言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

手打ちうどん

2017年11月14日 | 日記その1
 熱々のうどん料理が食べたくなった。
 手打ちうどんに挑戦!

 うどんのたねを踏んでいるところ。夫の足です。あしからず(?)あっしの足ではありません。
 「踏み踏み」した「うどんの種」は二時間寝かせておきます。
 そしていよいよ今度はのし棒でのばして、うどんをきります。

 上手に打てました。これを熱湯がぐらぐら沸いているところに入れて10分ゆでます。茹で上がったら冷水にとってできあがり。

 きゃー!できたー!! 
 「手打ちうどんのできあがり!」
今夜は「うどんすき」です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 書評『花のほかには松ばかり―... | トップ | 「落とし文」 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手打ちですかあ! (つわぶき)
2017-11-14 19:13:00
美味しそうです(*^ω^*)

今夜は ご馳走ですね。
近かったら、お箸持って駆けつけたい。🥢
それにしても、ろこさんて、楽しい!
失礼しました。
ありがとうこざいました😊
Unknown (夢職の すけつね)
2017-11-14 20:10:10
手打ちうどんもそばも、こねるときや,のす時に腰に力が入りますね。
自分で打った麺の味は最高。
爺はうどんやそばを打ってきましたが、今はギックリ腰で、中断。
趣味で揃えた道具が眠っております。
手打ちうどん、食べたいなあ。
つわぶきさんへ(疲れた) (ろこ)
2017-11-14 20:21:10
つわぶきさんへ
 自己満足の世界ですが、自分で打ったうどんは、おいしいような気がします(笑)
 はい。おいしゅうございました。
(夢職の すけつね)さんへ(腰) (ろこ)
2017-11-14 20:26:29
(夢職の すけつね)さんへ
 うわぁ~。大御所様のお出ましですね。
 そうですか。手打ちうどんのベテランですね。
 自前の道具が一揃いあるというのは、本格的ですね。恐れ入りました。
 そうそう。
 腰に力が入ります。もう一回で疲労困憊!弱腰です。
 ぎっくり腰を早く治して、またおいしい手打ちうどんの復活をなさってください。
 自分で打ったうどんはおいしいですね。
 コメントをありがとうございました。
 腰、お大事に。
 
こういう風に、 (荒川)
2017-11-14 20:56:12
いちから自分で作る食事がホントの「贅沢」だと思います。
良い家庭ですね。
沢山レシピを紹介している背景がうかがえます。
荒川さんへ(手前味噌) (ろこ)
2017-11-14 21:13:05
荒川さんへ
 こんにちは。
 ありがとうございます。
 うどんや、そばを自宅で打てるのは嬉しいことですね。
 面倒ですが、下手でも、おいしいような気がするから不思議です。
 おいしいコメントを、あ!ちがった、嬉しいコメントをありがとうございました。
 
皆様、お優しいことで (petro(酔狂))
2017-11-15 13:31:31
ろこさん、こんにちは
 捻くれ酔狂、踏んづけてるご主人、日頃の鬱憤や、さぞかし晴れたのではと・・・、いやいや、決して僻み根性で申してる訳ではありませんぞ
 それにしても、睦まじいとこ見せつけてくれますなあ 目に余れば手打ちにいたすぞ!
 饂飩だろうが蕎麦だろうが、「すき」なんて言葉、長いこと聞いていないこちとらにはちと堪えまっせ

petro(酔狂))さんへ(わはっはは本舗開局) (ろこ)
2017-11-15 14:11:29
petro(酔狂)さんへ
 わっははは。
 確かに小型の鬼嫁にいつもいじめられている夫は、ここぞとばかりにうどん種を足で踏みつけていたのでしょうね。
 道理で腰の強い、噛みごたえのあるうどんでした。
 いつか、夫の本音を、一杯飲みながら、聞き出していただきたいですね。
 酒飲みの夫とpetroさんとは気が合うかも。
  やんちゃ坊主のようなpetroさんには、カタリナさんも、さぞかし手を焼いたことでしょう。
 今頃、「そうだそうだ」と手をたたいていそうです。
 
こんばんは (petro)
2017-11-15 17:47:49
ろこ様へ
 完敗です
 大人しくします
 
 
Unknown (ろこ)
2017-11-15 18:17:19
petroさんへ
 おとなしくしなくてもいいですよ。
 どうせ三日も続かないでしょうから!
 やんちゃなままでいてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。