃる通りですね。しみじみ思います。
 お骨には魂が入っていますものね。物じゃないですものね。
 「お連れ様」という表現に泣かされました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。